記事

受動喫煙のリスクをいうなら、飲酒のリスクも同列に

1/2
タバコの受動喫煙に関する販売元であるJTの発言に対し、国立がんセンターが異例の反論をしたという。

受動喫煙:国立がんセンター 異例の反論文 - 毎日新聞
JTの肺がんリスク疑問視に対し
 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙を巡り、国立がん研究センターが28日、ウェブサイトで「肺がんのリスクを高める」との研究結果を疑問視するコメントを出したJTに対して「リスクは科学的に明確な結論」とする見解を公表した。国の研究機関が一企業のコメントに反論するのは異例だ。

 研究結果は同センターが8月31日に公表。国内の9本の論文を統合して解析し、家庭内で受動喫煙がある人は、ない人に比べて肺がんになるリスクが1.3倍高いという内容で、受動喫煙の肺がんに対するリスクは「確実」と結論づけた。

 これに対し、JTは同日付で「いずれの研究も統計学的に有意でない結果を統合したもの」「科学的に説得力のある形で結論づけられていない」などとする社長名のコメントを載せた。

 同センターはこれに反論する形で長文の見解をサイトに掲載し「科学的アプローチに十分な理解がされていない」「リスクは明確に立証されており、世界共通の問題」などと指摘。「たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることだと、社会全体に強く認識されるべきだ」と主張した。
 言わんとすることはわかる。
 受動喫煙が健康リスクを高めることは確かだろう。
 だが、ちょっと待て。
 それを言うなら、自動車の排気ガスだって肺がんリスクを高めるし、サンマを焼く煙だってリスクはあるはずだ。交通量の多い通りを歩いていると、排ガス規制が行われているとはいっても、やはり排気ガス臭にむせてしまう。
 タバコは厳しい制約を受け、パッケージにデカデカと警告を表示させているのに、自動車にはなにもしないのは不公平ではないか?

 自動車のボディに、
「この排気ガスは、あなたの肺がんリスクを高めます」
 と、書かなくちゃいけない(^_^)。

 そのことを知らされずに排気ガスを吸わされるのは、受動喫煙と同じじゃないか?
 まぁ、半分冗談ではあるが、タバコには厳しく、排気ガスにはやさしいようだ。

 前にも書いたことではあるが、タバコのリスクを厳しく言うのに比べて、飲酒についてのリスク評価はかなり甘い
 以下、まとめサイトから。
 
ホントはヤバイ飲酒アルコールの悪影響まとめ - NAVER まとめ
"飲酒により生成されるアセトアルデヒドは極めて毒性が強い"
出典:お酒に強い人、弱い人 アルコール代謝の個人差 酒は、なによりも、適量です。 サントリー

アルコールが体内に入ると、まずアセトアルデヒドに分解されますが、この物質は極めて毒性が強く、顔面の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。

"日本人の約半数はアセトアルデヒド分解能力が弱い"
出典:KIRIN_CSR・環境活動_知る・楽しむお酒と健康_飲酒の基礎知識_日本人の約半分はお酒に弱い!?

ALDH(アルデヒド脱水素酵素)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があります。日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けています。

"アセトアルデヒドには発がん性がある"
出典:アセトアルデヒド - Wikipedia

アルコール飲料の摂取によって体内で生じるアセトアルデヒドには発がん性がある。
建築材から放出されるアセトアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質のひとつとして問題視されている。アセトアルデヒドはたばこの煙にも含まれている。

"飲酒はがんの原因となる"
出典:酒 - Wikipedia

WHO(世界保健機関)では、飲酒は口腔癌・咽頭癌・喉頭癌・食道癌・肝癌・大腸癌と女性の乳癌の原因となる[8]として注意喚起を行っている。飲酒は喫煙と同じく深刻な健康被害をもたらすため、多くの人々に問題を知らせ、極めて有害であるアルコールの真実を効果的に伝える必要があるとし呼びかけを行っている。

◆適量を飲んだほうが健康に良いとは言えない◆

適量のお酒を飲む人の方が、飲まない人より死亡率が低い統計結果も存在するが…

"お酒を飲まない人のグループの中に昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪くて飲めない人などが含まれている。"
出典:飲酒とがん死亡率との関係について:たばこの影響 | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部

今回の調査では、ときどき飲む人よりも、飲まない人の方が、がん死亡率が高くなっていました。 この結果は、ときどき飲むことががんの予防につながったためという可能性もあります。けれども、より可能性が高いのは、お酒を飲まない人のグループの中に、昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪 くて飲めない人などが含まれているからだと思われます。

"米誌「New York Times」の記事によると、これまでの様々な研究において、適量飲酒と死亡リスクに因果関係があることを証明したものは存在しない"
出典:「適量飲酒=長寿の源」はウソ? - ライブドアニュース

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。