記事

ブルキニ禁止問題から考えたこと――よりよい共生に必要なものとは? - 後藤絵美

1/2

ここ数年、日本のビーチでは、「ラッシュガード」と呼ばれる水着の普及によって、長袖姿の海水浴客が圧倒的に増えてきた。

「ラッシュガード」のラッシュ(rash)とは発疹や吹き出物という意味で、擦り傷や日焼けによるただれから皮膚を守る(guard)ものというのが原義だそうだ。もともとはマリンスポーツでアンダーウェアとして着用されていたが、前あきでゆったりとした形のものが登場し、水着の上着として使用されるようになった。日焼けを嫌い、体形を人目にさらしたくない日本の女性たちにとって、顔や首筋まで覆うことのできるフード付きラッシュガードはまさに光明だっただろう。かくいう私もこの恩恵にあずかり、この夏、水遊びを楽しむことができた。

ところが同じ頃、フランスではよく似た形状の水着が、政治的・社会的な大問題をひき起こしていた。8月の中旬、フランスの海沿いにある20以上の市町村の長が、行政区内のビーチで一定のスタイルの服装、とりわけ顔と手足を除いて全身の肌を覆うかたちを禁止し、違反者に罰金を課す命令を出したのである。いわゆる「ブルキニ禁止問題」である。

ブルキニとは何か

「ブルキニ(Burkini)」はレバノン系オーストラリア人女性アヒーダ・ザネッティ氏が2004年に開発した女性用水着の商標である。同製品の公式ウェブサイトによると、制作のきっかけは姪のネットボールの試合を見に行ったことであった。だぶだぶのジャージの上下を着て頭にスカーフを巻き、暑さに顔を真っ赤にした姪の姿を見て、肌を露出したくないムスリム(イスラム教徒)の女性が気軽に着られるスポーツウェアが必要だと考えたという。ザネッティ氏は後に、ヒジュード(hijood)とブルキニという二つのブランドを打ち出した。

ヒジュードは「ヒジャーブ」と「フード」からなる造語で、フード式のヴェール・スタイルという意味である(「ヒジャーブ」は「覆い」や「遮断物」を意味するアラビア語で、現在ではムスリム女性のヴェールの総称となっている)。ヒジュードは、スポーツブラとフードがつながっているため、激しい動きをしてもフードが脱げないというのが売りである。バハレーン初の女性オリンピック選手となったルカヤ・ガスラ(Ruqaya al-Ghasra)さんが2008年の北京オリンピックで着たことで一躍知られるようになった。

%e3%83%92%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%89

http://www.hijood.com/

ヒジュード。通常はこの上にさらにスポーツウェアをまとう。

一方、それ以前から話題になっていたのがブルキニである。2004年に発売されたブルキニも、やはり「ブルカ」と「ビキニ」からなる造語である。ブランドの公式ウェブサイトによると、その名には「ビキニのようにツーピース式で、ブルカよりもコンパクト」という意味が込められているという(同ウェブサイトでは、ブルカとは、「全身を覆うオーバーコート」と説明されている)。

ブルキニは、長袖のチュニック式の上着とくるぶしまでのズボンのツーピースが基本形である。ヒジュードと同じ仕組みで上衣とフードがつながっているため、首と頭髪が完全に隠れる。水着としての機能性も高い。速乾性があり、伸縮性の高いポリエステル生地でできており、軽量で、UPF(紫外線防止指数)50+だという。着用者の好みに合わせて、細身で上着の丈が短いものから、ゆったりとして丈の長いものまで、いくつかの形のバリエーションがある。

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%8b

https://ahiida.com/home.php

アヒーダ・ブランドのウェブサイト

ブルキニが禁止された理由

ブルキニ禁止問題が浮上したのは8月11日のこと。カンヌ市のリスナール市長が出した命令(2016年7月28日発令)に関する報道がきっかけであった。

市長令には、8月31日までのあいだ、「道徳観念(モラル)と世俗主義(ライシテ)を尊重し、海辺の公的な場所での遊泳に際しての、衛生と安全に関する規定を尊重しない場合、海岸に近づくことや、海水浴を行うことを禁止する。〔中略〕これらの原則に反する水着の着用も同時に禁止する」とあった。違反者には38ユーロの罰金が課されることも明記されていた。

この命令の中で、リスナール市長は、フランスがテロリストの攻撃の的になっている現状において、「宗教的帰属をこれ見よがしに示すビーチウェアは、(騒擾や衝突を引き起こすなど)公共の秩序を乱すおそれがあり、そうした事態は未然に防がねばならない」と述べていた。

この発言の前提となっているのが、この夏フランスで起きた二つの事件である。一つは、カンヌの北東約30キロにあるニースの町で起こったもので、7月14日、海岸沿いの遊歩道をトラックが突進し、80人以上が死亡したという残忍な事件である。もう一つは、7月26日に、北フランスのサン=テティエンヌ=デュ=ルヴレにある教会で神父が殺害された事件である。いずれも犯人は、北アフリカ系でフランス在住のムスリムで、イスラム過激派武装組織が関与しているとみられている。

海沿いの静かな避暑地で、二度とこうした事件が起こらないように、また、フランス的「道徳観念(モラル)と世俗主義(ライシテ)」を尊重するために、市内のビーチで「宗教的帰属をこれ見よがしに示すビーチウェア」を着用することを禁じたというのであった。

この判断は、同じく海沿いのリゾート地をかかえる市町村の首長たちの共感を得たようで、またたく間に多数の行政区で同様の措置が取られた。一方、この禁止令は、フランス人権宣言や1905年法、ヨーロッパ人権条約などが保障する、表現の自由や信仰の自由といった基本的自由の侵害だとして、行政訴訟を起こす個人や団体があらわれた。緊急審理の手続きが取られたこともあり、8月13日にはニースでの禁止令に対する判決が、8月22日にはヴィルヌーヴ・ルベの町(ニース西南)で8月初旬に出された同様の禁止令に対する判決が、いずれもニース行政裁判所によって下された。

どちらの判決も原告側(ブルキニ禁止令に対して人権侵害を訴えた側)の敗訴となった。興味深いのは、二つの禁止令の論理がそのまま判決文の中に用いられていたことである。

例えば、秩序の問題に関して、ニース裁判の判決では次のように述べられていた。ニースでのイスラミスト(islamistes)による襲撃事件などを受けて、非常事態にある中、カンヌのビーチでムスリムがそれとわかる衣服を着用すると、多様な信仰を持つ人々の中に緊張感が高まり、公共の秩序が乱される。よって、秩序の保持のために、人々の「自由」に一定の制限を設ける必要があるという、市長の判断は妥当であるというのであった。

ヴィルヌーヴ・ルベ裁判の判決文でも、ニースとサン=テティエンヌ=デュ=ルヴレの事件が言及されており、「過激派を連想させうるブルキニ」の存在が、ビーチの緊張感を高めており、公共の秩序を乱しているという主張がなされた。

後者(ヴィルヌーヴ・ルベ裁判の判決文)にはまた、以下のような記述もあった。「女性たちの一部は、ブルキニを自分の意志で信仰心を示すためにまとうのだと言う。(中略)しかし、それによって、女性身体を消し去り、女性の地位を低めるという、民主主義社会にふさわしくない状態が生まれているという見方もできる。」【次ページにつづく】

%e5%88%a4%e6%b1%ba%e6%96%87

https://goo.gl/MYSJfM

ヴィルヌーヴ・ルベ裁判の判決文

あわせて読みたい

「ブルキニ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  4. 4

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  5. 5

    プーチン氏 意図的な遅刻で圧力

    THE PAGE

  6. 6

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  7. 7

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    兄弟姉妹間の"格差"生む親の言葉

    PRESIDENT Online

  9. 9

    孫正義氏 創業期の7人の恩人たち

    大柴貴紀 Takanori Oshiba

  10. 10

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。