記事

がんセンターJTを非難 正直喫煙を禁止しないとこのやり取りは意味がない

がんセンターがJTを非難しています!(受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解)自分たちがはっきりと提示した受動喫煙の癌発症率の問題(受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍 肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ)に対し、JT側が曖昧にしようとするコメントを出してきたからです。医学会では今までにはない光景です。

>JTコメントは、国立がん研究センターが行った科学的アプローチに対し十分な理解がなされておらず、その結果として、受動喫煙の害を軽く考える結論に至っていると考えられます。これは、当センターとは全く異なる見解です。

研究者。自分たちのデータに自信を持っています。今回自分で吸う能動喫煙が悪いことは当たり前で、周りにいる人にどれだけ影響が出るかを示した受動喫煙のがんセンターのデータはとても納得いくものです。ただ正直メタアナリシス、エビデンスとして最高のものではありません。 (では最高のランダマイズ試験ができるかといったら不可能です。)だからJTは1.3倍という差、医学的にほぼ正しいけど10年以上で差が出るこの結果に対してツッコミができるのです。JTの細かいデータに対するコメントは今の医学では馬鹿げてるとがんセンターからは反論されていますが、彼ら別に学問を正しく論じているわけではありません。

それこそ、放射線に関するある学者さんの疫学データで、結果的には解釈が間違っていたのですが、ご自身が正しいと確信していたからマスコミに拡げ収拾がつかなくなったこともありました。また近藤先生やワクチン反対派や原発反対派も自分たちのデータを駆使してます。つまりJTは軽くは考えていませんが、儲けるためには仕方ないと割り切っているという状況でしょうか。一緒にするのは失礼かもしれませんが。

>(JTコメント) 
受動喫煙については、周囲の方々、特にたばこを吸われない方々にとっては迷惑なものとなることがあることから、JTは、周囲の方々への気配り、思いやりを示していただけるよう、たばこを吸われる方々にお願いしています。  

この言葉、がんセンター側は悪いものなんだからそんな曖昧な言い方するなという抗議をされているんですが、会社としては、もっとひどい能動喫煙すら禁止されていないのに、それより低い確率の受動喫煙に対しイメージの悪化を避けようということは、ある意味利益を出す会社として仕方がないことです。それこそ、タバコ販売を国が辞めさせれば医療費もだいぶ減るでしょうが、税金の事を考えるとやめないんですよね。医療費を下げようとしている財務省おかしくないですか。

ちなみにあのPD−1オプジーボは喫煙肺がんにより効果が認められるそうです。また長谷川さんを思い出すw (長谷川さん、医学なめないで)タバコを吸って肺がんになった人に、なぜ高い薬をなんて言いそう。

まとめです。今回のこの事象は科学者と企業との価値観のズレにすぎません。そして本当に大事なのは、害があるものを国が支援して販売しているということです。

あわせて読みたい

「副流煙・・・受動喫煙について」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  3. 3

    息をするように嘘ついた蓮舫代表

    木曽崇

  4. 4

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  5. 5

    小池知事、希望の塾で大胆発言

    伊藤陽平:新宿区議会議員

  6. 6

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  7. 7

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  8. 8

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    今さらカジノなんてやめておけ

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    難病告白の原口議員と総理の会話

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。