記事

スピリチュアリズムの危険性――『反オカルト論』 - 高橋昌一郎

1/6

『理性の限界』(講談社現代新書)をはじめとする「認識の限界」シリーズや、天才数学者たちの思想を論じた『ノイマン・ゲーデル・チューリング』(筑摩選書)などの人気著者・高橋昌一郎氏が、科学の発達した現代になおも潜む「オカルト」をバサバサと切っていくのが本書『反オカルト論』だ。

「血液型」「星座」「六曜」「おみくじ」など日常に溢れている「占い」も、楽しむレベルなら問題ないが、それらを信じ込み、実際の行動に影響を及ぼすようなら、まさにオカルトの罠に陥ってしまっている。有名な「丙午」は出処も分からない迷信だが、前回の昭和41年は出生率が25%も激減。その前の明治39年には4%しか減らなかったことを考えると、時代錯誤の驚きの事実である。

こうしたオカルト現象は、一般市民にとどまらず、「死後の世界」を煽って〝霊感セミナー〟を行う大学医師やSTAP細胞事件など、学問に携わる専門家や研究者の間でも頻発している。なぜ最先端の知を求める科学者やエリートまでも根拠のない〝トンデモ〟に騙されてしまうのか? ここでは、本書『反オカルト論』から『人は死なない』を著した東大病院の矢作直樹氏について論じた第六章を紹介し、「霊魂」や「来世」の問題について考える。(光文社新書編集部)

溺れる者は藁をも掴む!

助手 二〇一五年十一月二十六日、1型糖尿病と診断されている七歳の男児に対して、治療に不可欠なインスリンを「あれは毒だ」と言って注射させず、衰弱死させた「自称祈祷師」の六十歳の男が、殺人容疑で逮捕されました。この種の事件が起こるたびに、犠牲者が痛ましくて……。

教授 生活習慣の影響から成人に多く発症する「2型糖尿病」と違って、「1型糖尿病」は自己免疫性疾患などが原因で小児期に多く発症する。日本では、毎年十五歳未満の小児十万人に約二人の発症率といわれる。血糖値を調整するホルモンのインスリンが膵臓から分泌されなくなる病気だから、これを注射で補わなければ、血糖値が異常に増加して意識障害や昏睡に陥り、最終的には死に至る。

助手 逮捕された男は、自ら「龍神」と名乗り、「心霊治療」で「どんな病気も治せる」と豪語していたそうです。「死神を祓う」という名目で、呪文を唱えながら手かざしを繰り返し、両親から数百万円を搾取していたということです。どうしてこんなバカげた話に騙されてしまうのか、理解できないんですが……。

教授 現在のインスリン注射器は万年筆型で、細い針を使用しているため、ほとんど痛みを感じさせないものもあるようだ。一日数回のインスリン注射さえしておけば、健常者とまったく同じように運動も生活もできる。私の友人にも1型糖尿病患者がいるが、一緒に飲みに行くと平気でワインのボトルを空けているよ。

そうはいっても、小学校低学年の児童が一日に何度も自分で注射しなければならないのは大変な負担だろうし、両親にとっても重荷であろうことは推察できる。そして、人は、苦悩が深ければ深いほど、その苦悩から解放してくれる話に、安易に飛びつきやすくなってしまうからね。

助手 両親も保護責任者遺棄致死容疑で書類送検されているようです。二人は男児が「どうして僕だけ注射を打たないといけないの」と嫌がっていたので「藁にもすがる思いで頼んだ」と話しているそうですが……。

教授 一九六〇年代のアメリカで、その男児と同じ七歳の女児が亡くなった事件がある。彼女の父親は「アメリカ自然健康法協会」の元会長で、現代医学を否定し、あらゆる病気は、断食や菜食などで「自然治癒」できると信じていた。

彼は、娘が病気になると、十八日間水だけの断食を行わせ、その後の十七日間はジュースしか与えなかった。女児は、栄養失調のため衰弱死に至った。

助手 悲惨なのは、いつでも子どもたちですね。

教授 そもそも「溺れる者は藁をも掴む」というのは、溺れたときに藁などを掴んでも助かるはずがないのに、人は非常に困窮すると、役に立たない無用なものにすがってますます困窮してしまうという、どちらかといえば他者を嘲笑する言葉だ。同情を誘うための言葉ではないんだがね。

男児の事件では、インスリン注射という「救命ボート」から男児を引きずり下ろし、わざわざ役に立たない心霊治療という「藁」を掴ませたのだから、関係者の責任は限りなく重大だ。

助手 二〇一五年九月二十四日に胆管がんのため五十四歳で逝去した女優の川島なお美氏も、抗がん剤治療を拒んで、心霊治療に頼ったことが話題になりました。彼女が通った「貴峰道」のサイトを見ると、「万病一邪。邪気を祓えば病が治る」と説き、純金製の棒で患部をこすれば「邪気(病を引き起こす気)」を取り除け、「難病」に効果があると述べています。

教授 棒で患部をこするだけでがんが消えていたら、今頃はファンも大喜びだろうが、結果的に病は治らなかった。彼女のすがった心霊療法も「藁」にすぎなかったというわけだ。

助手 何より許せないのは、溺れかけている人に幻想の「藁」を掴ませて儲ける「霊感商法」。もっと厳しく取り締まれないのかしら!

514znutgdzl

あわせて読みたい

「スピリチュアル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "外見は悪いがモテる男性"の秘策

    PRESIDENT Online

  2. 2

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    ロードスターRF"原点回帰"の狙い

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ビル・ゲイツが選ぶ必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    "残業する人"を評価する日本企業

    非国民通信

  7. 7

    "カジノ解禁"富裕層を利する悪法

    メディアゴン

  8. 8

    VR開発者が明かす"厳しい現実"

    ニコニコニュース

  9. 9

    ヨーロッパで止まない"反EU"の風

    THE PAGE

  10. 10

    ハフポストに記事削除求めた理由

    クマムシ博士・堀川大樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。