記事

聞いてはいけない 残酷すぎるデータ4

1/2
武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文

自殺率 昭和30年代は20代が高かったが、今世紀は……

いつの間にか、本連載も18回目になりました。「データで社会を読み解く論稿」ということで、自由奔放に書かせていただいていますが、「たまには、読者のビジネスマンの参考になるようなネタを……」というのが編集部さんのホンネでしょう。

私はビジネスのノウハウなど微塵も知りませんが、データを効果的に表現するユニークなグラフ技法の紹介はどうかな、と考えました。現代は「エビデンス」の時代。企画立案の会議などでは、データを交えたプレゼンテーションが求められることが多いでしょう。

その時に力を発揮するのがグラフですが、このような見せ方のグラフ技法はどうか、という提案をしてみようと思います。私のエゴが入った作品ばかりで、皆さんの参考になるか分かりませんが、気軽に読んでいただければ幸いです。

まずは、自殺率のグラフです。

初っ端から物騒な話題ですが、社会病理学を専攻する私は、自殺率をきめ細かく観察しています。自殺率は時代によって違いますが、年齢によっても異なります。

「時代×年齢」でいうと、昔は若者の自殺率が高かったのですが、最近では高齢層で高くなっています。時代によって、自殺対策で重点を置くべき層も変わってくるわけです。

話が込み入ってきましたが、要するにどういうことか。図1は、「時代×年齢」の自殺率を等高線グラフで表現したものです。自殺率(10万人あたりの自殺者数)に応じて、該当箇所を塗り分けています。

自殺率10未満は青色、10台はオレンジ色、20台は灰色、30台は黄色、40台は紫色、50以上はブラックです。私は今40歳ですが、2015年の40代前半男性の自殺率は30.4なので、該当箇所は黄色になっています。

どうでしょう。どの時代のどの層がヤバかったのかが一目で分かります。ブラック(自殺率50以上)の分布をみると、1955(昭和30)年では、自殺率が最も高かったのは20代の若者でした。戦前と戦後の新旧の価値観が混在していた頃で、生きる指針を見出せず、自らを殺めた若者が多かったそうです。

相思相愛にもかかわらず、旧来の「イエ」の慣行に結婚を阻まれ、無理心中を図る男女も多かったそうな。これなども、時代の過渡期における若者の悲劇といえます。

高齢者の自殺率も高かったようですが、当時は年金などの社会保障はありませんでした。それでいて戦後の社会改革により、「老人の面倒は家族が見るべし」という価値観は廃れつつありましたから、生活苦による老人の自殺が頻発したと思われます。余談ですが、現在の韓国がこのような状況にあります。この国の高齢者の自殺率はメチャ高です。

団塊の世代 リタイア間近で自殺率上昇

50年過ぎた今世紀の初頭をみると、中高年層のゾーンに痛々しい膿が広がっています。不況により、中高年男性のリストラ自殺が多発したためです。1997年から98年にかけて我が国の自殺者数は急増し、年間3万人に達したのですが、その多くが中高年男性であったことが統計からも知られます。

図の左上から右下に走るラインは、世代の軌跡線です。緑色は1946~50年生まれ世代(1960年に10~14歳で、2015年に65~69歳)で、団塊の世代に相当します。この世代は幸運な世代で、子ども期を高度経済成長期の「行け行け」ムードの中で過ごしたのですが、引退の間際になって悲惨な目に遭っています。

年収の年齢変化「官民差」の赤裸々

図2は、男性正規職員(正社員)の年収の年齢変化を、民間と公務員で比較したものです。公務員人気が高まっていますが(志望職業1位は、小学生の段階から公務員!)、年収の官民差はどれほどか。性別と雇用形態の影響を除くため、男性正規職員に限定しています。

帯グラフだとデコボコになりますが、面グラフでは変化が滑らかな曲線で見て取れます。年収600万以上は赤枠で強調していますが、公務員は年功賃金の性格がはっきりと出ています。年齢を上がるにつれて、自動的に高収入のゾーンが垂れてくるというわけです。

しかし公務員には天井があるようで、年収1000万以上の高給取りは民間のほうが多くなっています。

上記は官民差ですが、先ほど例示した観点(男女差、年齢差、正規・非正規差、職業差……)で、同じグラフを作ってみると面白い。時代差も明瞭で、1992年と2012年のグラフを並べると、年収200万未満のワーキング・プアのゾーンが拡大しています。「失われた20年」の可視化です。

大学の統計学の授業で、このグラフを学生さんに作らせたのですが、目の色を変えてエクセルの画面に向かっていました。皆の作品を黒板に貼り出したら、実に壮観でしたねえ。

赤色は1931~35年生まれ世代で、若い頃に大きな危機に直面しました。私の叔父・叔母がこの世代なのですが、「僕らの若い頃は大変だった……」とよく聞かされます。いやあ、図1のグラフは異世代理解にも役立ちますなあ。

この図法で、いろいろな統計事象を表現してみると面白い。たとえば離婚率のグラフを描くと、最近の30代(子育て年代)の箇所が濃い色で染まっています。一人親世帯に対する支援の必要性を痛感させられます。

ビジネスとの関連でいうと、2つの条件変数により売り上げがどう変わるかを表現するのに使えます。「温度×湿度」の等高線でビールの売上高を表現するなんてのはどうでしょう。用途はいろいろあるかと思います。

次に紹介するのは、年収分布のグラフです。

多くの人は働いてお給料をもらっていますが、その額は属性によって違います。男女差、年齢差、正規・非正規差、職業差……。いろいろな次元の差がありますが、年功賃金の性格が色濃い日本では、2番目の年齢差が顕著です。

加齢によって、年収の分布がどう変わるかをグラフにしたい。こう思った時、どういうグラフにしますか。お馴染みの帯グラフでもいいですが、私なら面グラフにします。この図法だと、どういう見栄えになるか。

あわせて読みたい

「年収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    トランプ氏 蔡氏との会談の意味

    門田隆将

  3. 3

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  4. 4

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  5. 5

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  6. 6

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  7. 7

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  8. 8

    質の低い医療情報を好むユーザー

    赤木智弘

  9. 9

    インドネシアでクーデター未遂?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GPIF2.4兆円黒字 民進党の対応は

    吊られた男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。