記事

<東京オリンピック> 新種目「空手」を待ちうける困難な未来

1/2

ついに東京にオリンピックフラッグがやって来ました。

「五輪・パラリンピック旗、都庁前で掲揚式」

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と東京都などは21日、リオデジャネイロから引き継いだ五輪旗とパラリンピック旗の掲揚式を都庁前の都民広場で開催した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21HAS_R20C16A9CC1000/

早いもので、あと4年であります。そんな東京オリンピックに初めて参加する競技の一つに、空手があります。

■まだ決まっていないオリンピック「空手競技」のルール

なんと新種目の空手は、未だに正式ルールが決まっておりません。理由は、「寸止めルール」のみにするか、「セミコンタクトルール」との二本立てにするかで揉めているからです。レスリングのフリースタイルとグレコローマンスタイルの2つに分かれるようなものです。本来はもう一つ、極真空手を筆頭とする顔面パンチ以外なら何でもありの、「フルコンタクト」もあるのですが、これはIOCにルールとして採用されませんでした。

「東京オリンピック追加種目入り目指す「空手」 競技ルールは?」

東京オリンピックの追加種目候補として空手を薦めている全日本空手道連盟のルールは、フルコンタクトではなく、「寸止め空手」だ。 

寸止め空手は攻撃部位に対し、寸止めで技を決め、勝敗を争うものだが、そこで問題となっているのが、国内外問わず多くの競技人口をほこるフルコンタクト空手を競技に加えなくても良いのかという問題だ。

新極真空手の緑健児代表率いる「全日本フルコンタクト空手道連盟」(公益社団法人JFKO)は「レスリングがグレゴローマンとフリースタイルのルールが二つあるように、オリンピックの空手でも寸止めとフルコンタクトの二つのルールを用いるべき」と主張している。

また空手関係者によると「一般的にルールが分かりにくいといわれる全空連の寸止め空手だけが採用されるのは種目選定の重要なポイントであるルールの分かりやすさという部分を考えても疑問に思う」と話す。

http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20150805/spo1508051130001-n1.htm

IOCは元々安全度の高い、寸止めルールを指示しているとされ、主だったフルコンタクト系の空手の流派も、オリンピック種目成功へ向けて、寸止めルールを支持するという流れができていました。

が、私は空手の「寸止めルール」には危険がいっぱいだと思います。

■リオオリンピックでの格闘種目で何があったのか

まず、オリンピック種目で「全ての決着が判定のみ」という種目がないことに注目します。

柔道は審判が判定しますが、身体が完全に回転して落ちる様を一本にしないはずはなく、素人でもわかりやすい結果です。レスリングにも、両肩をマットに付けたら終わりの「フォール勝ち」がありますよね。

対して余りに攻撃が早く、判定が難しい競技にフェンシング、テコンドーがあります。2つの種目には一発逆転の手段はありません。ポイントを時間内に取っての優勢勝ちのみです。そしていずれも、機械判定を取り入れており、審判の微妙な判定をなくす努力をしています。

問題は、上に挙げたどの競技でも、「微妙な判定、疑惑の判定がなくなっていない」と言うことです。今年も日本はオリンピックの場でヘンな判定に泣かされました。レスリングなんかどう見ても髪を掴んでいるのに、なかなか審判は反則を取ってくれません。日本が金メダルを取り捲ったので、段々厳しい判定になったようです。オリンピックでは、公正を期すために、第3国の審判を配置します。それでもこういうことが起きるのが、オリンピックという場であります。だから空手でも同じことが起きるでしょう。

「今までもたくさん世界大会をやってきたけど、そんなことはなかったから大丈夫」と空手関係者は思うかもしれません。でも柔道だってレスリングだってちゃんと世界選手権を重ねてきましたが、オリンピックではやはり判定に泣かされてきたのです。柔道の「掛け逃げ」やレスリングの「手首や手の平を掴む」など、ルールの隙間を突いたグレーなプレイに対処するのにだって、何年も掛かってます。寸止めルールの「判断基準が、主審と副審の旗の数だけ」というやり方は、あっと言う間に混乱を生むでしょう。

じゃあ全てビデオ判定を行えば? まぁ現状それしか答えがありませんね。AKFの2015世界大会で、この全部ビデオ判定を行っています。

見ての通り、4:57や6:57のプレイなど、微妙な判定に時間が掛かっているのがわかります。つまり確実性は増すけれど、流れがブツ切りになってダレるわけです。でも、見てる側が何が起きたのかわからなかったり、コーチ陣が猛抗議連発などという事態を生むよりは健全性を保てるでしょう。ちなみにWKFの試合では、見てる側のサポートとして「小さなアニメーションを入れて、見てる側に説明」してますが、リプレイの代わりにはさすがになりませんね。

しかし、それでも問題が起きるのを止められないでしょう。それはリオオリンピックでも以下のような試合があったからです。

テコンドー 女子49キロ級決勝

f:id:tenten99:20160925151638j:image:w430

http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=26221.html

賛否両論となった試合です。ポイントを奪った韓国の優勝候補の選手が、警告が出ようと逃げ回り結局逃げ切りました。ちなみに倒れることも警告(イエロー)2枚で反則(レッド)1枚となり、同時に相手に1点入る仕組みです。反則(レッド)5枚で失格となります。

キャプチャー画像を見てください。微妙ですが画像の通り、残り0.01秒で倒れており、韓国選手の反則負けのはずです。しかし、判定は時間経過後の転倒で、韓国選手の金メダルが決まりました。相手側が納得せずビデオ判定を要求。しかしそれでも転倒は時間外と判定され、ひっくり返りませんでした。もちろん審判は韓国人ではありません。第3国の審判です。

つまりですね。ビデオ判定を取り入れたとしても、こういうことが起こるのです。まだ動画が見られるので、ホンマかいなと思う人は、自分で確認してみてください。(決勝スタートは2時間5分から)

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  3. 3

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  4. 4

    党名変え分裂繰り返す野党は不要

    かさこ

  5. 5

    自公圧勝、改憲手続き進む可能性

    ロイター

  6. 6

    立憲健闘は反小池票集めただけか

    新井克弥

  7. 7

    このハゲー!豊田真由子氏が落選

    AbemaTIMES

  8. 8

    元都民ファ議員 小池氏にエール

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    自民の過半数議席の獲得は確実

    ロイター

  10. 10

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。