記事

野田佳彦氏に注目しておこう

民進党の野田佳彦幹事長は、国会で、「一代限りの特措法だけでいいのか、皇室典範改正を検討すべきだ」と堂々と述べた。
野田氏はなかなかの尊皇心の持ち主である。

野田氏は自民党の「憲法草案」(立憲主義の否定草案)を撤回せよと迫っているが、これは正しい。
改憲は必要だが、国家が国民を縛る憲法では話にならない。
野田氏は、TPPにも疑問を投げかけていて、方向性がなかなかいいのだ。

野田氏は実直すぎるがゆえに、解散してしまい、自民党に政権を譲ってしまった。
だが、それを言うなら、おなか壊して首相の座を辞任した安倍晋三はもっと酷かった。

その安倍晋三がもう誰にも見向きもされなかったときに、対談を申し込んで『希望の国・日本』という単行本でトリに持ってきて、真っ先に再起を促したのはわしである。

だが、政権を取った安倍晋三は、真っ先に女性宮家創設の法案を潰し、権力の亡者となって、なんと天皇陛下を邪魔者あつかいにして、宮内庁に手下を送り込み、陛下を管理しようとまでしている。

自民党のクソ議員どもは、安倍晋三の所信表明演説の最中、立ち上がって拍手するという暴挙に出たが、その心の声がわしには明瞭に聞こえた。

「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「なにしろ安倍晋三ならば、我々の議席を保障してくれる。」
「選挙に絶対勝つ。冷や飯食わずに済む。野党を恐れずに済む。」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」

奴らはそう声に出して叫びたかったのだ。
自民党議員にとって、天皇は安倍晋三である。
自民党議員にとって、天皇陛下は暴走する危険人物なのだ。

こんな逆臣どもの権力の暴走こそを警戒するのが、国民の責務であろう。
蓮舫は頼りないが、野田佳彦には注目していいと、わしは思っている。
政策的には、わしに近くなる可能性があるからだ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  8. 8

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    コンビニのエロ本販売中止に賛否

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。