記事

野田佳彦氏に注目しておこう

民進党の野田佳彦幹事長は、国会で、「一代限りの特措法だけでいいのか、皇室典範改正を検討すべきだ」と堂々と述べた。
野田氏はなかなかの尊皇心の持ち主である。

野田氏は自民党の「憲法草案」(立憲主義の否定草案)を撤回せよと迫っているが、これは正しい。
改憲は必要だが、国家が国民を縛る憲法では話にならない。
野田氏は、TPPにも疑問を投げかけていて、方向性がなかなかいいのだ。

野田氏は実直すぎるがゆえに、解散してしまい、自民党に政権を譲ってしまった。
だが、それを言うなら、おなか壊して首相の座を辞任した安倍晋三はもっと酷かった。

その安倍晋三がもう誰にも見向きもされなかったときに、対談を申し込んで『希望の国・日本』という単行本でトリに持ってきて、真っ先に再起を促したのはわしである。

だが、政権を取った安倍晋三は、真っ先に女性宮家創設の法案を潰し、権力の亡者となって、なんと天皇陛下を邪魔者あつかいにして、宮内庁に手下を送り込み、陛下を管理しようとまでしている。

自民党のクソ議員どもは、安倍晋三の所信表明演説の最中、立ち上がって拍手するという暴挙に出たが、その心の声がわしには明瞭に聞こえた。

「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「なにしろ安倍晋三ならば、我々の議席を保障してくれる。」
「選挙に絶対勝つ。冷や飯食わずに済む。野党を恐れずに済む。」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」
「ハイル・シンゾー!」「ハイル・シンゾー!」

奴らはそう声に出して叫びたかったのだ。
自民党議員にとって、天皇は安倍晋三である。
自民党議員にとって、天皇陛下は暴走する危険人物なのだ。

こんな逆臣どもの権力の暴走こそを警戒するのが、国民の責務であろう。
蓮舫は頼りないが、野田佳彦には注目していいと、わしは思っている。
政策的には、わしに近くなる可能性があるからだ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  4. 4

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

  5. 5

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  6. 6

    福田次官は精神年齢が幼すぎる

    おおたとしまさ

  7. 7

    舛添氏「最強の権力はマスコミ」

    舛添要一

  8. 8

    8割の店で禁煙 小池氏挽回なるか

    駒崎弘樹

  9. 9

    北の核実験中止 脅威は変わらず

    緒方 林太郎

  10. 10

    元ブルーハーツ梶原が語る不登校

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。