記事

公的機関のフリーメール鎖国令

僕が日常使っているメールはフリーメールと呼ばれる類のもの、具体的にはGmail(つまりGoogleが提供するメールシステム)である。このメール以外、使うことはほとんどない。
京都大学のアドレスはあるのだが、入り方を忘れてしまったと思うほど、何年間も発信には使っていない。
このフリーメール、官公庁とのやり取りにも使っている。このため、「ええっ」という現象が生じていて興味深い。
某所からの返信メールには、「本メールはフリーメールから送信されており、標的型攻撃メールのおそれがあります」と書かれている。役所のメールはフリーメールではないから、多分、僕のメールを受け取った時に役所のメールシステムが役所の受信者に自動的に注意喚起するのだろう。その注意文を消さないまま、僕のメールに返信しているのだと思う。とはいえ最初にそのメールを受け取った時には、「何これ、攻撃を受けてるの」と一瞬思ってしまった。

もう1つの事例は、「川北さん、僕の職場ではGmailを遮断してしまったので、連絡する時にはこの個人アドレスを使って」と依頼されたことだ。これも驚きである。要するに、その機関は鎖国したか、難民受け入れ拒否をしたわけだ。「それとも、特別の許可を得ると、川北さんのメールを受信できるのですが」と言う。別にオランダのように長崎だけ開放してもらっても仕方ないので、「そこまでしていらんけど」である。
このGmail、知る人は知っているように、実は唯一の点を除いて、発信者にとっては普通の職場のメールよりも安全であり、はるかに便利であり、安定的である。

安全なのは、迷惑メールやウィルスチェックである。ウィルスについては何回も遮断してくれ、とりあえずGoogleのシステム内(つまりクラウド内)に保管したうえで、「ウィルスの可能性のあるメールが届いたけど、開くか」と尋ねてくれる。この点、職場独自のシステムはどうだろうか。もう1つ、アドレスが漏れた場合である。他人が、そのアドレスで僕のメールに入ろうとしても、入れない。というのも、僕のメールに入るには「鍵(数字)」が必要で、この鍵は僕が指定していた携帯電話に連絡されるからである。

便利なのは、僕が送受信したメールはGoogleのシステム内にあるから、いつでも、どのパソコンもしくはスマホからでも見ることができる(もちろん、先に指摘した鍵が必要であるが)。またメールの表示、保管、検索など、(今の職場独自のシステムは知らないが)どのシステムよりも便利にできている。

しかも、安定的である。というのも、最近、京都大学のメールシステムが数日間ダウンしているようで、当日の夜、大学のアドレスに届いたメールが一斉に転送されてきている(大学のメールはすべてGmailに転送されるようにGmail側で設定している)。「急ぎのメールが混じっていたら、どうしてくれるんや」というとこである。Gmailも稀にダウンすることがあるものの、最長で1時間(10分もしくは20分?)経たないうちに回復するイメージである。

Gmailの唯一のリスクは、それがアメリカ政府によって監視されている可能性だろう。機密度の高い文書や情報のやり取りには別の方法を考えるべきだと思っている。
ということで、普通の状況においてGmailから鎖国しないでほしい。少なくとも、知人のGmailアドレスは通過できるようにしてほしい。そう思っている。念のため、Gmailの回し者ではないと宣言しておく。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  9. 9

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。