記事

太田光は本当に手がかかる人。老後でも、おむつを替えるのだけは勘弁して欲しい(笑) - 「賢人論。」第3回太田光代氏(後編)

1/2
特別インタビュー「賢人論。」第3回(後編)太田光代さんは「夫・太田光のおむつを替えるのだけは勘弁して欲しい」と語る

タイタン社長・太田光代氏に急遽降りかかってきた「母親」と「義母」、2人の介護問題。施設と同居。悩んだ末の結論に対し、今どのように考えているのか。「これでよかったのだろうか」という正直な思いを含め、ストレートに語ってくれた光代氏。今から考えると見えてくる反省点や、夫婦2人の老後ビジョンなど。そこから見えてくるのは、誰もが直面するであろう“身近で普遍的な問題”だ。

考えていても、結局はその通りになるとは限らないのが「介護問題」

みんなの介護 夫婦で直面する介護問題に関しては「夫が非協力的で…」という女性の悩みをよく聞きますし、光さんの反応もなんとなくわかるように思います。

太田 うちの夫はちょっと特殊かもしれないですけど(笑)。でも世の男性は、自分の母親が「歳をとった」というのを認めたくないんだろうな、と思うんですよね。よく聞くのは、例えば認知症状が始まっている事実を男性の方が認めたがらない。自分の母親が「なんだかおかしい」と思っても「そんなことないよ」っていうのは大体男のほうなんですって。

みんなの介護 女性に介護を丸投げ、という話もよく聞きますよね。

太田 でも、介護の形は家庭それぞれですから、それはいろんな形があると思うんですね。老人が増えていくわ子どもは減っていくわで、本当にケースによって変わってくるかなと。 その時になってわかることというのはすごく多いんですけど、それも家庭の状況によって違うと思うんです。うちは幸い、夫婦両方とも稼に稼ぎがありますから、両方の親を結果的にバランスよく面倒看ることができました。でも、そうもいかないご家庭もあるでしょうね。

みんなの介護 今思い返して、「こうしておけばよかった」という点などはありますか?

太田 反省点を挙げるなら「同時という可能性があったか」…もう、これにつきます(笑)。介護って、いつどうなるか予測できないんですよ!無理やり母と同居を始めた年に、義母も介護が必要になるなんて…と。

だから遡っていろいろ考えるんですけど、たとえば義母の場合、義父が亡くなる何年か前から「自分が死んだら、妻のことをよろしくね」と私には言っていました。でも、もう少し2人が元気なうち…例えば還暦になったタイミングとか、そういう時に話をしておけばよかったなと。多分、そのくらいに話をしても「自分でなんとかするから」と言われる方が多いと思うんです。でもそれは現実的ではないでしょう? ということを率直に聞いて、どういう形が理想なのかを話し合い、聞いておくべきだなと。今の世代に、「親が動けなくなることを考えてるのか!」って怒る人もいないでしょうしね。

特別インタビュー「賢人論。」第3回(中編)太田光代さんは「介護施設に入れることへの抵抗感は少なからずある」と語る

介護で選択を迫られた時に「施設に入れることへの抵抗感」というのはやっぱりある

みんなの介護 一度、聞けるうちに「自分たちはどうしたいのか」を確認しておくことが大事ということですね。

太田 親も元気なうちは「子どもの世話になりたくない」という気持が強い人が多いと思うんです。できれば自分でやっていきたい、と。でも、長生きすればするほどそういうわけにもいかない。うちの母親だって、さんざん「歳をとってもあなたの世話にだけはならない」って言ってましたからね(笑)。

もちろん、聞いておいたとしてもその通りにならないこともあると思います。でも、同居を望まれる方もいれば、例えば「介護は施設の方にやっていただいたほうが気兼ねない」という方もいると思うんですよ。そこを聞いておけるかおけないかで、だいぶ違うんじゃないかと。

みんなの介護 そういったコミュニケーションが、後々の判断材料になりますもんね。

太田 判断材料がまったく何もないと「どうしたらいいものか」となりますし、それよりは心構えができるじゃないですか。きょうだい間での話し合いもできる。突然介護問題が降りかかって、きょうだい間で意見が割れて喧嘩…というのもよく聞きますが、少しは避けられるかもしれませんし。何もないと、いざ介護で選択を迫られた時に「施設に入れることへの抵抗感」というのはやっぱりあるんです。

みんなの介護 ところで、お母様との同居生活はどんな感じでしょうか?

太田 うちは父が早くに亡くなったこともあり、母は一人で住むのに慣れてはいました。でも、今は慣れない家に一人。お手伝いさんはいますけれど、私も夫も忙しいので、1日顔を合わせないこともある。そうするとやはり、不安みたいなんですね。

そう考えると、母も義母の入ったような施設の方が友達ができて良かったのかなと思うことはありますね。例えば介護つきのマンションのような形で、1世帯ずつは独立しているけどすぐ近くに誰かがいるとか、そういう状況のほうが良かったのかな…なんて、今でもいろいろ考えます。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  5. 5

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  10. 10

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。