記事

母、そして義母の介護生活に直面して、一番のネックだと痛感したのは経済力でした - 「賢人論。」第3回太田光代氏(前編)

1/2
「賢人論。」第3回(前編)太田光代さんは「うちの夫はネタ以外考えられないんです。それを求めてしまうと大げんかになってしまう(笑)」と語る。

爆笑問題・太田光氏の妻であり、爆笑問題が所属する事務所「タイタン」の社長。そして自身もメディア出演や執筆活動など、マルチな活動で知られる太田光代氏。エネルギッシュな彼女と才能あふれる光氏のコンビはある意味、今の芸能界でも屈指の「名物夫婦」と言える存在かもしれない。そんな光代氏だが、2013年〜2014年にかけ、自身の母親と夫・光氏の母親の介護問題が一度に振りかかる、という状況に陥ったという。太田夫妻が直面したのは、「一人っ子同士で子どもがいない夫婦の介護問題」という、今後の日本で少なくない人数にあてはまるであろう状況だ。母親との関係、義母の介護問題、夫婦間でどう話し合っていったか…反省点や今後の事も含め、赤裸々に語っていただいた。

母との仲は悪かった。母に反発する自分も嫌で、高校から家を出たんです

みんなの介護 太田さんは一人っ子とのことですが、やはり「母親の面倒は自分でみなくてはいけない」という思いはずっとあったのでしょうか?

太田 自分が一人っ子なので、もうそれは小学生の頃から当然そう思ってました。

みんなの介護 ただ、太田さんは高校時代に家を出て、お母様とは別に暮らしていたんですよね?

太田 そうですね。話すと長くなるんですけど…私の母は未婚の母で私を生んだんですが、私が小学校に入る前、別の人と再婚をしたんです。最初はいろいろと難しい点はあったんですけど、だんだん私が新しい父になつくようになりまして。父はエンターテインメントが好きだったので、映画とかをよく見せてもらいました。

ものの考え方も、私からしたら納得がいくことが多かったんですね。正直、母親の意見より、父親の意見のほうが私には合ってたんですよ。そうなってくると、例えばちょっとケンカをしたりしても、母親は嫌になることが多かったようで、だんだん思春期の私に文句が多くなっていったんですね。

みんなの介護 お母様とは「血がつながっているだけに難しい」という部分もあったんでしょうね。

太田 もともとは母親のことは大好きでしたよ? 父と再婚する前はべったりでしたし、再婚するとき「私じゃダメなのか」と聞いたくらいですから。「駄目だ」と言われたんですけど(笑)。ただ、再婚をきっかけにできた距離が、思春期になるにつれてどんどん開いていった感じでしたね。

母はいかにも女の人っぽい性格というか、「私、何もできないの」というタイプ。私が生まれたのは母が39歳の時で、私はかなり高齢になってからの子どもなので、母は大正生まれなんですよ。そこでどうしてもジェネレーションギャップもある。確かに、母は女性が働く時代の人ではないですし、私は男女雇用機会均等法の制定がリアルタイムの世代。話が合うわけがないんです。

みんなの介護 性格的なものと世代間ギャップ、両方あったんですね。

太田 まあ「何もできない」わけはないと思うんですけどね。だって未婚で私を産んでるんですから(笑)。でもやはり父の教育の方が、おそらく私に合っていたんですね。その分、母に対して「大丈夫かな?」と思うことが増えてくる。そうすると言うことを聞かなくなるし、でも結局親の庇護下にはあるわけです。だんだん、そんなふうに反発している自分が嫌になっちゃって。結局、高校生の時に家を飛び出して一人暮らしを始めました。

「賢人論。」第3回(前編)太田光代さんは「一人っ子同士での結婚は想定外でした(笑)。親の面倒は誰が、どうやって見るんだ?って」と語る。

一人っ子が親の面倒をみるのは当たり前だと、高校生の頃から思っていました

みんなの介護 思い切った決断に思えますが、ご家族の反対はなかったんですか?

太田 さすがに父も怒りました。その時、初めて怒られたんじゃないかな。「出て行くんなら援助はしない」と言われて「いいよ」って言ったんですけど…でも、高校の学費までストップされたのはさすがに想定外でしたね(笑)。そこはやってくれるかな、と思ってた部分がありましたから。

みんなの介護 傍から聞いていると結構壮絶にも思えますけど、それでも「母親の面倒をいずれ自分がみる」ということはブレなかったんですね。

太田 やはり、一人っ子だからというのは大きいでしょうね。今でこそ一人っ子は多いですけど私たちの世代では少なくて、1学年に何人かいるくらいでしたから。でも、そんなに具体的に考えていたわけではなく、漠然としたものですよ? 「自分の母親もいずれは歳をとるし、動けなくなったら病院に入ったりするのかな」とか。「介護」というところまでは想像していませんでした。「一人っ子とは結婚できないな」というのはずっと思ってましたけどね。

みんなの介護 でも、蓋を開けたら光さんも一人っ子だったと。

太田 もう、私の人生全てそうなんですけど、想定したことと反対の方に進んじゃう(笑)。もともとは一人っ子だとダメ、きょうだいがいても男の子が1人だけだと同じことになるから、2人以上男きょうだいがいて、それもできれば次男。でもまあなんだかんだで男女含め2人いればどうにかなるかなとか考えてましたから(笑)。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。