記事

『エアインタビュー』問題の本質 -サッカーメディアは「エンターテインメント」か「ジャーナリズム」か

1/2

日本列島に台風は去ったのに、サッカーメディア業界のごくごく端くれにいる筆者のまわりはいまだ暴風域である。なんのことかといえば、現在、ネットを騒がせている『エアインタビュー』問題のこと。

詳細は以下のサイトをご覧いただければわかるのだが、背景も含めて、まずはざっとあらすじだけまとめてみる。

『エアインタビュー』告発キャンペーン

fireshot-screen-capture-167-%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%b0%82%e9%96%80%e8%aa%8c%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%a2%e5%8f%96%e6%9d%90%e3%80%8d%e6%a8%aa%e8%a1%8c%e3%81%8b%e2%80%95%e2%80%95

「サッカー専門誌「エア取材」横行か――作家の検証と告発」 より

フットボール批評issue12
今年の春、『フットボール批評』誌にて、海外サッカー雑誌のインタビューのかなりのものが、実際はインタビューしてない『エアインタビュー』などではないかという疑惑が記事になった。

現在、海外のビッグクラブでは選手や監督のインタビューなどに制限がかかっていて、そもそもこれが問題になっていたのにも関わらず、日本のサッカー雑誌は、次々と大物サッカー選手の単独インタビューをとってくる。しかも独占記事である。これはおかしいのではないか、ということで『フットボール批評』誌からこの疑惑の追及キャンペーンが始まったのだ。

ザ・キングファーザー
この疑惑の追及を続けている田崎 健太氏は、『真説・長州力』や『勝新太郎伝』などを手掛けるノン・フィクション作家であるが、サッカー関連の仕事も数多い。私は、三浦カズの実父である、納谷宣雄氏に密着した『ザ・キングファーザー』で初めてその仕事に触れたのであるが、正直言って、深く対象に食い込むパワー圧倒された。近著では電通とFIFAの癒着ともいえる関係に迫った『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』がある。

一方、この特集を組んだ『フットボール批評』は、業界屈指の硬派のサッカー雑誌で知られる。日本のサッカーメディアが決して触れようとしないテーマに食い込んでいくジャーナリスティックな切り口で評価を得ている。

例えば、今月号の『フットボール批評』には、「サッカーメディアに蔓延する捏造記事」と題して、本件エアインタビューに関して、田崎氏とやまもといちろう氏の対談が掲載されている他、Jリーグのクラブライセンス制度が、クラブの経営や人事までに介入する悪しき権力を生み出しているという批判記事を木村元彦氏が書いている。これは、日本サッカー協会やJリーグなどの批判記事はほとんど目にすることはないサッカーメディアの中では異色のジャーナリスティックな記事だ。これが『フットボール批評』である。

この『フットボール批評』、もともとは現在は双葉社が編集を自ら行っている『サッカー批評』の編集を受け持っていたカンゼン社がその『サッカー批評』の編集を外れてから立ち上げた雑誌だ。そこには様々な事情があるようだが、ここでは触れない。現在、『フットボール批評』と『サッカー批評』が同じ版型で同じ「批評」というタイトルを冠して並んでいる。

この『フットボール批評』に掲載されていたのは春からなので、もう半年近く時間が経過している。これが今週になって、ヤフーのニュースに田崎氏の告発記事として掲載された。ここで、いわゆる『炎上』となったわけである。本筋とは関係ないところで強く思うのでは、げに恐るべきはヤフートピックスの破壊力である。

さて、このエアインタビュー疑惑のターゲットになったのは、もともとカンゼン社が編集していた『欧州サッカー批評』、それとこちらは別の会社がそれぞれ発行している『ワールドサッカーダイジェスト』『ワールドサッカーキング』である。

たぶん、流れはこういうことになるのではないだろうか。カンゼン社が『サッカー批評』の編集から外れたとたんに、海外有名選手のインタビューが次々と掲載されるようになった。前述の通り、欧州サッカーのビッグクラブの広報方針が年々厳しくなるなか、手を尽くしても取材申請が下りない選手がなぜこうもやすやすと独占インタビューがとれるのか。さらに、よくよく見てみると、これは『欧州サッカー批評』ばかりではない。これはおかしいのではないか・・・と。

そこで田崎氏が調査を開始する。その結果、やはりおかしい。事情を知る関係者に聞いても不自然だ。そこでこのキャンペーンとなるわけだ。

『ワールドサッカー批評』の双葉社は、これに対して、早くから「取材ソースは明かせないが実際に取材を行っている」との回答をしているが、重ねてBuzzFeed Japanの取材に対しては「法的処置も検討している」と答えてもいる。これは今年の3月のことである。  しかし、それから『フットボール批評』の記事捏造告発キャンペーンは続いているのだが、現在までその「法的処置」は取られていないようだ。なお『ワールドサッカーダイジェスト』は本件に関して沈黙を続けている。

取材ソースを明かした反論の妥当性

こういう状況のなかで、ヤフーでの『エアインタビュー』の記事が出て、はじめて一般の方々を巻き込んだ『炎上』となり、告発されていたもうひとつのサッカー雑誌『ワールドサッカーキング』が、その編集長によるコメントを出したわけだ。ここで事態は混沌とする。

fireshot-screen-capture-168-%e3%80%8e%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e7%96%91%e6%83%91%e3%80%8f%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e6%8d%8f%e9%80%a0%e8%a8%98
→反論記事 「『エアインタビュー疑惑』という捏造記事について」

この反論のポイントは以下のとおりとなる。

・取材はそれぞれ現地の信頼できる記者によって行われている。

・本来、ニュースソースはメディアの生命線ではあるが、今回は疑惑を晴らすために公開する。

あくまでも『サッカーキング』に関してはだけは、このように取材ソースが公開されたのである。これをもってして、「エアインタビュー」疑惑が晴れ、かつ取材が足りないのは、むしろ告発キャンペーン側ではないかという反論がなされている。

しかし、実際そのようなものなのだろうか。

この反論をよくよく読むと、残念ながら、結局は「インタビュワーが信頼できる人物なので大丈夫」という答えにしかなっていないことに気づかざるをえない。

もちろん、この歯切れの悪さにも理由はあると思う。これは各社が本当にインタビューしたとしても、大っぴらに回答しづらい理由だろう。つまり、別に広報やエージェントを通さないで個人的に関係でインタビューしてそれを記事化することもあるということだ。実際、前述の反論記事によると、『サッカーキング』は本来であるならば正規のルートを通さなければならないメッシのインタビューを、この手法で掲載して、その結果、日本での権利元からのクレームを受け、結局は引き下がって、インタビュー記事からコメントから構成した記事に変更している。

いちいち許可が出るかも出ないかわからないインタビュー申請に頼るよりも、各クラブについている、いわゆる番記者にほぼ日常レベルで聞いている話を「インタビュー」としてしまったほうがいいというわけである。確かにそうであるならば、エア疑惑をされている媒体も、取材ソースを明かすことは難しい。それがクラブやエージェントの許可を得ていない場合もあるからだ。

しかし、これを敷衍して言うならば、これらの「インタビュー」のソースを明かさないというのが隠れ蓑になることもあるということだ。正直言って、海外サッカー界というのは魑魅魍魎が入り乱れている世界である。実際、これまでインタビューがエアだったというのは過去にいくつか事例がある。だから、取材源を開示できないというのは、やはり信憑性に疑義を呈されても仕方ないのである。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    改憲反対を論じる石田純一を評価

    篠田博之

  6. 6

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  7. 7

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    人を傷つけることは表現者の宿命

    小林よしのり

  9. 9

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  10. 10

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。