記事

男性であるが故に入ってはいけないところ 差別なのだろうか

イタリア料理店で、男性のみの入場をお断りとするお店があり、これがネット界でいろいろと物議を醸しているようです。
 こちらで知りました。
【炎上】イタリア料理店「男性だけのご来店は禁止」⇒男性差別として批判殺到!「食べる権利も無いのか」」(情報速報ドットコム)

 そのお店ですが、そのホームページを確認すると、男性のみの場合にはお断りしていましたが、ネット上でのいろいろな意見があったことから、男性のみの入場も可能としたと告知されていました。

 この問題では色々と考えさせられました。外国人の入場お断りとか、入れ墨はお断りなどの問題とどこが違ってどこか同じなのかなどです。
入れ墨外国人の入浴拒否について

 男性であるが故に入店が不可というのは、性に基づく区別であり、この区別に合理的な理由がなければ差別ということになります。性別は生まれながらにして持っているものであり自己責任の範ちゅうではありません。

 基本は、イタリア料理店ですから、公共性があるとはいえ、私企業ですからどのような層を客層としてターゲットにするかは自由といえます。
 ネット上の意見の中には、男はイタリア料理を食べる権利がないのかという意見もありましたが、その店舗で食べる権利はないというだけで、イタリア料理を食べる「権利」そのものが否定されたわけではありません。
 そこで言われている「権利」の意味が問題です。前者は契約に基づく権利(契約の相手方に何が請求できるのかという意味)であり、後者は憲法上の人権としての権利を指しています(もっともイタリア料理を食べることが憲法上の人権かといえば、そうではありません。ただ不合理な差別を受けないという意味での人権です)。
 契約に基づく権利であれば、契約関係が発生していない以上、この権利がないことは当然のことです。

 私自身、男性客を嫌う傾向があると言われれば、そうなのかなと思うこともあります。私の主観(印象)ではありますが、特に若い男性客たちが飲食店で騒いだり、マナーが悪かったりなど、私も見ていて不快に思うことも少なくありません。
 女性客も同様に騒がしいと思うことはありますが、男性客のようなマナーの悪さまで感じることはまずありません。
 問題となったお店では食べ放題となっていますから、食べ方によっては不潔感も出てくるかもしれません。
 それも程度の問題ですが、イタリア料理店に求められる程度と大衆食堂のようなところでの食べ放題では求められる上品さも異なるのかもしれません。

 また、イタリア料理店ですから、そもそも男性客のみ(特にペア)での入店は現実に少なく、より女性客層にアピールする意味での「男性お断り」だったのかもしれません。他店との差別化という意味合いです。

 外国人のような場合と異なり、絶対にダメというほどの不合理な差別なのかと言われると、私はそこまでは言えないのかなと思いました。

入ろうとして「男性お一人はダメです」と言われたら、やはりショックかな

 もう1つの比較が通勤時間帯の女性専用車両です。
 これはJR東日本などは、規則(約款)として決まっているわけではなく、あくまで女性のみの利用にして欲しいというお願いだそうです。
参照
「女性専用車両」に乗ってきた男性が「地蔵化」して降りない! 法的な問題はないの?」(弁護士ドットコム)

 そうであっても、やはり区別することには合理的な理由があるとは思います。
 ラッシュ時に身体が密着してしまうのですから、男性と密着させたくないというのは当然の心情でもあります。
 しかも、この点については男女とも同じだとは思いません。より女性の方が心情的に嫌がっている、しかもそれも当然の心情だということは自明のことかと思っています。
 もっとも、どちらの性別であろうと異性との密着が嫌なのだ、というのであれば、話は簡単、車両は分ければいいのです。
 そこまで嫌がるのはどうかという主張には全く共感できません。自分は異性(女性)に密着したという下心しか見えないからです。

 また痴漢と痴漢えん罪の問題は切っても切り離せません。このような社会的問題にまでなっているのですから、区別して女性専用車両を設けることは全く問題ないと思います。
 中には「男はみな痴漢をするとでも言うのか」といきり立つ人がいますが、私はこれにも全く共感できません。
 中には間違いなく痴漢をする人たちがいます。しかも、ラッシュ時なので、それを防ぎようもないような状態の中で発生しているわけですから、車両を分けるというのは、それを未然に防止するという意味合いでしかなく、男性みなを犯罪者扱いしているというのは考えすぎ、というより被害妄想です。
 現実にも痴漢えん罪は社会問題にもなっているわけですから、一つの対策として極めて有効な手段であり、乗る車両を区別されたからといって一体、何が問題になるのかということです。
 それ以上に、法的に規制されたものではないということで、わざわざこの女性専用車両に乗り込む男もいるそうですが、その行動は私は批判されて然るべきと思います。
 こういった物わかりのよくない男を排除するためにはラッシュ時の女性専用車両の導入については法制化すべきことです。

 電車などでは、公共そのものであり、ラッシュ時に限っての女性専用車両ということになると思いますが、イタリア料理店などの飲食店では公共性があるとはいえ、外国人の入場お断りが違法であったとしても男性のみを禁止ということまで違法とまでは言えないと考えます。
 また非難される程度とも思わないのですが、いかがでしょうか。
 1つの問題提起として考えて頂けたらと思います。

あわせて読みたい

「性差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  2. 2

    小池知事、記者の質問に"失礼"

    THE PAGE

  3. 3

    男の"かっこ良さ"が終わるとき

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    流行語大賞"神ってる"の謎を解明

    永江一石

  5. 5

    退職のきっかけ 年代別の1位は

    キャリコネニュース

  6. 6

    推進派でも戸惑うカジノ法案審議

    木曽崇

  7. 7

    出世は成果と関係なく決まる

    PRESIDENT Online

  8. 8

    やってはいけない自己PR5選

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    通勤ラッシュが増えている理由

    山本直人

  10. 10

    ブラック大賞会見にテレビ局0社

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。