記事

検察・警察の医師嫌いからくる無理くり捜査の馬鹿やろう

以前書いたこの事件、(医師に対する不信 警察に対する不信 妥当性を検証 冤罪の時の保障、罰則を決めよう!)あの江川祥子さんも取材を続けています。(手術直後の患者にわいせつ行為をしたと逮捕された医師と弁護人が法廷で「無実」の訴え)(準強制わいせつで医師を起訴~広範な証拠開示が必要

記事にも書かれているように、検察はこの医師を起訴しました。相変わらず証拠は開示されていません。唾液の有無、採取時期、そしてDNA検出の有無もわかりません。もちろん医師は否認しています。

>ベッド上の患者は同医師の股間は見えないと指摘

自慰行為に関する部分は起訴しなかったようです。物理的に公判を維持できないということでしょうが、つまり被害者の証言に一貫性がないということの証明だと思うのですけど。そんな一貫性のない被害者の証言で医師を起訴したことを検察はどう考えているんでしょう。まさかと思いますが、DNAが検出されていないの、唾液のアミラーゼだけの物的証拠なら、誰の唾液かもわからないのですから冤罪作成はとても簡単です。

また警察、検察側の医療担当者はどう考えているんでしょう。麻酔回復時のせん妄のことは考慮されているのでしょうか。いやお上が起訴した瞬間に間違いないと考えることをやめているのでしょうか。 

>医師が、術後の患者という、弱い立場にある者にわいせつ行為に及んでいたとしたら、とんでもない事件だ。逆に、それが事実でないとしたら、警察とマスメディアは、術後の幻覚と現実を取り違えた患者の訴えを鵜呑みにして、医師の実名や顔が分かる映像まで流して、医師の名誉を貶めたことになり、その責任が問われなければならない。

最初から私が述べていることです。冷静なみなさんから、証拠がわかってないのに冤罪というのはやめたほうがいいと指導を受け少し黙ってましたが、いや警察もそこまで馬鹿じゃないだろうと静観していましたが、大野事件の時のような無知からくる冤罪作成や、この事件の時間軸上不可能、いわゆるアリバイを無視して起訴までしてしまう、検察・警察の医師嫌いからくる無理くり捜査に馬鹿やろうと言いたい。

注視していきます。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  3. 3

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  4. 4

    党名変え分裂繰り返す野党は不要

    かさこ

  5. 5

    自公圧勝、改憲手続き進む可能性

    ロイター

  6. 6

    立憲健闘は反小池票集めただけか

    新井克弥

  7. 7

    このハゲー!豊田真由子氏が落選

    AbemaTIMES

  8. 8

    元都民ファ議員 小池氏にエール

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    自民の過半数議席の獲得は確実

    ロイター

  10. 10

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。