記事

介護業界全体に流れ込むお金を増やさない限り、介護職員の待遇は良くならない - 「賢人論。」第6回(前編)ちきりん氏

1/2
特別インタビュー「賢人論。」第6回(前編)ちきりんさんは「何千万円も資産を持っていて、オレオレ詐欺のターゲットにされているような高齢者を、資金補助する必要なんてありません」と語る

顔はもちろん、実名や年齢も非公表ながら、確かな知見や鋭い眼識で、その発言が常に注目を集めるブロガー・ちきりんさん。「Chikirinの日記」はアクセス数が月間200万を超え、著書「自分のアタマで考えよう」(ダイヤモンド社)「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」(文藝春秋)などベストセラーも連発。“社会派ブロガー”として、時に日本の社会保障体制についても持論を展開する彼女に、介護現場が抱える問題について率直な意見を伺った。

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/長尾浩之

介護業界全体に流れ込むお金を増やさない限り、介護職員の待遇は良くならない

みんなの介護 ブログを拝見していると、ちきりんさんは、日本の介護の現状にいろいろご意見をお持ちのように見えました。

ちきりん 率直に言って、今の介護保険はムダ過ぎです。かなりの資産を持つ豊かな高齢者と、食べるに困ってる貧しい高齢者を同条件で支援するなんて、巨額の財政赤字を抱える国の制度としては不適切です。

みんなの介護 とはいえ、その裕福な層の方が、絶対数としては少ないですよね?

ちきりん 貧しい人が裕福な人より多いのは、どこの国でも同じです。でも、この国の金融資産の6割は、60代以上の人が保有してるんです。特殊詐欺にひっかかるような、80代になっても何千万円も貯金がある高齢者でさえ、介護費用は1割しか負担しなくていい。お金の使い途がないから、タワーマンションを買って相続税対策をする。こんなの変じゃないですか?

みんなの介護 「使う予定はないけれど、税金として持っていかれるのはイヤ」という心理なんでしょうか。

ちきりん 富裕高齢層が貯め込んでるお金を消費に向かわせるのは、日本経済の活性化にとっても重要です。あと、介護に関しては、もうひとつマクロの問題があります。それは、医療業界と同じで、業界全体の収入が保険収入に限定されていることです。

みんなの介護 というと?

ちきりん 業界全体の収入が介護保険に規定されてしまうと、個々の介護スタッフがいくらスキルアップしても、報酬を上げることができません。医療もそうですが、介護も“入浴補助”など、行為ごとに国が料金を設定しており、スタッフの技能が上がっても収入は増えません。

たとえば同じ手術をした場合、1年目の脳外科医も、30年のベテラン脳外科医も同じ報酬しかもらえない。これは介護士も同じです。努力をしてスキルアップしても報酬があがらないから、長く続けられない。病院だと一日数万円の個室料や人間ドッグで稼ぐこともできますが、介護業界にはそういう収入もありません。

みんなの介護 キャリアのステップアップを望みづらいというのは確かに、介護職員にとって大きな課題となっていますね。

ちきりん 長く続けてもお給料が上がらないとやる気もでないし、一生の仕事にできません。医療業界も同じ問題を抱えていますが、全体の給与水準が高いのでなんとかなるのと、自分で分野を規定できるため、儲けたい人には「眼科になってコンタクトの処方に専念する」といった選択肢もありますが、今の介護業界だと一生薄給のままです。

みんなの介護 介護業界全体に流れ込むお金を増やさない限り、介護職員の待遇は良くならないですよね。

ちきりん スキルアップすれば報われる、経験を積めばお給料が上がるという仕組みにするためには、介護保険という国からのお金だけでなく、顧客からも直接お金が入ってくる形に変える必要があります。

特別インタビュー「賢人論。」第6回(前編)ちきりんさんは「お金持ちの高齢者がぜひ買いたいと思うような介護サービスや医療サービスを売る市場を認めるべき」と語る

裕福な高齢者は、介護保険の自己負担が5~6割でもいいと思う

ちきりん 介護にしろ年金にしろ、日本の高齢者福祉の問題は、お金持ちほど優遇されているという点にあります。一番ひどいのは年金で、あれって、お給料が高かった正社員ほど年金額が高い。長く正社員で働いた人は、貯金もあるし退職金ももらってる。そういう人ほど年金額が高いなんて、社会福祉じゃなくて積み立て貯金です。裕福な人の積み立て貯金に税金を投入する必要はありません。

一方、ずっと低いお給料で働いてきて、失業も経験し、国民年金もなかなか払えませんでした…みたいな人は、年金も少ない。それなのに介護保険の自己負担率は裕福な人と同じ。これでは“福祉”とは呼べません。

みんなの介護 裕福な層と貧困者層とで介護保険の適用にも幅をつける、ということですかね。

ちきりん 最近は1割負担と2割負担に分けるという話になってますが、まだまだ甘いです。本当に貧しい人からは自己負担なんてとらなくていい。その代わり、資産がたくさんある人は介護保険も5~6割負担にすればいい。3,000万も4,000万も資産を持っていて、オレオレ詐欺のターゲットにされているような人を、資金補助する必要なんてありません。

みんなの介護 これは介護だけでなく医療も同じような感覚でしょうか?

ちきりん ですね。元スポーツ選手とか有名芸能人などで、何十億円も資産がある人でも、手術費用は3割負担とか、変だと思います。そういう人は高名なベテラン医師に診てもらい、費用は全額自分で払ってもらえばいい。そういう話のほうが、相続税の話より先だと思います。

みんなの介護 というと?

ちきりん お金持ちに相応の負担をという話になると、すぐに「相続税を上げろ」っていう人がいるんですけど、相続税を徴収するというのは、国家が個人の資産を召し上げるって話ですよね。

一方、自分のお金で高額な一流医療サービスや一流介護サービスを買うのは、お金持ちが自分の買いたいモノに自主的にお金を払うということなんです。だから、相続税を上げろという前に、彼らが高い値段を払ってもぜひ買いたいと思うような介護サービスや医療サービスを売る市場を認めるべき。その方がよほど民主的だし、資本主義的です。

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  4. 4

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  5. 5

    プーチン氏 意図的な遅刻で圧力

    THE PAGE

  6. 6

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  7. 7

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    兄弟姉妹間の"格差"生む親の言葉

    PRESIDENT Online

  9. 9

    孫正義氏 創業期の7人の恩人たち

    大柴貴紀 Takanori Oshiba

  10. 10

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。