記事

“年金廃止”“医療費負担を増額” なんてことをしてしまうと 猛烈な勢いで高齢者が死んでしまう。 そんな社会は望ましくない - 「賢人論。」第7回(後編)やまもといちろう氏

1/2
「賢人論。」第7回(後編)やまもといちろうさんは「「年金廃止」「医療費負担を増額」 なんてことをしてしまうと 猛烈な勢いで高齢者が死んでしまう。 そんな社会は望ましくない」と語る

中編「介護行政の厳しい現状を緩和させるためには、「姥捨て山拠点」をつくる必要があるかもしれない」で、“介護の今”について厳しい指摘をしたやまもと氏。最終回となる今回は、自身がロシアで体験した「社会保障が崩壊するということ」を踏まえて、高齢化が進む日本社会における、社会保障全体が抱える問題の解決策を探っていく。

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/伊原正浩

「社会保障をこれだけ下げましょう」という結論に至るには、まだまだ議論が足りない

みんなの介護 中編のお話(「介護行政の厳しい現状を緩和させるためには、「姥捨て山拠点」をつくる必要があるかもしれない」)を伺っていると、「地方創生」という命題が本当に必要なことなのか、疑問に思えてきてしまいます。

やまもと 福島県のとある町があるんですが、ここを例にとってみましょうか。ここは、中核市からさらに奥まった秘境のような場所なんですが、そこにいた企業群は早くに撤退していきましたね。理由は、労働力が調達できず採算が合わないから。その次に出て行ったのは農協で、地場で根幹になるべき産業が、これまた後継者不足などで労働力確保できないといった理由から。現地の人たちは努力しているのは間違いないのですが、衰退地域の持つ現実は、少なくなり年老いていく人たちの合理化努力を上回る落ち込みになってしまいます。

みんなの介護 それでも残る人はいるわけですよね?そういう人は、その町で何をされているんですか?

やまもと まず手っ取り早いのが林業。そこでしか出来ない仕事ということで福島県から林野系の助成がありますからね。それと、警察と町役場、郵便など配送事業。地域GDPの65%を占めているのは年金。つまり、官僚と政府の補助でやっている産業の3つしかないわけで、国の収支からしたら赤字も極まりないですよ。そこで生きているだけで負債が増えていくという地域であり、それでもそこに1万数千人がいるんです。

みんなの介護 そうして廃れてしまう地域を今後も生かすのかどうかという話は、乙武洋匡さんに話を伺った時(「『まちの保育園 小竹向原』は、カフェを併設することで地域とのつながりを作っていきました」)も、話題としてあがりました。

やまもと 色々な合理的なことを考えてだとは思うのですが、切り捨てられる側の情緒的な問題も考えなければならないですよね。そこに対して、できる限りのことは尽くしてあげなきゃいけないと、私は思っています。

本人はもちろん死にたくないし、死ぬときだって人間としての扱いを受けたいのは当然でしょう。家族やきょうだい、いろんな人の情が必ずあるわけで、それらを十把ひとからげに切り捨てるっていうのはダメ。もしそうするのだとしても、例えば「あなたは、そこに住み続けていると、もし何かあったときに救急車を呼んで来ないですよ」ということを、しっかり納得してもらうように説明をしなければなりません。

みんなの介護 それこそ、国民的な議論が必要な議題ですよね。

やまもと 「だめなものは止めればいいんだよ」「そういうところにしがみついて行く人は死んでくださいね」くらいのドライなことを言う人がいて、一方で、「日本人が日本人として生きてきたからには、誇りをもって日本人として死んでもらうにはどうすればいいかを考えなきゃ」と言う人がいて。私が思うに、議論の始まりは「その中間を取りましょう」という感じですね。みんながおおよそ納得できるロジックをつくり、国民の認識をそこに方向付けなければ社会が混乱してしまうと思います。

財政が危機的な状況の中で、合理的に考えなきゃならない部分はどうしても出てくる。でも守らなきゃいけない日本社会、日本人的な価値って何だっけ?という議論をちゃんとしなきゃいけない。「社会保障をこれだけ下げましょう」という結論に至るには、そうした議論をした上での国民の合意を得なければダメですよね。

「賢人論。」第7回(後編)やまもといちろうさんは「ソ連崩壊が、社会保障が なくなった時、いかに簡単に 人が死んでしまうかということを 教えてくれた」と語る

社会保障を切ってしまうと、驚くほどの高齢者が死んでしまう。それを、ソ連崩壊のときに実感した

みんなの介護 社会がこれだけ高齢化してきたときに、何か抜本的な対策というものはないものなのでしょうか?

やまもと 高齢者対策というか、過去の事例において人口調整対策というものには、代表的なものが3つあります。ひとつが疫病。

みんなの介護 疫病!?

やまもと 疫病が流行ると高齢者をはじめとした弱い個体がたくさん死んで、それによって人口調整が働きますからね。その疫病を超えたときに、社会はもう一度、活力をもつようになります。そして、2つめが戦争です。

みんなの介護 今度は戦争ですか…。

やまもと 例えば朝鮮戦争で最も韓国の方が亡くなったのは30代後半の壮年世代の方々です。その世代がごそっと亡くなると、そこまで働き続けて社会に富を与えていた人たちが、ようやく体がくたびれてきて、働けなくなって、公的補助を受けようかな…という前に死ぬことになります。納めるだけ納めて、子供だけ産んで死ぬ。つまり、社会には富しか与えない。でも、戦争だけは絶対にやってはいけない。これは日本人としての使命みたいなものだと私は思います。

だからやっぱり、社会保障や出生数対策など政策で緩やかに対応するしかない。3つめが、これです。

みんなの介護 ちなみにですが…社会保障による対応がなくなると、社会はどうなってしまうんですか?

やまもと 良い例…と言っていいかわかりませんが、ソ連が崩壊したときを例に挙げましょう。実は、当時、高校生だった私はちょうどモスクワに留学していたんです。モスクワ大学にいたときにデモ隊が大量に来て、「ゴルバチョフが誘拐されたようだ」と喧伝しているんですね。で、エリツィンが戦車に乗って演説に来るらしい、と。人生で一番の恐怖体験であると同時に、印象深い事件でした。

みんなで見に行こうとなったときに、衝撃的な内容が聞こえてきたんです。「ソ連はすべての医療が停止する」と。すると、圧倒的な数の人が死ぬんですよ。400万人くらい。

みんなの介護 400万人も亡くなったんですか!?

やまもと ソ連が崩壊した後、ロシア共和国になったときもひどかったですよ。なにせ国庫に金がありませんから。個人的にお金を持っていたとしても、電気も来ないような生活になったんです。で、何が起きたかというと、ソ連時代の1989〜1990年に男性の平均寿命が65歳だったのに、一気に58歳、7歳も下がってしまったんです。女性も同様に3歳下がった。たくさんの高齢者が亡くなり、また壮年世代にも絶望などが理由でアルコールが原因の心疾患が極端に増えて、平均寿命が下がったんです。

ソ連崩壊は、社会保障がなくなったとき、いかに簡単に人が死ぬかを教えてくれました。

つまり、人口調整で社会保障を切れということは、文字通り、高齢者は死んでくださいということなんです。年金は廃止しましょう、医療の個人負担額を増やしましょう、といったことをしてしまうと、猛烈な勢いで高齢者が死ぬんですよね。

みんなの介護 望まない形で高齢者が死んでいく…。そう考えるとやはり、社会保障を切るという選択肢は取りづらいですね。

やまもと 過激なことを言う人は多いですが、いくら社会に富を生まない高齢者が増えて、衰退する日本経済にとってお荷物になったからといって、ドーンと社会保障をきれば良いじゃないかというのは私は望ましくないと思います。

そして、私自身も、このソ連の例は大事な教訓だと思っています。社会保障を切ると、人は簡単に死んでしまうんだ、と。「この社会で暮らして良かった」とは思えないんだ、と。だから、違う方法でやらなければいけないということだけは、間違いなく言えると思います。

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  2. 2

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    社長の44.2%は"中卒か高卒"

    MONEYzine

  4. 4

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  5. 5

    プーチン氏 意図的な遅刻で圧力

    THE PAGE

  6. 6

    消化不良な「この世界の片隅に」

    fujipon

  7. 7

    ファーウェイ 社員犠牲に急成長

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  8. 8

    兄弟姉妹間の"格差"生む親の言葉

    PRESIDENT Online

  9. 9

    孫正義氏 創業期の7人の恩人たち

    大柴貴紀 Takanori Oshiba

  10. 10

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。