記事

『10年引きこもってた人が外に出たようです。』そのとき彼は何を考えたのでしょか。

漫画レビューサイト、マンガHONZで新しいレビューをあげました。

『10年引きこもってた人が外に出たようです。』そのとき彼は何を考えたのでしょか。


(抜粋)

先日、内閣府が「若者の生活に関する調査」を発表したのは、15歳から39歳で「引きこもり」にあたる人は54万人であるという推計でした。前回調査より減少しているものの、7年以上の引きこもっているひとが34.7%と多く、長期化の傾向が見られました。

そもそも「ひきこもり」には年齢の定義がないため、若者の問題を直接指し示すものではありません。今回の調査発表でも、なぜ39歳までなのか。高齢化するひきこもり問題をしっかり調査すべし、の声も多くありました。その「なぜ」の理由は、調査主体が内閣府の青少年関連部署だからであり、その調査報告書名も「若者の生活に関する調査」です。

若者支援分野に限って言うと、自宅から外に出ることが難しい状況にある若者に対するアプローチは大きく二つに分かれています。ひとつは「待つ」派。とにかく本人のエネルギーや外に出たい気持ちが強くなるまで見守ります。もう一方が「積極的介入」派で、ご本人とご家族の同意を得て、ご自宅に訪問します。最初は玄関まで、次に居間。許可が得られたら自室のドアの前でと、少しずつ物理的距離と心の関係性を縮めていきます。

少し前、ご本人の部屋の扉を破壊して入っていった映像が大変問題となりました。そういう業者がいることも事実でしょうし、その手法に頼る保護者などがいることもまた現実です。ただし、手法として容認できるものではありません。

TVタックルの引きこもり「引き出し業者」特集に非難轟々- Togetterまとめ

本作品は、10年間自宅から出ずに漫画を描き続けてきた著者が、定期的に来る罪悪感と自己嫌悪、その先にイメージされる他者への攻撃性を憂慮し、「外に出られるようになるしかない」と自宅の扉を開く。

ここで描かれる主人公の言葉が、類似の経験を有するひとたちから聞かれる、数年ぶりに外出してみたときい感じたものとかなり近いのだ。もちろん、それはほんの一部のひとの言葉かもしれませんが、私も何度も聞いたことがある言葉です。

続きはこちらから!

あわせて読みたい

「引きこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  7. 7

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  8. 8

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  9. 9

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  10. 10

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。