記事

「どうせ野宿初日は絶対に寝れないから!」 販売者の言葉が身に沁みた。 さまざまな思いが交錯した、段ボールハウスの夜 ―――「一夜のホームレス体験会」参加レポート

1/2

一般市民がダンボールハウスで野宿を体験する「人生を見つめなおす一夜のホームレス体験会」が8月27~28日、大阪市内で開催された。主催のビッグイシュー日本が、雑誌販売の環境が最も厳しい8月に少しでも販売者の収入になるイベントを――と企画。

「野宿」という究極の非日常体験で、参加者たちは何を感じたのか。日本初となる野宿体験イベントを、ビッグイシューライターの稗田和博がレポートする。

Photo1 

午後17:00 スタート 参加者は20~30代中心。「当たり前の生活を見直したかった」

え? なんで、お金を払って野宿なの?

「ホームレス体験会」と聞いて、たいていの人は狐につままれたような顔で、そう言った。参加費を払って、わざわざ野外でダンボールを敷いて寝る意味がわからないと。もっともである。海外ではウイリアム王子がホームレスの実情を知ろうと路地で野宿体験したのは有名だが、それはチャリティ文化の盛んな英国での話。ここ日本で、しかも有料イベントとして野宿体験が成立するとは正直、思えなかった。

が、当日、野宿場所には関西圏に住む大学生や社会人ら12人が参集。なかには東京の遠方から駆けつけた強者(つわもの)もいた。なにより驚いたのは、ほとんどが20~30代の若者で、うち半数が女性だったことだ。聞けば、参加者の多くは「直観で行きたい」と思ったらしい。「早く応募しないと、すぐに定員いっぱいになる!」と慌てたという人もいた。男性参加者はおおむねホームレスの生活やビッグイシューに関心を寄せ、女性陣は野宿という非日常体験に興味を示す傾向が見られたが、ある女性は参加理由をこんな風に語ってくれた。

「以前、ビッグイシューを買った時、販売者さんが深々とお辞儀するのを見て、自らを反省したことがあるんです。コンビニなどマニュアルの“ありがとう”は世の中に溢れているけど、彼らのように本当に心から誰かに感謝する日常を自分は生きているだろうかって。一晩で分かるわけはないけど、彼らと同じ野宿の先にどんな光景が見えるのか。体験することで、今ある自分の当たり前の生活を見直してみたかった」

Photo2

Photo3

18:00 寝床作りワークショップ 先生はホームレス。ダンボールハウスは毎日が新築!

今回、野宿場所となったのは、大阪市内の「北加賀屋みんなのうえん」。キッチンやサロンスペースも併設した、いわゆる市民農園の敷地内である。さすがに路上のリアルさは望めなかったが、“先生役”を務める販売者11人が自らのホームレス経験をもとにダンボール探しや寝床づくりを直々に指導。これが、参加者たちの好奇心を大いに刺激した。

「体を支えるために、ダンボールは分厚く丈夫なものを。できればティッシュや衣料品の梱包用が最適」

「ダンボールのツルツル面を下にすれば、水や外気を遮断してくれる」

「失くして一番困るのは靴。貴重品と靴は枕元に敷いて寝るのが常識」

手際よくダンボールをばらしながら、次々に飛び出す路上生活の生きた知恵に、一同は感嘆の連続。特に女性陣はダンボールの寝心地に興味津津で、一夜限りの“マイホームづくり”を楽しんでいた。

説明によれば、ダンボールハウスは大きく分けると、①地面にただ敷く「敷くだけスタイル」②オールシーズン使える「囲いのみスタイル」③囲いのみスタイルにふたをのせる「囲い&ふたスタイル」④ダンボールをつぶさず箱のまま直方体をつくる「箱タイプ」の4タイプ。これは全国ほぼ共通しているようで、これらのタイプを季節や場所、好みに応じて使い分けるという。

実際、体験してみると、ダンボール探しで訪れた薬局では、店員に一声かけるだけで、店の奥から荷台に乗った大量のダンボールがスッと現れ、こんなに簡単に手に入るものなのかとちょっとびっくり。寝床づくりでは、最も簡単な「敷くだけスタイル」を選び、ダンボールを2枚重ねで敷いて一丁上がり。少しばかりプライベート空間が味わえる「囲いのみスタイル」の女性部屋も、販売者らの手を借りればあっという間で、ダンボールハウスがいかに最低限の寝心地を担保した簡易性重視の「わが家」であるかを思い知らされた。

先生に言わせれば、「ダンボールハウスは毎日つくるから、言ってみれば、毎日新築の家に住んでいるようなもの」とのことである。

Photo4

Photo5

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森友学園「錯誤」登記をめぐる謎

    郷原信郎

  2. 2

    ギャラ相場が崩壊したラジオ業界

    西原健太郎

  3. 3

    販売世界一のVW 日本でなぜ不調?

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ダウンタウンが変えた"ツッコミ"

    メディアゴン

  5. 5

    上野千鶴子発言の"美しさと偽善"

    田中俊英

  6. 6

    MXがBPOに見せた"居直り"の姿勢

    水島宏明

  7. 7

    "トランプ対CIA"は致命的弱点に

    文藝春秋SPECIAL 2017春

  8. 8

    安倍晋三"記念"小学校 何が記念?

    小野 次郎

  9. 9

    安倍政権下で進む取材規制問題

    メディアゴン

  10. 10

    池上彰氏が語る"NHK辞めた理由"

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。