記事

衝撃の相模原障害者殺傷事件について話を聞けば聞くほど深刻だと思う3つの問題点

1/2

事件現場となった津久井やまゆり園

この8月は連日、相模原障害者殺傷事件の取材で人に会っていた。話を聞けば聞くほど、この事件がいかに深刻かを思い知らされた。これまで社会が覆い隠してきた問題に否応なくこの事件が踏み込んでしまった、という印象だ。9月7日に発売された月刊『創』10月号に相模原事件の大特集を掲載しているから、それをぜひ読んでほしいのだが、ここで簡単に問題点を整理しておこう。

まず第1は、事件当初議論になった措置入院の問題だ。安倍首相が逸早く措置入院の見直しを指示し、厚労省の検討会が設けられたために、保安処分への動きかと一斉に懸念と反発が噴き出たが、検討会は今のところ、その方向には行ってないようだ。

特集の冒頭で香山リカさんとの対談に登場している精神科医の松本俊彦さんはその検討会の委員だが、この対談ではかなり率直に発言している。そもそも措置入院がどんなふうにして決められ、植松聖容疑者を退院させるにあたってどういう対応がとられたかは、いまだに詳細が報じられていないのだが、その検証と解明が、この事件を考えるうえでの大きなポイントのひとつになることは間違いないだろう。

植松容疑者は2月に衆院議長のもとへ手紙を持参し、そこから施設をやめ措置入院にいたることになるのだが、松本さんはこう語っている。

《「衆議院議長にこんな手紙を書いたそうだね。こんな考え方をしているのか」と問い詰めて、彼が「じゃ施設をやめます」ということになったんだけど、その時に警察が控えていて、そのまま措置入院となったわけです。》

同じ特集に登場する精神科医の斎藤環さんは、警察と精神病院との関係をこう説明している。

《警察は薬物依存者や精神障害者を留置することを嫌がるんです。それで病院に、いわば押し付けてくるわけですよ。お宅で診てくれ、措置入院させるべきだと。本来警察が判断することではありませんが、現場では結構そういうことがあるのです。》

ちなみに斎藤医師は、植松容疑者の措置入院は明らかに判断ミスで、むしろ彼が犯行に走ることを促進したのではないかという見解だ。この見解は傾聴に値するのだが、斎藤さんの見立てはこうだ。

《精神科に入院というのは、行為を束縛されるという以上に、スティグマ性を帯びさせる。つまり「お前は頭がおかしい」という烙印を押されたとその意味で二重に屈辱なんです。》

マスコミ報道では一時、退院が早すぎたのではないかとか、医者がだまされたというキャンペーンがなされたが、斎藤さんはそれは全く誤った捉え方で、措置入院させたことが間違いだったというのだ。松本さんも病院の記録を詳しく見たうえで、退院の判断に問題はなかったという見解だ。

そして問題は、植松容疑者を退院させた後の対処で、このへんは十分詳しく報道されていないのだが、彼はその後も外来で通院したが途中から来なくなった。関係を比較的築けていた医師がたまたま3月で退職したりといった事情もあったらしい。また退院後のサポート体制についても当初考えていた枠組が使えなかったなど、いろいろな事情が重なったようだ。松本医師がその対談で詳しく語っているが、一部だけ紹介しよう。

《今回の容疑者の場合は、措置入院が終わったあと生活保護を受けるために役所に行っていますし、雇用保険の件でハローワークにも行っています。広い意味での保健福祉的ニーズはあったという気がしています。その意味で、アウトリーチ支援が入り込む余地はあったと思います。問題は、当初、八王子で両親と同居するという話だったのに、彼が相模原の自宅に戻っちゃったことですよね。それで八王子の社会支援、入院中情報提供した、八王子の社会資源を使えなくなっちゃったわけです。》

そのあたりの詳しい経緯、植松容疑者に対してどんな取り組みがなされたのか、どこが問題でどうすべきだったのかは、検討会の大きなテーマになるはずだ。

その問題の奥にはもちろん、植松容疑者をどうみるのか、精神医学の観点からどう判断するのかという第2の問題が控えている。これについては今後、精神鑑定がなされるわけだが、松本医師は、植松容疑者の表明した考え方を「思想」とみるのか「妄想」とみるのか、という問題の立て方をしている。そして、最初は自分は、植松容疑者は病気ではないという見方だったが、その後、少し見方が変わって来た、と語っている。

一方、同じ特集で斎藤環さんは「精神医療ではクレイジーとマッドを分けるのですが、彼はクレイジーではあるけれどもマッドではない」と語り、松本さんと異なる見解を示している。この問題は、今後、精神鑑定によって解明が求められるのだが、この事件を考える最大の鍵になるだろう。

ちなみに松本さんは、「思想」と「妄想」の境界をどう考えるかは難しい、とも語っている。この特集では、ナチスの障害者大量虐殺についても2つの記事を掲げているが、この歴史的狂気をどう考えるべきかという問題もまだ決着はついていないように思える。ナチスの障害者虐殺、いわゆる「T4作戦」は、過去の歴史と受け止められがちだが、実は解明が進み始めてからまだ日が浅い。作戦には当時の精神科医も協力しており、ドイツでもその責任追及は戦後もある時期までタブーだったという。

この問題についてはNHKがETV特集で昨年と今年にわたって放送した「それはホロコーストのリハーサルだった」が大きな反響を呼んだが、来る9月24日(土)夜11時から再放送が決定している。相模原事件直後は、しばらく再放送は控えようという声が多かったが、事件から時間がたったことを勘案し、再び問題提起をしようというプロデューサーらの決断によるものだ。ちなみにその番組を制作した熊田佳代子プロデューサーと、自ら何度もドイツに足を運び、番組にも出演している日本障害者協議会の藤井克徳代表も、『創』の特集に登場している。番組のホームページは下記をご覧いただきたい。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259520/index.html

あわせて読みたい

「障害者施設19人刺殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宅配急増の裏で運送業は地獄絵図

    キャリコネニュース

  2. 2

    "ふるさと納税"に多摩市長が怒り

    メディアゴン

  3. 3

    森友学園 まとめサイトはスルー?

    ふじい りょう(Parsley)

  4. 4

    アメ車が日本で売れないワケ

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    トランプ氏トイレ政策撤回の波紋

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    宅配問題でAmazon配送料値上げ?

    自由人

  7. 7

    "反日親北"に傾く韓国 どう対応?

    tenten99

  8. 8

    森友学園疑惑 役人は汗びっしり

    田中龍作

  9. 9

    日本で働く"台湾人"が急増の理由

    キャリコネニュース

  10. 10

    amazonギフト券は「第二の通貨」

    加藤順彦

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。