記事

蓮舫氏は外国人なのか嘘つきなのか - 蓮舫氏の真実は戸籍謄本に明らか -

民進党代表に選出された蓮舫氏の二重国籍疑惑について、彼女に適用される外国法が中華人民共和国の法律なのか中華民国=台湾の法律なのか、を巡って法務省の見解がブレた、というより、マスコミが誤報したために混乱したが、法律を適用できるのは当該国の当局だけなので、外野から云々しても始まらない。

日本にとって一義的に大事なのは日本法である。蓮舫氏は1985年に施行された改正国籍法に基づき母系の日本国籍を取得し合法的に二重国籍となったが、国籍法は22歳までに、ア外国籍を離脱するか、イ日本国籍の選択を宣言するか、何れかを求めており、イの場合にも外国籍離脱の努力義務を課している。

どうして、こんなややこしい規定になっているかと言えば、国籍に係る法律を適用できるのは当該国の当局だけなので「外野から云々しても始まらない」からだ。極端な話、ある外国が(本人の意思と関係なく!)当該国の国籍を付与するというような一方的な法制度を設けることだって、理屈の上ではあり得る。

だから、大事なのことは、外国法の適用の有無ではなく、蓮舫氏が日本法を遵守しているかどうか、それだけである。今回の騒動に直接関係する法律は、国籍法と戸籍法だ。マスコミは蓮舫氏について国籍法の(外国籍離脱の)努力義務(イの場合)にばかり焦点を当てているが、併せて戸籍法も読んで欲しい。

国籍法は22歳までに、ア外国籍を離脱するか、イ日本国籍選択を宣言するか、を求めているが、蓮舫氏は既に外国籍を離脱していなかったと本人が認めたんだから、22歳までに日本国籍の選択を宣言しているに違いない。仮に宣言していなければ明確な法律違反だが、それは戸籍謄本を見れば分かることだ。

国籍選択の宣言については国籍法14条2項に規定されているが、戸籍法104条の2には、国籍法の当該規定による日本国籍選択の宣言は、その宣言をしようとする者が、その旨を(市町村に)届け出ることによつて、これをしなければならない、と規定されている。この履歴は必ず戸籍謄本に記載されている。

要するに、蓮舫氏の戸籍謄本を見れば、蓮舫氏が日本国籍選択の宣言をいつしたかが明記されている。明記されていなければ、そもそも宣言をしていなかったということになり明確な国籍法違反、場合によっては日本国籍を喪失するし、戸籍に宣言した日付が明記されていれば、蓮舫氏の記憶喪失は嘘だと分かる。

戸籍謄本を確認すれば、蓮舫氏の人となりは全て分かるようになっている。日本の法律はよく出来ているのである。だからこそ外務省は、新規であれ中途であれ職員の採用時に必ず戸籍謄本を確認している。民進党は、直ちに蓮舫氏本人の戸籍謄本を確認し、彼女が外国人なのか嘘つきなのか、明らかにすべきである。

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森会長の「遺書」に10の間違い

    上山信一

  2. 2

    節税目的で移住する人々の末路

    後藤百合子

  3. 3

    何のため?「意味不明」な共謀罪

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    マンガ市場に起きた歴史的事件

    篠田博之

  5. 5

    米軍がエナジードリンクに警告

    PRESIDENT Online

  6. 6

    小池氏が行う「都政の破壊活動」

    郷原信郎

  7. 7

    退職時強引に有休を消化する方法

    三浦義隆

  8. 8

    トランプ氏支えるパトロンの正体

    WEDGE Infinity

  9. 9

    安倍×小池×小泉会談のキーマン

    文春オンライン

  10. 10

    「都会はまし」地方勤務のつらさ

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。