記事

なぜ、「2年以内」の働き方改革が必須なんですか?

1/2
長山清子=構成
干川 修=撮影

「働き方改革担当大臣」が新設され、いよいよ国をあげての長時間労働是正が始まる。国が本気になった理由とは? 安倍総理に「長時間労働是正」を明言させた2人の仕掛け人が緊急対談!
(左)ワーク・ライフバランス社長 小室淑恵さん(右)少子化ジャーナリスト 白河桃子さん

――お二方は安倍総理に長時間労働是正を明言させた「仕掛け人」ですが、ここまでの道のりは長かったのでは?

【白河】小室さんは10年も前から、長時間労働をやめようと主張していますよね。政府の委員会に入られたのはいつでしたっけ。

【小室】2006年からです。今回の新内閣で「働き方改革担当大臣」が新設されるところまできたことに感無量ですね。具体的には2014年の9月に産業競争力会議のメンバーになってから風向きが変わってきました。この会議は毎月、総理と直接議論します。

【白河】ただ最初のうちは、長時間労働について発言しづらかったそうですね。

【小室】そうです。発言を控えてくれと事務局から言われていたので。なぜかというと、労働時間に関する法律の改正案が、14年から国会に上がっていて、それが通っていない段階で次の議論をすると、その矛盾を野党に追及されることになる。そのような揚げ足をとられる内容は、一切話してはならぬというわけです。それに対して、毎回の発言の中で具体的なエビデンスを示しながら、長時間労働の是正が経済成長につながり、少子化対策になることを繰り返しプレゼンする中で、同年12月ごろから政府の認識にパラダイムシフトが起こり始めたのを実感しました。

【白河】私は15年の10月に一億総活躍国民会議の一員になってから、手応えを感じるようになりました。特に16年最初の会議で、総理が「一億総活躍国民会議の目玉は働き方改革です」と言って、その中にはっきりと長時間労働是正という項目が入っていた。しかも「三六(さぶろく)協定の上限規定を検討する」とまで言ったんですね。

【小室】三六協定というのは、労使双方の合意があれば労働基準法で定めた時間外労働の上限を超えていいという抜け道のような法律です。働き方改革担当大臣にはまっさきに、この三六協定の時間外労働の上限を定めることから手を付けてほしいですね。

――長時間労働がなくなると、どんなことが起きますか?

【小室】まず、国の一番の課題である少子化が改善されます。女性にとって、パートナーの男性や自分自身の長時間労働が出産のハードルになっているというのは、当たり前すぎる事実ですよね。でも官僚も政治家もほとんど男性だから、「労働時間を削減すると少子化が解決する」という肝心なロジックを理解していなかった。私たちがコンサルティングしたリクルートスタッフィングでは、深夜労働が86%削減され、企業内出産数が1.8倍になった。そうした事実を提示していきました。

【白河】第1子が6歳になるまでの間に、夫が家事や育児にどれだけ参加するかで、第2子の出生率が変わるというデータは昔からあるんですが、経済政策にかかわる人の目には映っていなかったのかもしれません。夫の週末の家事・育児時間がゼロ時間だった家庭で、その後11年間、第2子が生まれているのは約1割。一方、夫が週末に6時間以上家事・育児に関わる家庭では、8割が第2子に恵まれている。

【小室】少子化対策は女・子どもの問題と捉えられていたのが、企業全体の労働時間の問題、特に男性の働き方の問題だったと理解されたあたりから、働き方改革に拍車がかかりました。長時間労働が減ると、保育園の延長利用が少なくなり自治体の赤字が減りますし、保育士も定着します。居宅介護もしやすくなり、財政にプラス。日本に山積する課題の根底にあるのは長時間労働なのです。

労働時間に上限を設けるもう一つのメリットは、生産性が上がること。これまで日本企業が長時間労働をしてきたのは、美徳でも文化でもサムライ精神でもなくて、単にそれが一番褒められる働き方だったから、皆がそうしてしまうという評価の仕組みの問題でした。ここに「時間あたり生産性」という考え方をインストールすることは、規模ではなく利益を追求する今の時代の企業が目指していることとピタッと合うんです。日本でもブルーカラーにはシフト制があって、生産性が高い。ホワイトカラーにおいては、時間を手放せば業績が落ちるという思い込みが強く、なかなか手放せなかったんです。

リクルートスタッフィングでは、労働時間に上限を設けたことで、これまで時間外労働ができないことで評価されなかった人材のモチベーションが上がりました。「時間あたりの生産性で評価されるなら私、本気出したい」と。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  5. 5

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  6. 6

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  7. 7

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  8. 8

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  9. 9

    正恩氏 米の斬首作戦に過剰反応?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    増田寛也氏に杉並区が"異常"報酬

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。