記事

【自動運転、人材の争奪】

ライドシェアリングのUberが13日から米ピッツバーグで自動運転車を使ったサービスを開始しました。何かあった際に対応できるように運転手は同乗しています。

8月にnuTonomyがシンガポールで始めた取り組むに次ぐ大規模なものだそうです。シンガポールでは6台( Renault ZoeあるいはMitsubishi i-MiEV)に対して、ピッツバーグでは年内に数十台(独自にセンサーをつけたFord Fusion)とのこと。

各紙報道していますが、FTはUberの資金力と人材獲得の積極性に焦点を当てています。

Uber launches first self-driving taxi fleet in US(ウーバー、アメリカで初の自動運転車タクシーを開始)はざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。

Uberは13 日、米ピッツバーグで初の自動運転車のタクシーサービスを開始し、Google, Tesla, Ford, GMといったライバル企業に先行した。年内には数十台のタクシーを運営するという。必要に応じて介入できるよう人間の"ドライバー"は同乗するが。

Uberの取り組みは先月、シンガポールで世界初の運転手なしの自動運転車を使ったタクシー(driverless taxi fleet) サービスがローンチされたのに続くものだ。

各社は、自動運転技術を高めるため、相次ぐ企業買収や投資でこの分野で先頭に立とうとしている。

Uberにとって自動運転車は長期戦略であり、ドライバーを不要とすることコスト削減につながり、将来の都市交通の要になると見ている。

Uberは、自動運転トラックのスタートアップのOttoを買収したり、ドイツのVolvoと次世代の自動運転車の開発を進めている。 Ottoの買収の一環としてUberのドライバーレス開発プログラムの責任者になったAnthony Levandowskiは「自動運転技術は次の10年を見据えて最も大事なものだ」と語っている。

Uberが積極的にヘッドハンドした結果、自動運転車に早くに着手した Googleを追い抜こうとしている。長きにわたってGoogleの自動運転車の開発を担当してきたChris UrmsonがGoogleを最近去ったことで、同社の自動運転車の将来性に疑問を投げかけている。

Rand Corporationの Nidhi Kalraは自動運転技術については Googleが先行するものの、グローバルな顧客基盤を踏まえてサービスについてはUberが先行していると分析する。

Uberは、Google, Goldman Sachs, TPGなどから投資を受けており、これまでに150億ドル(約1兆 5000億円)の資金を得て、シリコンバレーでも最も資金力がある企業だ。

1年半前にはピッツバーグで技術開発拠点を開設。Carnegie Mellon大学のロボット研究者の4分の1を引き抜いて開発を急いでいる。 Uberが採算割れが続く中国事業を売却したことで、いっそうの余裕が出てきた。

Uberが、ドライバー同乗とは言え、ピッツバーグでサービス開始することで米規制当局の姿勢が問われることになる。ピッツバーグを含めて多くの都市が自動運転の規制が欠けている。

自動運転機能を使ったTeslaの車が死亡事故を起こしたことで、自動運転車、あるいは自動運転機能の車に対する懸念につながっている。

UberのRaffi Krikorianは、ピッツバーグが初の取り組みとすて理想だと言う。古い都市のため道路が狭く天候が不安定だということを理由に挙げている。

あわせて読みたい

「自動運転」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  7. 7

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  8. 8

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  9. 9

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  10. 10

    菅元首相「総選挙で政権交代も」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。