記事

マイルドヤンキーと意識高い系

昨日、ふと、いわゆる「マイルドヤンキー」の方々と、「意識高い系」の方々には通じるところがあるな、と感じたので、今朝はそのことについて書いてみたいと思う。

「マイルドヤンキー」の方々は、地方都市ならば地方都市にいて、そこで仲間たちを大切にまったりと暮らしていらっしゃる。ファッションにも一定の傾向があって、グローバル化とか、英語とか、そういうこととは比較的遠いイメージがある。

一方、「意識高い系」の方々は、常に向上心があって、グローバル化とか、英語とか、そういうことにこそ興味がある、というイメージがある。つまりは「マイルドヤンキー」とは対極のように見える、というのが、普通の考え方だろう。

しかし、昨日ふと思ったのは、「意識高い系」の方々は、グローバル化や英語、向上心という物語を「コンフォートゾーン」として、そこに安住しているという意味では、「マイルドヤンキー」の方々とそんなに変わらない、ということである。そう考えると、いろいろ腑に落ちた。

以前から思っていたのだけれども、学生さんで、これから英語を大いにやって、外資系の企業につとめて国際的に活躍するぞ! みたいな典型的な「意識高い系」の方はもちろん、実際にそのような活躍をされている方々にも、妙な「これでいいのだ」を感じることがあるのである。

国際的意識高い系の用語として、「純ジャパ」「半ジャパ」「ノンジャパ」というものがある。この分類で言えば、「マイルドヤンキー」は「純ジャパ」なのだろうけれども、「半ジャパ」や「ノンジャパ」にも、同じようなコンフォートゾーン安住の気配を感じる。

つまり、こういうことだと思う。意味があるのは変化のみである。人生は旅なのであって、英語ペラペラでも、その状態に安住していたら、変化がない。それは、「マイルドヤンキー」の「まったり」と、何も変わるところがない。「意識高い系」も、同じように「まったり」しているのだ。

変化しているか、それとも安住しているか、という視点から見ると、「マイルドヤンキー」と「意識高い系」には共通点があるのだと思う。変化を志向する人はいつもざわざわして、ごつごつして、そのざわざわ、ごつごつにこそ、自分のアイデンティティをすり減らし、育てていくダイナミクスの本質がある。

あわせて読みたい

「マイルドヤンキー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  5. 5

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    自民党勝利の現実を見ない知識人

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。