記事

マイルドヤンキーと意識高い系

昨日、ふと、いわゆる「マイルドヤンキー」の方々と、「意識高い系」の方々には通じるところがあるな、と感じたので、今朝はそのことについて書いてみたいと思う。

「マイルドヤンキー」の方々は、地方都市ならば地方都市にいて、そこで仲間たちを大切にまったりと暮らしていらっしゃる。ファッションにも一定の傾向があって、グローバル化とか、英語とか、そういうこととは比較的遠いイメージがある。

一方、「意識高い系」の方々は、常に向上心があって、グローバル化とか、英語とか、そういうことにこそ興味がある、というイメージがある。つまりは「マイルドヤンキー」とは対極のように見える、というのが、普通の考え方だろう。

しかし、昨日ふと思ったのは、「意識高い系」の方々は、グローバル化や英語、向上心という物語を「コンフォートゾーン」として、そこに安住しているという意味では、「マイルドヤンキー」の方々とそんなに変わらない、ということである。そう考えると、いろいろ腑に落ちた。

以前から思っていたのだけれども、学生さんで、これから英語を大いにやって、外資系の企業につとめて国際的に活躍するぞ! みたいな典型的な「意識高い系」の方はもちろん、実際にそのような活躍をされている方々にも、妙な「これでいいのだ」を感じることがあるのである。

国際的意識高い系の用語として、「純ジャパ」「半ジャパ」「ノンジャパ」というものがある。この分類で言えば、「マイルドヤンキー」は「純ジャパ」なのだろうけれども、「半ジャパ」や「ノンジャパ」にも、同じようなコンフォートゾーン安住の気配を感じる。

つまり、こういうことだと思う。意味があるのは変化のみである。人生は旅なのであって、英語ペラペラでも、その状態に安住していたら、変化がない。それは、「マイルドヤンキー」の「まったり」と、何も変わるところがない。「意識高い系」も、同じように「まったり」しているのだ。

変化しているか、それとも安住しているか、という視点から見ると、「マイルドヤンキー」と「意識高い系」には共通点があるのだと思う。変化を志向する人はいつもざわざわして、ごつごつして、そのざわざわ、ごつごつにこそ、自分のアイデンティティをすり減らし、育てていくダイナミクスの本質がある。

あわせて読みたい

「マイルドヤンキー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  7. 7

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  8. 8

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  9. 9

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  10. 10

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。