記事

私が痴呆に関して調べ始めたのは約50年前。当時はもちろん、痴呆症に対する薬もなかった - 「賢人論。」第12回(前編)長谷川和夫氏

1/2
「賢人論。」第12回(前編)長谷川和夫さんは「私が痴呆に関して調べ始めたのは約50年前。当時はもちろん、痴呆症に対する薬もなかった」と語る

認知症の簡易知能検査として有名な“長谷川式スケール”の生みの親。長谷川和夫さんは、1974年に長谷川式スケール(HDS-R)を開発して以来、常に認知症治療の第一人者として時代を牽引してきた。現在は診療の第一線を退いてはいるものの、認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長として後進の指導にあたるなど、その活動はいまなお精力的。そんな長谷川先生に、長谷川式スケールが誕生するまでの経緯や、現代の認知症対策に重要な視点について伺った。

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/鈴木英隆

私が痴呆に関して調べ始めたのは約50年前。当時はもちろん、痴呆症に対する薬もなかった

みんなの介護 長谷川先生が精神科医になったのは20代の後半と伺いました。当時は、当然ですが「認知症」という言葉はなかったわけですよね?

長谷川 そうですね。認知症の前は痴呆症と呼ばれていて、私が取り組み出したのはその頃ですね。それ以前は、やまいだれに疑うという字を使って「癡呆」、ぎぼうと呼んでいたですね。明治時代の初期頃からかな。

みんなの介護 精神科医になってすぐから、痴呆の治療にあたっていたんですか?

長谷川 いやいや、私はてんかんを専門に診ていたんですよ。患者の多くが子どもで、一番多かったのは小学校1年生から中学3年生くらい。痙攣発作の多い病気でね、高齢になるにつれて脳自体の力も弱ってきて、痙攣を起こすだけの力がなくなっていくものですが、子どもはそうではないですからね。発作というのは前触れもなく突如として起こるわけで、発作を起こしている最中というのはずっと意識がないわけで。海水浴中に発作が起きて亡くなったりとか、悲惨な事故もありましたよ。

みんなの介護 それがなぜ、痴呆の治療にあたるようになったんですか?

長谷川 それがまた、具体的にわかりやすいきっかけでね。勤めていた病院の教授が替わったの。当時、私は東京の慈恵医大で医局長を務めていたんですが、私が師事してきた高良武久教授という人が定年で辞められて、その後任として来られたのが痴呆を専門にされていた新福尚武教授という方だったんですよ。

学会からの委託として研究費をもらっての事業だったし。今みたいに認知症学会なんて専門的な組織はなかったですよ。日本医学会とか精神神経学会とか、そうした公的な機関からの受託です。断るわけにはいかなかったし…でも不安でしたね。当時の私は、高齢者を診ることはほとんどなかったし、そもそも痴呆に関しては薬もなかった時代でしたから。50年くらい前の話ですよ。

「賢人論。」第12回(前編)長谷川和夫さんは「認知症に対する薬がなかった時代の対処法は、収容…つまり今で言うところの拘束しかありませんでした」と語る。

「長谷川式スケール」といっても、始まりは私のアイデアではなかったんですよ

みんなの介護 痴呆に処方する薬がなかった時代の、症状への対処はどのようにしていたんですか?

長谷川 収容ですよ。

みんなの介護 今でいうところの拘束…ということですか?

長谷川 そうですね。症状は、今とまったく変わりません。暴言や暴力、徘徊などの症状がきつく出始めたら、施設なり病院なりに収容して、対処をしていました。そんな状況だったので、施設や病院だけでなく、在宅にもどれくらい痴呆症の人がいるのかを調べることになったんです。

みんなの介護 調べる方法があったんですか?

長谷川 ありませんよ。だからその時に、新福先生が「長谷川くん、モノサシをつくってくれ」と言われたんです。痴呆症かどうかを調べる基準をつくれ、と。でも、痴呆症というのは認知機能の衰えですよね。いわゆる知能。知能を測定するっていうのは、目に見えないんだから難しいですよね。特に高齢者というのは、長く生き抜いてきた人たちだから、取り繕うかもしれないですし。

みんなの介護 例えばヒザが痛い…とかであれば、「これだけ曲がるから大丈夫」など、目に見える対処法がありそうですが。

長谷川 痴呆症の検査では、それがないですからね。だから“基準をつくる”ということが大切だったんです。当時、痴呆症を診る医師は精神科医だったので、僕は、精神科医が診察の時に使う質問項目というのを集めてずらっと並べてみたんです。その中から精査していくつかの質問事項をピックアップして、「これができたら1点、できなかったら0点」なんていう方式のテストを作り始めたんです。だからね、「長谷川式スケール」とは言っても、指示があって始めたものだし、質問は他の精神科医が使っていたものだし…で、私自身のアイデアじゃなかったんですよね(笑)。

みんなの介護 それでも、統計を取って、学会の専門誌に発表されたのは先生ですからね。

長谷川 調査を始めたのが1967~68年くらいで、それから約5年後の1973年ですね、学会に発表したのは。もう40年以上前…と思うと、懐かしさもこみ上げてきますね(笑)。

あわせて読みたい

「認知症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    創価学会本部のありえない行為

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    "依存症"諸悪の根源はパチンコ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    橋下氏「譲位反対派には驚き」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  5. 5

    「8時間労働教」という宗教

    自由人

  6. 6

    ガガ レイプ経験でのPTSDを告白

    BBCニュース

  7. 7

    中国反発 南シナ海に英戦闘機

    NewSphere

  8. 8

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  9. 9

    大谷のMVP 満票ではなかった理由

    WEDGE Infinity

  10. 10

    【全文】DeNA会見 社長報酬30%減

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。