記事

「3・12」 女子大生とじいちゃんの交流と「忘れられた大地震」

1/3

長野県栄村に住む「じいちゃん」こと斉藤安五郎さん(83)

(大学生にビデオカメラを持たせてドキュメンタリーを作らせ、ルポを書かせるゼミ授業を運営しています。学生たちが取材する断面にもメディアがなかなか伝えないリアリティが色濃く反映されます。この文章は法政大学のゼミの授業の一環で20歳の女子学生M.Nさんが書いたものです。事実の確認はM.Nさんに任せていますが、長期取材を熱心にやっていて文章に合わせて映像作品も制作していて、彼女が取材した事実であることは教員である私が保証します。以下、20歳のM.Nさんが1年半かけて長野県栄村に数度通って書き上げた記事です。=ここまで水島が記述。以下はM.Nさんの文章になります。)

「3.12」忘れられた大地震

「こうやって笑ってるのも結局強がりなんだよな」

大量のアルバムを片付けながら、じいちゃんは言った。

いつもは冗談ばかりじいちゃんが、寂しそうな顔で重い口を開き語ってくれたのは、思い出したくないけど忘れられないあの日のこと。

長野駅から1日7本しかないJR飯山線森宮野原行きに乗り、電車に揺られること約2時間。 

村の中心部に近い森宮野原駅の無人ホームに降り立つと、懐かしくも嫌気がさすような、田舎特有の草と土の匂いがした。

長野県下水内郡栄村。

新潟県に隣接する県の最北端の村で、わずか2000人の人口のうち半分以上が65歳以上という超高齢化した自治体。

いわゆる消滅可能性都市だ。村で一番大きな駅の駅前だというのに、あるのは営業しているのかすら分からない寂れた数件の商店と旅館だけで人の気配すらない。歩いても歩いてもほとんど人とすれ違うことはなく、たまに目にするのは腰を曲げながら畑いじりをするお年寄りばかり。いつ消えてもおかしくない限界集落。そんな印象を受けた。

そんなこの村が揺れたのは前日の東日本大震災の衝撃も冷めやらぬ真っ暗な明朝、2011年3月12日午前3時59分のことであった。

長野県北部地震。震度6弱、6強という今まで感じた事のない揺れが、立て続けに2度も村を襲った。

「テレビで地震(東日本大震災)の映像を見た後だったからね。怖いなぁと思いながら寝たその日の出来事だったからさ…。揺れももちろんだけど余計恐怖が大きかったね。ここもああなるんじゃないかって」

当時の様子を斉藤栄基さん(65、坪野地区)はそう語る。

一つ一つの地区が離れているため、孤立を防ぐべく、揺れ大小や被害の有無に関わらず村の人口の9割近くが避難を余儀なくされた。

雪解けの遅かったこの年。足腰の悪い高齢者も3メートル近いの積雪の中、避難所へと急いだ。加えてこの日は東日本大震災の翌日であり、長野県内の多くの救助隊は東北へと向かっていたため、わずかな消防署職員・村役場職員のみで対応することとなった。

報道機関も東北での対応に追われ、長野県北部地震は第一報で報じられるのみとなり、村の震災記録集には、地震発生当時、政府すらその地震の発生を知らなかったという記述がある。

わずかな備蓄、そして各地から届いた支援物資で凍えるような寒さの中生活した。最後まで避難所で生活していた当時91歳のお年寄りは、仮設住宅が完成する6月まで村役場で一人寝起きしていたという。さぞ大変だっただろう。そう思い「避難所での生活はどうでしたか」と聞いた。しかし皆、一様に「とっても良く対応してもらった」。

そう答えるのだ。

寿司屋「松海」の主人、上倉良治さん(青倉地区)も

「この村には十分すぎるくらいの支援をもらったよ。むしろ東北の人たちの方が心配だった」

こう語った。

不便だったであろう避難所生活に何の不満不平をこぼすこともなく、自分たちのことよりも東北の人達のことを心配するその温かさに驚いた。

しかし余震の影響も収まり自宅に帰り始めた村民を待ち受けていたのは、受け入れがたい被害の現実だったという。

避難時には見た目ほど被害のなかった家も余震や降り積もった雪の重みのせいで徐々に影響が出始め、最終的に全壊33棟を含む694棟が被災した。これは被害の少なかった秋山地区を除くと、全体の93%にもあたる。村の主要産業である農業も壊滅し、雪解け後も作付できない等の被害を受けた畑・水田が853箇所、他にもキノコ小屋や酪農家も壊滅的な被害を受けた。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  3. 3

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  4. 4

    党名変え分裂繰り返す野党は不要

    かさこ

  5. 5

    自公圧勝、改憲手続き進む可能性

    ロイター

  6. 6

    立憲健闘は反小池票集めただけか

    新井克弥

  7. 7

    このハゲー!豊田真由子氏が落選

    AbemaTIMES

  8. 8

    元都民ファ議員 小池氏にエール

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    自民の過半数議席の獲得は確実

    ロイター

  10. 10

    自民党が圧勝 単独過半数の勢い

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。