記事

飲食店でドリンクを頼まないのはマナー違反なのか? 「水だけだとケチ臭い」「何が失礼なのか分からない」

飲食店で食事をした際、ドリンクを頼まずに無料の水だけを注文することはいかがなものなのか――。ネット上で度々議論になるテーマだ。

「ガールズちゃんねる」に9月4日、「『お飲み物は?』→『お水下さい』は失礼ですか?」というトピックが立った。トピ主の女性は、夫と一緒に少し高めの焼肉店へ食事に行った際、水を頼んだところ、夫が慌ててオレンジジュースを注文しようとしたという。その様子を見てトピ主は、

「わたしはあまり飲み屋などお酒の飲めるところへ行った事がなくてわからないのですが、一般的にはどうなのでしょうか?」?

と疑問を投げかけている。

「食事を頼むなら水を頼んでも失礼じゃない」

トピックで真っ先に書き込まれたのは、「何も問題がない」という意見だ。

「どこが失礼なの?全然普通じゃない?」?
「別にいいんじゃない?」?

しかし、全体的にはそうした意見は少数だ。1杯目に酒かソフトドリンクを頼んだり、別に料理を注文したりすれば、水を頼んでも構わない、という意見が多い。ドリンクを頼まず、水だけを注文するは周囲から見てケチ臭いというのだ。

「1杯ならまだ良いけど、何杯も水をおかわりするのは恥ずかしいな」
「最初から水頼むのは私は無しです お酒飲まないならせめてウーロン茶でも1杯は注文する 一緒に食事してる方からしても相手が最初から水だとケチってる印象しかないです」

飲食店勤務経験者「TPOによってはドリンク頼んだ方がいいお店もある」

客が水だけを頼むことについて飲食店側はどう思っているのだろうか。トピック内には、飲食店勤務経験がある人の投稿もあった。高級フレンチで働いていた、という人は

「記念日とかできてるなーっていうカップル(特別金持ちそうじゃない)は『お水ください』って言われる方も結構いましたよ」

と振り返る。高級店でも水を頼む人は結構いるという。ほかにも、「飲食店で働いてたけど気にした事ないよ。水が好きな人も居るだろうし」 と書く人がいた。

一方で、「接客業していた。自分なら『二度と来ないで欲しい客』ですね。外食したことないの?」と、 厳しい人も少なくない。「やっぱりお店としてはドリンク頼んで欲しいし、TPOによってはドリンク頼んだ方がいいお店もあると思う」 という声もあり、飲食店勤務経験者の賛否は分かれた。

「お飲み物は?」と聞かれたら、せめて1杯は値段が付くものを頼むのがマナーか

飲食店が客に飲み物を頼んで欲しい理由はビジネスモデルにある。居酒屋などでは、料理の原価率を高くする代わりに、飲み物の原価率を低く抑え、全体的に見たら利益が出るようなビジネスモデルを取ることが多い。

つまり、客がお酒やソフトドリンクを注文せずに無料の水だけを頼んでしまうと、店の利益は圧迫されてしまうわけだ。そのため、ワンドリンク制を採用し、一人一杯は何かしらの飲み物を注文するルールを設けている店もあるほか、水が有料の場合もある。

トピック内では飲食店の経営者と思われる人物が

「最初にお冷ではなくメニューを持ってきて『お飲み物はどうされますか?』って聞くところは、飲み物を頼むのがマナーのお店。アルコール類が無理でも、せめて1杯は、お値段が付く飲み物を頼まないと……」?

と、無料の水だけを頼もうとする客に対して苦言を呈している。

あわせてよみたい:社員証付けたままのランチは自慢?

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日デモ 韓国の"報道管制"

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    息をするように嘘ついた蓮舫代表

    木曽崇

  3. 3

    トランプ外交 早くも3つの失敗

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    成宮とホリエモン 報道の問題性

    sionsuzukaze

  5. 5

    難病告白の原口議員と総理の会話

    和田政宗

  6. 6

    アパート建設ラッシュが続く理由

    ヒロ

  7. 7

    小池知事、希望の塾で大胆発言

    伊藤陽平:新宿区議会議員

  8. 8

    よしのり氏"特例法は天皇を侮辱"

    小林よしのり

  9. 9

    自殺問題と"日本型メンタリティ"

    幻冬舎plus

  10. 10

    今さらカジノなんてやめておけ

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。