記事

Suica対応「iPhone 7」は日本人の生活を変えるのか

1/2
鈴木淳也(Junya Suzuki)=文

Appleが発表した「iPhone 7」。防水&FeliCa機能搭載で注目の新iPhoneを「おサイフケータイ対応!」と喜ぶ声は多いが、実は“おサイフケータイ”とは似ているけれどちょっと違う。新しいiPhoneでは、モバイルSuicaのようにタッチ&ゴーで改札を通れるほかに、何ができ、何ができないのか? モバイル決済ジャーナリストの鈴木淳也さんに、現状分かっていることをまとめてもらった。

Appleは9月7日、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」の3製品を発表した。過去5年間、この時期にAppleがサンフランシスコ市内で開催する秋のスペシャルイベントは新型iPhoneが登場する恒例行事となっている。同社最高責任者のティム・クック氏は、今春に行われた米CNBCのインタビューで新製品について「その必要性を認識していないだけで、それなしでは生活できない機能」を搭載していると表現している。新しいiPhoneの“それなしでは生活できない機能”とはどのようなもので、日本人の生活をどう変えるものになるのだろうか。


Apple「iPhone 7」。9月中旬より、NTTドコモ、au、ソフトバンクが販売する。防水・防塵機能のほか、日本版ではSuicaなどFeliCa電子マネーの機能が使えるようになったのが最大の特徴。

進化したiPhoneがたどりついたもの

iPhoneは年1回新製品が登場するが、「iPhone 7/7 Plus」も順当に進化している。1年前の製品に比べれば大きな性能的な差異があるわけではないが、多くのユーザーが携帯端末を買い換える2~3年の周期でみれば、その着実な進化をある程度感じ取れるはずだ。中央でさまざまな処理をこなす半導体チップの性能が向上することで、これまで利用していたアプリの動作がさらに快適になり、カメラの性能が向上することでより綺麗な写真が撮れるようになる。特に上位モデルで大型の「iPhone 7 Plus」では、カメラレンズを本体に2つ搭載することで、これまでスマートフォンでは難しかった自然な望遠ズーム画像が撮影できたり、デジタル一眼レフで撮影したかのような“ボケ味”をもった写真撮影を楽しめる。


iPhone 7の防水・防塵レベルは「IP67」。これは防塵レベルが6級(粉塵が内部に侵入しない)、防水レベルが7級(連続的に水中に置いても有害な影響がない)という意味だ。

だが今回のiPhone 7の最大の注目ポイントは「防水対応」と「FeliCa(フェリカ)チップの搭載」だ。日本で発売されているスマートフォンや携帯電話は、その多くが防水機能に対応しており、多少の水没や水がかかった程度では本体内部に水が浸入して機械を壊してしまうようなこともない。iPhone 7では、iPhoneでは初めて生活防水機能と防塵機能に対応し、前述のようなアクシデントでiPhoneの動作が止まってしまうような事態は防げるようになっている。これまで防水に非対応という理由でiPhoneを避けていた人にとっては購入動機につながる大きなセールスポイントだろう。

そして、iPhone 7ではFeliCaチップを搭載し、日本国内のコンビニや公共交通で広く利用されている電子マネーのインフラが利用可能になっている。これに合わせ、Appleはこれまで世界9カ国で展開していた同社の決済サービス「Apple Pay」の日本でのサービス開始を発表。Apple Payの名の下で東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica」、NTTドコモの「iD」、JCBなどが推進する「QUICPay」のサービスが利用可能になった。SuicaのカードやApple Payに対応したクレジットカードをiPhone内に登録すれば、これら3種類のサービスが利用可能な小売店や自販機、あるいは駅の改札などで“iPhoneをかざしてお金を払う”ことができるようになる。


日本人にとって、新しいiPhoneの最大のトピックは、Suicaが使えるようになったことと言えそうだ。iPhone 7/7 Plusのほか、Apple Watch Series 2も改札で“タッチ&ゴー”ができる


今回利用できるFeliCa電子マネーは「Suica/iD/QUICPay」の3種類。9月8日現在、楽天の「Edy」、セブン・アイ「nanaco」、イオン「WAON」などが利用できるかどうかはアナウンスされていない。

順当な進化だが、特に防水とFeliCaに準拠した電子マネーサービスへの対応は、クック氏のいうように“日本人”の生活にはなくてはならないものかもしれない。あまり代わり映えしないという意見も聞かれる最近のiPhoneだが、iPhone 7については少なくとも日本人にはそう思えないだけの何かがある。次項ではもう少し、このApple Payについて詳しくみていこう。

日本から10年以上遅れて、タッチ&ペイの文化が米国に伝わった

Suicaのサービスが日本で2001年に開始されて以来、「タッチ&ゴー」を標語にICカードを改札の読み取り機に“タッチ”して通過したり、店頭のレジに置かれた読み取り機にかざしてして支払いを行ったりするのは、すっかり身近な行為になった。2004年には携帯電話にこうした電子マネー機能を搭載し、カードの代わりに携帯電話を“タッチ”することで決済を行う「おサイフケータイ」が発表されている。“携帯電話をタッチして決済”することも、日本人にとっては日常の光景である。

しかし、これは日本だけの特殊な環境だった。Apple Payのサービスは2014年10月、米国で始まっているが、それまで米国では“携帯電話をタッチする”という文化がほとんどなかったので、2014年当時筆者が米国のマクドナルドやセブンーイレブンなどで、NFC(Near Field Communication)という非接触通信の仕組みを使って携帯電話による決済をしようと端末を読み取り機に近付けると、店員にいぶかしげな顔をされたり、取り扱いを拒否されてしまうことも少なくなかった。


米国でApple Payを使っている様子。小売店レジ横に置かれたこのような端末に、Apple Pay対応のiPhoneをかざしてお金を払う。

「携帯電話で“タッチ”する」という文化があまり発達していなかった米国だったが、Apple Pay登場以後は特に都市部においてそれほど珍しい光景でもなくなり、調査会社のデータによれば2016年時点でiPhoneユーザーの4人に1人は「Apple Payによる決済を試したことがある」のだという。米国でのiPhoneのシェアが3割強あることを考えれば、人口の1割弱程度はApple Payの仕組みに触れているわけで、これは非常に注目すべき数字だと考える。

もともと、Apple Payの設計思想は「手軽に誰でも使えるサービス」を目標に開発されたという。米国内で発行されているクレジットカードまたはデビットカードをiPhoneで写真撮影して取り込むと、カードを発行している銀行から「バーチャルカード」と呼ばれる仮想的な決済情報がiPhoneに送られて安全な状態で格納される。この状態で「Touch ID」と呼ばれる本体下部にある指紋センサーのボタンに指を載せて非接触の読み取り機にかざすと、指紋認証を経て本人照合が行われた段階で決済が完了する。バーチャルカードは本来のクレジットカードとは異なる形でiPhone内に格納されているので、スキミング等のカード番号を奪取する犯罪行為にも強く、より安全に決済できるのが特徴だ。このように「携帯電話で“タッチ”する」ことの便利さを覚えた米国人が、この分野で先行する日本にiPhone 7でその仕組みを持ち込み、米国流ではなく日本に最適化された形でサービスを実装していくというのであれば、非常に興味深い話ではないだろうか。

あわせて読みたい

「iPhone7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。