記事

16GB版iPhoneよ、安らかに眠れ

米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の16ギガバイト(GB)モデルが7日に死亡した。8歳だった。

 同モデルが誕生したのは高画質の写真や動画、数十種類ものアプリ、基本ソフト(OS)アップデートのための容量がまだそれほど必要のない時代だった。だが、すぐに低価格帯のエントリーモデルに格下げされた。将来は安い価格を懐かしむ対象として、また「空き容量が不足しています」というあまり思い出したくないキャッチフレーズで記憶に残ることになるだろう。 

 16GBモデルが消える代わりに、大容量(現段階では)を備えた3機種が登場する。新型「iPhone 7」は32GB(649ドル~)をベースに、128GBと256GBで展開される

 一方、アンドロイドを搭載した競合機種は以前からエントリーレベルとして32GBモデルを投入している。大半の機種には容量拡張オプションとしてマイクロSDカード用スロットも搭載されている。

 「16GBモデルがなくなるのはさびしい。写真をもう1枚撮るために保存していた写真を大急ぎで削除したことを心底、懐かしむだろう」――。こう言う人は、まず1人もいないはずだ。

 16GBモデルが生き残ると期待した向きもあった。手頃なクラウドストレージというオプションが多くあることを考えればなおさらだ。その中にはアップルが提供し、アイフォーンに最初から組み込まれている「iCloud Drive(アイクラウド・ドライブ)」も含まれる。だが、画像や映像、アプリなどが保存される場所はやはりまだ手元のストレージなのだ。

 16GBモデルは短命だった「iPhone 5c」の隣で安らかに眠ることになった。葬儀の予定はない。

あわせて読みたい

「iPhone7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。