記事

ファッションはビッグデータでパーソナライズできるのだろうか

1/2

最近「買う側が何がくるかわからない福袋的洋服詰め合わせオンライン販売」を試してみた。「所有しない人生を目指しているんじゃないのか」と言われそうだが、まぁ物は試しである。「好きなものだけ買って残りを返送する」という仕組みなので、嫌だったら買わなくても良いという気軽さもありStichFixとM.M.LAFLEURという2社に詰め合わせの箱を送ってもらった。

StitchFix

StitchFixはサンフランシスコで2011年創業。これまでに4675万ドルを調達している。

「福袋箱」は単発で一回だけ買ってもいいし、毎月、3ヶ月ごとなど定期的に送ってもらっても良い。一応箱代として申し込み時に20ドルをクレジットカードから引かれるが、もし何か購入すれば購入代金からその分引いてもらえる。アイテムの平均価格は55ドルとのこと。

「データ解析でユーザに最適な商品を」ということでデータサイエンティスト60人がAIを駆使していろいろなブランドの服飾品から箱の中身を選んでくれるらしい。チーフアルゴリズムオフィサーという役職には元Netflixの人がなっている。実際には、こうしてデータで選んだ製品を最終的に人間のスタイリストが取捨選択するとのことだが、社員は全部で4400人もいるらしい。リテールはカスタマーサポート系がたくさん必要だし、実際に物流をやるのは労力がいるとはいえ、ひえぇである。

もとい、サイトでサインナップすると、サイズや好み、価格帯などいろいろな質問に答える必要がある。「必要ないもの」として色やアイテムなどをリストアップすることもできる。これが結構長くて15分以上かかった。ついでにLinkedInとFacebookのアカウントにもリンクし、好みやライフスタイルを自由筆記欄にも書いた。

さて、どんな「自分に最適の素敵なもの」が送られてくるかと期待しながら待つこと約1週間。送られていた箱がこちらである。

箱は結構ヤワな感じ。中身の詰め方もかなり適当な感じである。

そして箱の中に入っていたのが冒頭の写真の5点。うーん・・・決して悪くはないのだが、ノースリーブのトップは着てみたら女忍者風で、これは絶対ありえない。長袖は柄もカットも似合わない気がした。ネックレスはデザインは素敵だったが質感が少々安っぽい(値段も相応だったのだが)。ジーンズはほとんど同じものを複数持っている。

ということでGジャンだけ購入した。これはその後も愛用しているが、この箱を受け取る1週間前にとある店の店頭で見て迷った末に結局買わなかったGジャンと酷似しており、ジーンズ同様「すでに持っている」という状態でも不思議はないアイテムではあった。

なお、StitchFixでは「実際の箱を受け取ったあとの個々のフィードバックも生かして、だんだんセレクションが向上していく」としているのだが、これまでに5箱試してみた知人曰く

「すでに持っているものか、絶対好きになれないものか、そのどちらかしかこない感じ」

とのこと。ちなみに私は返送時にサイト上で各アイテムのフィードバックを書いたのだが、それに対し、こんなメールが返ってきた。

Thank you for letting us know you prefer more casual styles and colors.

「もっとカジュアルなスタイルや色がお好きだったんですね」

ええっ、そうなの?フィードバックでそんなことは一言も言っていないのだが。むしろカジュアルじゃない側にふってもらった方がいいという類のことを書いたと思うのだが、機械学習的にはそう判断されたのであろう。もう1回頼んだら何がくるのだろうか。(頼んでいないのでわかりません。)

なお、送られてきたアイテムのクオリティ(コストパフォーマンス)は、好みの問題は別として「これはない!」というようなひどいものではなかった。なので、季節が変わったらもう1回試してもいいかもという気はしている。

M.M.LAFLEUR

試してみたもう一社は2011年にニューヨークで創業したベンチャー。調達額は不明だが従業員は二桁のようだ。こちらは自社ブランドの製品のみ取り扱いで、通常のオンライン販売もしている。そして、福袋的に送ってくる箱にはBENTO BOXという名前が付いている。(ベントーは日本語の弁当なのだが、これ、元の意味から微妙に離れて外来語としてアメリカで使われている・・がその話はまたの機会に。)

届いた箱はなかなか素敵で確かに重箱弁当風であった。上の段の右側はベルト。

中にはワンピース2点、インナーとパンツ、ジャケット風カーディガン、そしてベルトの計6点と結構な品物がずっしり入っていた。(紺色のワンピは長袖)。

どれも形くずれしなさそうで、しかも洗濯機で洗える素材、かつサイズも驚くほどぴったり。なかなかよくできている。東京で働いていた頃だったら箱ごと買ってしまったかも、という感じだ。きっとニューヨークでもこういう格好で働いている人がたくさんいるのだろう。しかし、ベイエリアではこの手のユニフォーム的な服装をする機会が少ない。少なすぎる。なので、ベルトだけ買って残りは送り返しました。(とはいえ結構好みなので一応着て写真だけ撮っておいた。個人的に、「洋服購買欲は着用写真を撮っただけでほとんど満たせる」ということを最近発見したのでこれでもう余は満足である。)

あわせて読みたい

「IT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  3. 3

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  7. 7

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  8. 8

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  9. 9

    山口達也の号泣会見に悲しみの声

    女性自身

  10. 10

    小室圭さんの借金巡る取材秘話

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。