記事

センター入試からマークシート問題をぐっと減らす。日本人の思考パターンを変える大学入試改革を進めます - 「賢人論。」第20回(中編)鈴木寛氏

1/3
「賢人論。」第20回(中編)鈴木寛さんは「センター入試からマークシート問題をぐっと減らす。日本人の思考パターンを変える大学入試改革を進めます」と語る。

前編「20~30年の間には、日本の財政は間違いなく破綻する。今からでも備えられるんだから、安心してください」で日本の社会保障体制が、そして財政が、破綻寸前の危機的状況に陥るまでの経緯について語ったスズカンこと鈴木寛氏。中編となる今回は、いざ破綻したときに対する備えについて熱弁。さらには、教育の重要性にまで言及する。

取材・文/安濃直樹(編集部) 撮影/公家勇人

経済クライシスのダメージを回避するために、私の研究室では東京から100km圏内に疎開地をつくっている

みんなの介護 前編「20~30年のうちに日本経済は破綻する。その点は間違いないので安心してください」は、“安心”という言葉とは裏腹に、不安でいっぱいになってしまうような内容でした。では、破綻するのが既定路線だとして、今のうちに考え得るプランニングはないのでしょうか?

鈴木 ありますよ。今、私の研究室で何を考えているかというと、東京からだいたい100kmくらいのところに、いろんな意味での疎開地を作っておこうということです。というのも、危機というのはいろんなレベルで起こるわけですよね。個人のレベルで起こる場合もあるし、それから家族のレベルで起こる場合もある。会社のレベルでもあるし、地域のレベル、国のレベルでもある。

一方では、避けられないクライシスも考えられますよね。自然災害はあるし、パンデミックの大流行があるかもしれないし…その中には当然、経済破綻もある。そうした中で“キャッシュミニマム”な社会というのを、東京から離れたところでつくっておけば、特に経済クライシスの場合のダメージを少なくすることができるんです。

みんなの介護 具体的には、その東京から100kmのところでどのような生活を想定されているのでしょう?

鈴木 東京から100kmのところであれば、住む家はあるでしょうし、食べ物は物々交換…と、住まいと食事がある程度は約束されます。つまり、やはり農山村の方がキャッシュを使わずに生きていくことができるわけ。こうして衣食住のコストはミニマムに抑えておいて…問題となるのは教育と医療介護ということになります。教育は大人たちがボランティアで教えれば何とかなるので、最後に残るのは医療介護ということになります。

医療介護の中でも、急性期医療にはキャッシュをかける財政がクラッシュしたとき、例えば税収が5割になったとしても、残った税収・資産はともかく急性期医療にあてて、慢性期と介護はその次。むしろ、慢性期医療は、食事と睡眠と運動で予防する。介護も互助でがんばり、キャッシュを最小化する。さらに衣食住は後回しに…という優先順位を、今のうちにデザインしておくわけです。

みんなの介護 農山村であれば身近に作物がありそうですし…、そういう意味では都市部では食べるものにも本当に困ってしまいそうです。

鈴木 都市部では、そのへんに野菜が余っているなんてことはないですから、飢え死にすることだって考えられますよね。なんてことを、考えてばかりでは始まらないので、大学のゼミや、大人の方向けの「社会創発塾」では、群馬県南牧村や千葉県南房総地域で実際に古民家を借りての社会実験を始めているんですよ。まさにリサーチ・バイ・ドゥーイング、です。

南牧村では毎週土曜日に入れ替わり立ち代りにいろんな人が行って、南牧大学というNPO的活動も立ち上げて。具体的に、貨幣経済がクラッシュしたときに、人間がどこまでキャッシュミニマムで生きていけるのかということについての、ある種の実証をやっています。

それから、今関心をもっているのが瀬戸内。都会が破綻する…と考えると、関西圏から100kmに位置するあたりにも注目しています。瀬戸内海は全部が生け簀みたいなもので、田畑も含めて食べ物が豊富だし、要するに飢え死にしない土地。かつ、歴史を紐解いても、邪馬台国でさえあそこを通って奈良に行ったわけで、3000年もの間、貨幣経済、あるいは国家が十分に成立する以前から人が生きていたわけですから。

要するに何が言いたいかというと、今、近代国民国家システムが壊れようとしているわけです。明治維新から考えると、約150年かけて作り上げてきたものが崩壊の危機を迎えている。だけど、その前から残ってきたものは、これから先も残っていくわけですよ。50年続いたものは50年の命、500年続いたものは500年の命…と考えると、この150年より前から続いているものは何なのか?を考えるのは非常に大事だということです。それもあって、瀬戸内に注目しているんです。

あわせて読みたい

「センター試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計審議 安倍首相の答弁に嘘

    若狭勝

  2. 2

    予算委 前川氏に明らかな矛盾点

    和田政宗

  3. 3

    閉会中審査で更に深まる加計疑惑

    辻元清美

  4. 4

    厚切りが日本人の出世術に苦言

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    首相の賭けが裏目に出た加計騒動

    郷原信郎

  6. 6

    前川氏は矛盾だらけで信憑性低い

    和田政宗

  7. 7

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  8. 8

    「飛び降りろ」教師暴言は風評か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    宝くじは還元率低い「貧乏くじ」

    内藤忍

  10. 10

    加計騒動 首相への喚問で決着を

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。