記事

「不透明な街」歌舞伎町から「ぼったくり」がなくならない理由 武岡暢氏インタビュー -本多カツヒロ-

1/2

「『全部こみこみで4千円です』と説明して客9人を入店させたが、支払いの段階で『このままじゃ終わらねえぞ』などと威圧的に話して約266万円を取り立てた」(日経新聞2015年6月16日夕刊・本書より抜粋)————この新聞記事に典型的に見られるような新宿・歌舞伎町での「ぼったくり」に関するニュースは後を絶たない。最近では警察が以前より積極的に介入するようになってきているとも報道されているが、それでは、そうした介入にもかかわらずなぜぼったくりはなくらないのだろうか。そしてこのぼったくりを生み出し続けている歌舞伎町という街は、いったいどのような構造になっているのか————。

 『歌舞伎町はなぜ〈ぼったくり〉がなくならないのか』(イースト新書)を2016年6月に上梓した首都大学東京都市環境科学研究科特任助教の武岡暢氏に話を聞いた。

――今回の本では、日本を代表する歓楽街である歌舞伎町とぼったくりについて書かれています。アメリカで大ベストセラーとなった『ヤバい経済学』(東洋経済新報社)には売春婦のヒモであるピンプについて書かれていたと記憶していますが、歓楽街そのものの研究というのは珍しいのでしょうか?


武岡:海外では『ヤバい経済学』の著者であるスティーブン・D・レヴィットの相棒で、社会学者のスディール・ヴェンカテッシュがスラムのギャングや地下経済などの研究を行っていて、日本でも『ヤバい社会学』や『アメリカの地下経済』(日経BP社)という本が翻訳されています。また関連する学術論文もあり、ヴェンカテッシュの仕事は歌舞伎町について研究する際に参考にできる数少ない先行研究でした。

 彼が共著者とともに書いたある論文では、75名の入居者のうち50名がセックスワーカーであるというシカゴ大学近くのアパートで、セックスワーカーを全数調査しています。セックスワーク研究が日本に比べて盛んな海外でも彼のような調査は珍しく、ほとんどの研究が売春という現象や売春婦という主体に焦点を当てたものです。セックスワークが行なわれている場所や空間に焦点が当たることはほとんどありません。

日本でも都市社会学や地域社会学といった都市や地域の空間を扱う社会学の領域では、歌舞伎町よりもっとスケールの大きな自治体レベルの研究が盛んです。より小さい街頭の空間などが取り上げられることも時折ありますが、600メートル四方の歌舞伎町という中途半端なスケールの空間の研究は珍しいと思います。

 私自身はそもそもぼったくりという「犯罪」について興味があったわけでなく、歌舞伎町全体の社会構造がどのように維持・再生産されているのかということをテーマに博士論文を執筆しました。

あわせて読みたい

「ぼったくり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  3. 3

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  4. 4

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  5. 5

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  6. 6

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  7. 7

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  8. 8

    少子高齢化で進む中年ひきこもり

    田中俊英

  9. 9

    訪日客増加も旅行社が低調のワケ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。