記事

次期学習指導要領はどうなるか

雑誌の特集や書籍の企画を考えるのが大好きだ。こんな特集ができたら面白い、こんな本ができたら面白いと、大風呂敷を広げてみる。しかしいざ実際に記事を作る段になるとこれが苦しい。企画書の段階でこんな大風呂敷広げるんじゃなかったと後悔することもしばしば。しかしそれでもやり遂げるといいものができあがる。

2020年以降順次実施される次期学習指導要領の方向性について、中央教育審議会の部会が審議まとめ案を発表した。

英語の教科化、プログラミング教育の実施など盛りだくさん。さらにアクティブ・ラーニングという時間のかかる教育手法にもかかんに取り組む方向性。まさにそのために総合的学習の時間を導入したいわゆる「ゆとり教育」は記憶に新しい。名称を変えて再登場といったところ。

「ゆとり」のときには時間がかかる分学習量を減らそうという話だった。しかし今回は「ゆとり」が批判を浴びた反省から、学習量は減らさないことを馳前文科大臣が宣言している。このままいけば授業時間は純増だ。
関連記事 http://digital.asahi.com/articles/DA3S12539087.html

今回の次期学習指導要領の理念は素晴らしい。まずは理想を掲げることは必要だ。しかしそこから先、理想を現実に落とし込む作業には大きな苦しみを伴うだろう。中央官庁が理想だけに基づいた「企画書」を作って現場に丸投げして、「実現できないのは現場のせいだ」というのだけはやめてほしい。

かつて某県の教育委員会が高校入試改革を画策しているとき、私はそのブレーンの大学教授に取材したことがある。彼は学者として理想的な高校入試のあり方を掲げた。しかしその青写真、理念先行で、現場の教員のことも保護者のことも子供のことも見えていない代物だという印象を強く持ったことを覚えている。その教授は「せっかくいいものをつくったのに現場や保護者がなかなか理解してくれない」というようなコメントをしていた。

それではだめなのだ。

あわせて読みたい

「学習指導要領」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  3. 3

    GPIF2.4兆円黒字 民進党の対応は

    吊られた男

  4. 4

    東京新聞の賭博批判はブーメラン

    木曽崇

  5. 5

    タイ新国王 3回の離婚に賭博癖

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    ポリコレ放棄で弱体化する米国

    松井博

  7. 7

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    悪質な陰謀論「ピザゲート」とは

    BBCニュース

  9. 9

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  10. 10

    "人手不足"が労働環境を改善する

    金子洋一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。