記事

良い学校から良い会社だけではない、「ユーチューバー」を新たな選択肢に

鎌田和樹=談
宮内 健=聞き手、構成

「うちの子がファンみたい!」

――ユーチューバーが子供の人気を獲得したのはなぜでしょうか。

鎌田和樹
UUUM株式会社代表取締役CEO

1983年、東京都生まれ。19歳のときに携帯電話販売の世界に飛び込む。テレコムサービスにて携帯電話ショップチェーン出店を担当する。ソフトバンクショップを単月で100店舗ほど出店したこともあるという。店舗運営やアライアンスなどを経験後、2011年にイー・モバイル代理店の代表取締役を務める。その後、孫泰蔵氏と出会って衝撃を受け、ベンチャー企業に転ずる。2013年、HIKAKIN氏との出会いを期に独立する。同年10月、UUUM株式会社に商号変更。
UUUM>> http://www.uuum.co.jp/


【鎌田】面白いからでしょうとしか言えませんが、昔の小中学生が「昨日のガキ使見た?」「ひょうきん族見た?」と話題にしていたものが、いまは「昨日のHIKAKIN見た?」に変わり、あだ名の付け方も「お前、○○KINね!」になっています。その背景にはスマホの普及とスマートネイティブの増加があります。要はコンテンツがよく見られている場所がテレビからスマホに変わり、そこに一番登場している人物が人気になっている、みたいな。

――他にユーチューバーが人気化した要因はありますか。

【鎌田】私たちは仕掛けている当事者なので言いにくい部分はありますが、その一つにはテレビCMがあったと思います。日本では薬用シャンプー「アンファー」のCMが流れたことで、ユーチューバーと出会う人が広がり、YouTubeの「好きなことで、生きていく」のキャンペーンを機にテレビCMだけではなく、雑誌、屋外広告などのさまざまなメディアへの出演が増え、ユーチューバーに出会う機会が増えたと思います。

また、子どもへの発信が親に影響することもあります。私たちの営業活動では大人の方にご理解いただけないことが非常に多いのですが、自宅に私たちの資料を持ち帰ったときにお子さんから「パパ、なんでHIKAKINの資料を持っているの?」と言われて「うちの子がファンみたいなんだ。1回話そうよ」と電話がかかってきたりと、そんな入り方が多いです。

――大人にユーチューバーが理解されにくい状況はまだ変わっていませんか。

【鎌田】起業した当初は「ユーチューバーって何?」という反応だったものが、現在は「ユーチューバーは知っているけど、よくわからないんだよね」というニュアンスに変わってきています。もちろんマーケティングの専門家で情報の早い人はちゃんとわかっていて、従来のマーケティングでは刈り取れていないところを刈り取ろうというときにユーチューバーを使ったインフルエンサーマーケティングが有効な手法であると認識されていますし、すでにアメリカでは芸能人を使ったCMからユーチューバーの活用に変わってきているので、「この流れは日本にもくるだろう」ということで外資系企業にご利用していただいたりしています。

看護師との両立ケースも

――ユーチューバーはどうやって収益を得ているのですか。

【鎌田】大きいのはやはりYouTubeからの広告収入です。それから企業とタイアップした動画制作やLINEスタンプ、Tシャツなどのアパレルグッズ販売、楽曲制作、テレビ出演料などです。

――YouTubeで集めた注目を活かして商品やサービスを展開する形でしょうか。

【鎌田】いえ、ほとんどが広告収入とタイアップで成り立っていて、グッズなどは稼ぎたいというよりもファンとのつながりのなかで「つくって欲しい」という要望に応えるニュアンスが強いです。もともと昔からやっているクリエイターは、GoogleがYouTubeを買収して後から広告収入がついてきた経緯があって、稼ぎたいからユーチューバーになったというより「面白いからやってみた」というのがスタートの人が多いです。それが12年にYouTubeのパートナープログラムが開放され、誰でも広告がつくようになりました。それもユーチューバーの増加が加速した要因の一つですね。

――定義にもよると思いますが、「ユーチューバーとして食えている人」はどれくらいいますか。

【鎌田】実際の数はわかりませんが、増えてきていると思います。当社に所属しているクリエイターは専属契約とそうでない契約があって、「食えている人」が月収30万円以上という基準だとすると専属のクリエイターはほぼ食えている気がします。もっとも今の仕事を辞めて専業のユーチューバーになることが必ずしも正しいとは思いませんし、いまYouTubeの「好きなことで、生きていく」キャンペーンに出演している関根理紗は看護師とユーチューバーという2つの仕事を両立させています。

――これからユーチューバーになりたい、ユーチューバーとして成功したい人はどうすればよいでしょうか。

【鎌田】とりあえず動画をYouTubeにあげてみましょう。携帯一つあれば誰でもできる時代じゃないですか。つくった動画を10人の人が見てくれるだけで嬉しいと思います。見てくれる人がいるから、じゃあ明日も動画をつくろう。あるいはコメントをくれた人のためにまた新しい動画を上げよう。そんな風に感動が積み重なって雪だるま式に増えていくことが、動画をつくり続けるきっかけになると思います。

社会性を教えるのは責務

――ユーチューバーになろうとする子供を心配したり、反対したりする親もいると思います。そうした親がいたらどう説得されますか。

【鎌田】親の心配というと「ユーチューバーで安定した収入や生活を得られるのか」だと思います。それこそ大学生が「就職せずにユーチューバーになる」と言い出したときはそうでしょう。でもユーチューバーになりたい当人と話をすると、「もしかするといずれ就職するかもしれないけど、楽しくていましかできないことをできる限りやりたい」という気持ちが強い。そこで私たちが個人の活動を会社としてサポートすることによって、安定した収入と生活になるべく近づけるようにしたいと考えています。

UUUM社内の様子

親御さんに「安心して下さい」とまではなかなか言えませんが、「子供が大学を卒業しユーチューバーとして上京するけどUUUMがあるから安心だね」と言ってもらえるようにしていきたい。たとえば私たちはクリエイターを育成するのはもちろん、クリエイターも社会人なので社会性の部分を教えてあげるのは会社の責務だと思っていて、クリエイターに対してコンプライアンス研修を行ったりしています。もし反対する親を説得するとすれば、こうした材料を使うことになりますね。

――今後、ユーチューバー市場は拡大していくのでしょうか。

【鎌田】「うん」と答えないと自分たちのビジネスを否定することになってしまいますね。昔はみんな大学を卒業したら良い企業に入社することを目指したところから、自分たちで起業する人たちも出てくるように変わってきて、その流れのなかでどこにも属さずユーチューバーになるという働き方が出てきました。

家のなかから簡単に動画配信ができるようになる一方、企業のマーケティング手法もテレビCMだけではなくさまざまな手法が出てきたなかで生まれた職業がユーチューバーです。ユーチューバーが良いか悪いかと一概に決めつけるのではなく、いまはそんな時代になっていることを理解していただけると嬉しいです。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    苦境に立つ元民進の大物議員たち

    BLOGOS編集部

  2. 2

    ハゲに不倫…お騒がせ議員当落は

    田野幸伸

  3. 3

    辻元清美氏に山本一郎氏から激励

    辻元清美

  4. 4

    イシグロ氏へ勲章は国の恥さらし

    清谷信一

  5. 5

    「安倍ヤメロ」を煽る朝日新聞

    深沢明人

  6. 6

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

  7. 7

    水戸黄門 入浴は元AKB篠田で継続

    文化通信特報版

  8. 8

    「若者は右派望んでいる」はウソ

    SYNODOS

  9. 9

    よしのり氏「1に立憲、2に共産」

    小林よしのり

  10. 10

    スバルの強さは選択と集中がカギ

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。