記事

麻疹 新たな拡大 それとも同じ感染源?

台風は関東を避け、東北、北海道に被害をもたらしました。本当今年は変なことばかり起きる。

そしてまた麻疹患者の発生報告が出ました。(関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状

前回の記事(麻疹患者のコンサート観戦 知らないことで他人に感染させる災害!まさに生物兵器!ワクチンの重要性!)(表題少し煽りすぎました。)でも書きましたが、本当感染力の強い感染症です。

結核も話題になっていますが(学習塾で56人が結核に集団感染 千葉 船橋)、空気感染する本当にタチの悪い感染症で、そのくせ症状は発疹出るまで風邪と区別つかない。隔離されなければどんどん患者は鼠算式に増えていきます。

基本治療は対症療法、安静、隔離しかなく、いかに感染を拡げないかしか方法はありません。ひどい後遺症を残す合併症も起こすため、本当かかったら神に祈るしかありません。(少し言い過ぎですが)

ワクチンがとても効果があり、それこそもうすぐ日本でなくせそうな勢いだったので残念です。今回かかった人は打っていなかったのかな。それこそ2007年の大学生の時と同じで効果が弱くなっていただけ?

前回の幕張メッセでの感染事例、旅行先で感染したとのことですが関西空港を使ったのでしょうか。ただ家族の感染を考えると、潜伏期の観点上他の旅行者の可能性も高くなると思いますが。

これだけ国際間の往来が激しいと、日本ではほとんど無い感染症にかかる可能性が高くなります。 そのために旅行医学というものが発達し、そのような感染症地域に旅行する際ワクチンが推奨されています。ワクチンの副作用で体を壊すより、感染症で体を壊す確率の方が明らかに高いからです。

自衛隊は海外派遣の際ワクチン摂取は義務です。それこそ空港勤務の方はワクチン摂取を義務付ける必要があるかもしれません。

感染症医の間では多分連絡が取れていると思うのですが、前回も書いたように保健所が積極的に動く必要があると思っています。情報を現場に。 

あわせて読みたい

「感染症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  2. 2

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  3. 3

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  4. 4

    英国で激増 硫酸で女性狙う凶行

    木村正人

  5. 5

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  6. 6

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  7. 7

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    説明責任果たした蓮舫氏に感動

    小林よしのり

  10. 10

    二重国籍のまま大臣務めた蓮舫氏

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。