記事

【アダルトVR】 "アダルトVRエキスポ2016"レポート──飛躍にはイノベーションが待たれる


ニコニコニュース オリジナル

 アダルトVRエキスポは、最先端のVR技術と人類の根源たるエロを融和させようという志を持ったクリエイター、企業が集うイベント。ゲームの文脈から参加している同人クリエイターもいれば、アダルトビデオやハードウェア・グッズの文脈から参加している企業などもあり、すべてが"エロ"というキーワードひとつで繋がっている。奇跡のような催しなのだ。

 2016年6月に開催された第1回では、予想をはるかに上回る来場希望者が集まり、一般入場開始20分で以降の入場の中止を主催者側が判断。秋葉原の路上に500人規模の入れなかった好事家が溢れる騒ぎとなった。

すべての写真付きで記事を読む

関連記事:
【アダルトVRフェスタ】主催者「リアルはコスパ悪い」 超満員で入場不可の"アダルトVRフェスタ01"という試みとその先

 その轍を踏まえ、第2回となるこのアダルトVRエキスポでは、大きな会場を押さえ、事前に来場者を募り、人数を絞ったうえで開催する予定だったが、開催2日前に会場周辺の住民の要望を受け、別会場に変更となった(主催が区役所に呼ばれ、20人程度の陳情団相手に協議をしたという)。

 このようにいろいろな意味で注目を集めるアダルトVRの催しに、電ファミニコゲーマーは前回に続いて参加。なぜならアダルトVRは、ゲームと並んで間違いなくVR普及の鍵となるからだ。2016年8月27日、当日会場で体験できたアダルトコンテンツ群の様子と感想をお届けしよう。

 またこのイベントの模様は、当日ニコニコチャンネルで生放送をしている。タイムシフトで視聴できるので、可能な方はそちらも併せてご覧いただくといいだろう。

現状ではヘッドトラッキングのみの映像コンテンツが主流

 変更となった会場は都内某所の撮影スタジオ。第1回は平面に広いフロアを使ってコンテンツを展示していたが、今回はやや狭いながらも5フロアにわたって展開。フロア内のエリアごとにさまざまな状況がセッティングされており、独特の雰囲気の中での催しとなった。

 展示されていたコンテンツは、(1)インタラクティブな映像をVRで体験するもの、(2)インタラクションの少ない映像をVRで観るもの(とはいえヘッドトラッキングはたいていある)、(3)アダルトモチーフのゲーム、(4)アダルトAR、(5)アダルトグッズ・その他に大きく分けられた。今回はこのうちの(1)、(2)の比率が高く、同種のコンテンツとの差異化が各コンテンツホルダーの課題となると感じられた。

 それでは上記の分類によってそれぞれのコンテンツを展示者別に見ていこう。

インタラクティブな映像をVRで体験するもの

【VRJCC】
 前回のアダルトVRフェスタ01で話題をかっさらった『なないちゃんとあそぼ!』を再出展。ドールにスマートフォンをセンサーとして装着して取っ組み合うと、Oculus Rift /HTC VIVE内のなないちゃんがドールの動きに合わせて体位を変えるというものだ。
 今回の展示ではベッドでなないちゃんと遊ぶことになり、より臨場感がアップ。インタラクティブ性の高さと、キャラクターの愛らしさが相まって今回も人気を博していた。

 余談だが、コンテンツ名の"なない"は実在の人物(参加スタッフの女性)から取られたもの。VRJCCのツイッターをたどると、御姿を拝見できる。

【KISS】
 今回の展示の中で技術力の高さが伝わってきたのが、『カスタムメイド3D2』というソフトを出展していたこのブースだ。ソフト内のメイドたちに、各種コスチュームから触れ合いたい状況に至るまで、恐ろしいほどのカスタマイズをしてスキンシップを取ることが可能だった。聞けばオトナの触れ合いパート以外にも育成パートがあり、資金を稼いでカスタマイズのパーツを揃えるなど、カテゴリーがアダルトであるだけで、ゲームとしてガッチリ作られていることが解る。

 さらに同社開発のギアを使えば、スキンシップ時のメイドたちにインタラクトが可能。256段階で感知するセンサーがギアへの挿入の深さを読み取り、メイドたちの反応が変わるのだ。
 会場では、擬似的にギアに干渉することでデモを披露。人だかりが絶えず、今回は見ているだけで終わったが、さまざまな状況が整えば、買って帰ろうかという代物だった。もちろんギア付きのセットをだ。

インタラクションの少ない映像をVRで観るもの

【ImagineVR】
 ImagineVR はVRコンテンツに特化した配信プラットフォーム。この日はすでに配信中の『Beach HouSeX』(Oculus Rift /HTC VIVE対応)と、未配信の『VRカノジョ。』、『FemDomination - The Slave』の3本が展示されていた。

 今回体験したのは未配信の2本。『VRカノジョ。』は自室めいた部屋のベッドに座ってカノジョとの会話を楽しむコンテンツ。プレイヤーも椅子に座って体験することになる。下着が丸見えだったシーンもあったが、おもに会話がメインで、会話中にカノジョとの距離が狭まると高揚感をおぼえ、ニヤニヤとハッピーな気分になれるものだった。

 一方の『FemDomination - The Slave』は、仰向けで楽しむ代物。ソファーに寝そべり、モニターを覗くと自分の上にはエキゾチックな謎の美女が馬乗り。どうやら自分は縄で繋がれ身動きができない状態のようだ。馬乗りの美女は自分を好き勝手に弄んでいる。うーん。これはこれでうれし恥ずかしい。
 なんてことを考えながら寝そべっていると、後述するSSI JAPANのReal Bodyというトルソーがお腹のうえに置かれた。体温こそ感じられないが、下腹部に重量感を感じるだけで、インタラクティブ感や没入感がグッと増したのが印象的だった。

【HBOX.JP】
 スマートフォンによる、360度視野と立体音響を備えたアダルトVR動画が楽しめた。
 楽しめただけでなく、ビデオに出演した女優さんたちも来場しており、華やかであると同時に、いま観た動画の女優が目の前にいると、なんだか申し訳ないやら興奮するやらとても不思議な気分になった。

 ヘッドトラッキングで視界を動かしながら観る動画は、やはり既存のAVには表現できないVRならではの臨場感がある。卑猥な立体音響も没入感の増幅に大きく寄与している。第1回フェスタの感想にも書いたが、「見たいところが見たいだけ自分の意思で見られる」のは興奮度が高く、VRの没入感とエロの相性のよさを思い知るばかりだ。

 映像をVR化しただけといえばそれまでだけど、スマホの手軽さと得た興奮度合いのコストパフォーマンスを考えると、アダルトだけでなく、VR全体で今後真っ先に伸びていくカテゴリなのかもしれないと感じた。

【VRゴリラ】
 第1回のリポート記事のインタビューで反響を呼んだ、主催の吉田健人氏が率いるブース。畳に布団敷きという既視感の強い旅館風の和室で、スマートフォンによるアダルトVR映像が楽しめた。

 吉田氏いわく、主観での正常位という体位へのこだわりや4K画質対応などでほかとは差別化がなされており、ドール併用で臨むのがより正しい楽しみかたとのこと。

【明大MACS】
 「人とコンピュータの自然な意思疎通」を最終目標とする、大学のサークルによる出展。スマートフォンに表示された女の子から、バイノーラルで言葉攻めを受けるというコンテンツだ。

 モデルのクオリティはまだまだ発展途上。ただし、言葉は声優に依頼したというだけあり、「自分で気持ちよくなれ」とそそのかされ続けていると、そういう傾向がなくても、だんだん妙な気持ちになる力がある。

【PORNOS】
 こちらもスマートフォンで、VR内の女の子とのやりとりを楽しむコンテンツだ。キャラクターの愛らしさもさることながら、"伊ヶ崎さん"なるプロ声優の音声データが臨場感を格段に引き上げていた。

 椅子に座った状態でスタートすると、いきなり背後からバイノーラルでかわいい声が呼びかけてくる。ここで開発スタッフが女性の胸をかたどった柔らかなアダルトグッズを背中に押しつけてきた。かなり生々しい耳元への攻撃と背中に受ける感触で、興奮度は最初からクライマックス。少し放心していると、キャラクターがいつの間にか自分の足下に跪いている。後はご想像のとおりだが、バイノーラル+VRは底なしにヤバいと強く実感できた。いいじゃん。すげえじゃん。

【フューチャーリープ】
 スマートフォンでアダルト映像を体験できたこのブース。ふだん見馴れたAVが(自分が見たのはみづなれいだった)が、VRになっただけで臨場感が増すことをやはり思い知らされる。ユーザーは仰向けに寝そべっているのがデフォルトで、登場する女優の皆さんがご奉仕してくれるわけだが、声だけを聴きながら天井を仰ぎ見たり、逆さに跨られているのをしげしげ眺めたりと、VRは視聴でなくて体験であるということがよくわかる。

 「速い動きは酔いやすくなるので、ゆっくり動かしてます」との心配りもうれしい。作品は9月リリース予定で、専用アプリをダウンロードして楽しむことになるとのことだ。

アダルトモチーフのゲーム

【白濁プロジェクト】
 今回出展されていたブースのなかで、いい意味でいちばんバカっぽかったのがここ。コントローラを使って画面内のドローンを主観視点で操作し(つまりドローンは映らない)、山岳地帯に出現して仁王立ちで黙々と過度なスキンシップを取っている巨人の男女に体当たり攻撃する、というゲームだ。何を言っているかわからないかももしれないが、かなり正確にお伝えしたつもりだ。

 HMDを装着したら、あとは巨人の男女が触れ合っている部分にドローンでガンガン体当たり! ぶつかる場所によって点数が決まっていたり、時間制限があったりなど、ゲーム的な要素があるのだが......バカゲー以外の何者でもない。ただ、女の子の巨人をいろいろな角度から舐めまわすようにドローンで偵察できることには、ロマンを感じる部分があった。

【くつした企画】
 悶々とさせられるブースが多かったなか、ほのぼのさせてくれたのがこのブースだ。女性用、男性用それぞれ異なるデバイスを使ってレトロ感あふれるミニゲームがプレイできた......のだが、これがデバイスをそれぞれの局部で操作するという代物。女性は圧迫により、男性は角度によりキャラクターを操作することになる。説明を聞いてヘンな笑みがこぼれたが、じつは今回の全展示でいちばんフィジカルでイノベーティブなものであり、三十歩くらい進んだ先には、光る何かが埋まっている気がしなくもない。

【クロマキーレイヤードAR】
 前回も出展されていたARによるクロマキー合成がパワーアップ。スマートフォンにに映った実際の映像にバーチャルな画像を合成するARの技術を使い、トルソー型のドールを撮影しつつ、その頭部に事前に設定した好きな顔を投影してしまうというものだ。

 この日の視聴時は、アダルト女優のJULIAを模したドールとJULIAの顔を合成。セッティングもバッチリ行われていたため、合成に不自然な繋がりが少なく、地味ながら驚かされた。技術が進めば、いわゆるコラ的な楽しみが捗るのかもしれない。

アダルトグッズ・その他

【C&Jプロモーション】
 ここでは、インスタ360という全方向3Dカメラ試作機を使ったデモンストレーションが行われていた。セクシーなタレントの水着姿をそのカメラを固定して撮影。離れた位置のスマートフォン用VRでライブで眺められるというものだ。当日は会場なので至近距離での試遊となったが、遠隔地への配信を目的にした技術と思われる。

 試遊しながら、直接だとあまりジロジロ見られないいろいろなところをしつこく眺めていたが、じつはこの技術は対象がアダルトコンテンツでなくてもいいことに気づいた。夏フェスの会場の空気を自宅で臨場感あふれながら楽しむことなど可能なのでは、と考えると、じつはもっとも可能性を秘めた試みと言えるのではないだろうか。

 このほか直接VRやゲームには関係しないが、この日、会場のあちこちで見かけたトルソー型のドール、SSI JAPANの"Real Body"や、サウンドに合わせて振動するNula社のアクチュエーター"ONASIS"など、VRに加えるだけでかなり効くスパイス類も展示されていた。

 またアダルトVRエキスポ2016の中で唯一"人物"が出展物という、まさかのブース"サメジ部長"に話を聞くと、現在はスマホアプリとして『カウガールVR』を開発中とのことだった。

すべて見終えて

 映像中心のコンテンツの多さが目立った第2回のイベントだった。視界360度、バイノーラル音声が当たり前となりつつあり、他のコンテンツと差別化を図るため、各出展者ともドールなどを添えていたが、それもまた横並び感が強く、まだまだ発展途上のアダルトVRだが、すでにある意味イノベーションが待たれているように感じられた。

 これら映像がメインのコンテンツには、たいていドールやデバイスが添えられており、視覚・聴覚が満たされると、つぎに触覚が求められていることもよくわかる。当たり前だ。アダルトVRが性行為の代替物だとしたら、触覚まで(あるいは嗅覚まで)満たされてこそ、初めて臨場感となるのだろう。

 たとえばアイデアよりも先にクオリティベースで、高級ドールのメーカーがVR側に踏み込んでくるなどまで、つぎのブレイクスルーはないのかもしれない。だが、アダルトビデオやアダルトゲームが世を賑わせるようになって30余年のあいだにさまざまなアイデアのコンテンツが登場してきたことを思えば、きっと想像を絶する領域からアダルトVRはつぎの進化を見せるのだろう。その起点は追って記事にする主催者の言葉にあったように、海外からなのかもしれないし、地方からなのかもしれない。

今後は海外展開とクリエイター養成を──日本アダルトVR推進機構の吉田氏に訊く

 メディア試遊の最後に、日本アダルトVR推進機構の代表、吉田健人氏への合同インタビューが行われた。前回のイベント時のインタビューの衝撃からか、集まった取材陣も体感で4倍増ほどに。話題となった会場変更の実情についても触れられた。

■来場者・規模について

──今日の来場者数はどのくらいになるのですか?

吉田健人氏(以下、吉田氏):
 今回の来場者数は非公開なのですが、応募は1500名くらいでした。

──前回に比べると?

吉田氏:
 前回の数は、会場内にお越しいただいたかたでだいたい200~300名ほど。一般の方はスタート時に建物に入られていた160名のみお入れさせていただいていた感じです。ただ、外にお並びいただいていた方が、だいたい500~600名はいらっしゃった。今回は応募の時点で1500弱の申し込みがありまして、ほかにも取材やゲストなどがだいたい200~300名になりますので、市場として考えると大きくなっているのかなという印象です。

──スタッフも増員を?

吉田氏:
 スタッフの数も前回は10名ほどで、今回は30名でした。

──次回はどれくらいの規模に?

吉田氏:
 いろいろ調整中ですが、じつは、すでに大きな会場で開催できるように動いております。早いうちに告知できるかと思います。

■会場変更について

──今回、直前に会場が変更になったのは周辺住民の要望があったとのことですが、どんなことが?

吉田氏:
 もともと会場の方にアダルトのイベントをやりますと伝え、イベントの内容自体も弁護士の方にチェックを依頼し、法的には何ら問題ないという状態でしたが、地域の方によくないイメージを持たれていらっしゃる方がいらしたので、会場の変更ということになりました。

──何かを直接言われたのでしょうか?

吉田氏:
 じつは(予定会場のあった)中央区の区役所に呼ばれまして、地域の方20名と直接対面させていただくというようなことがありまして。

──地域の方の懸念は何だったのでしょう?

吉田氏:
 いちばんは、自分の娘さんが襲われるのではと、メチャクチャ懸念をされていらして。「そんなことはないイベントなんですよ」と丁寧にお話はさせていただいたのですが、なかなか理解は得られませんでした。ですので、今回やむなく変更といたしました。

■機構の目的について

──以前のインタビューで、日本アダルトVR推進機構の究極の目的は、「性機能を社会から分離する」ことと、「少子化は悪いことだとは思っていない」という話がありましたが、そのあたりを詳しくお聞かせください。

吉田氏:
 じつは前回のイベント後、一度もプライベートで性交をしていません。したいなとも思わないんですね。というのも、このVRが非常によくて。通常のように自分ひとりでするよりも気持よく、かつ、相手が必要なものよりも気軽なので、いまは非常に好んでバーチャルでしています。
 自分でだと、事後に気だるさや、自己嫌悪的なものがあると思いますが、このバーチャルだと、終わった後に充実感があり、さらにヘッドマウントディスプレイを外したときに、「よし!」って気分を切り替えられるんです(笑)。実際に試していただくと、そういう実感がどんどんご理解いただけるのかなと。ですので、まずは自分が率先してやっていきたいと思っています。
 スマートフォンだって最初に現れたときは不便を感じた方もいらしたと思いますが普及しています。アダルトVRもどんどん浸透していくんじゃないかと思っています。
 少子化については、個人的には出生率0まで引き下げようと思っています。

──(笑)。

吉田氏:
 出生率を0にまで引き下げると子供が産まれなくなるので、そちらは人工培養機関を立ち上げ、人工的に子供を創り出そうと思っています。その前段階として、このバーチャルにより実際の性交を減らしていくと。もともと自分は保育士をしていたころもあり、子どもに関してはいろいろと思うところもありまして。

■展示について

──今回の出展のなかで吉田さんがいちばん注目したものは?

吉田氏:
 自分の性癖からいうとバーチャルでしたいので、その点から『なないちゃんとあそぼ!』が実際に近いのかなと思っています。

■今後の展開

──日本の土壌はAVもあり耕されていると思いますが、今後、海外展開はあるのでしょうか?

吉田氏:
 いま日本のアダルトコンテンツは海外から非常に注目をいただいています。今回のイベントでは実際に海外から何社か取材に来ていただいていまして、お声掛けも非常に多くなっています。日本の萌えのような文化はやはり日本にしかないので。VRに関しては海外のほうがコンテンツ量がありますが、アダルトに関しては日本が優位性を持っているのではないかと思っています。

──具体的に海外でアダルトVRのイベントも?

吉田氏:
 その話もありまして。もしかして年内にあるかもしれません。

──開催地は?

吉田氏:
 場所はまだ言えませんが、アジア圏かもしれません。海外で年内にあるかもしれません。

──さきほど海外でのイベント開催の話がでましたが、海外ではなくて大阪など国内での予定は?

吉田氏:
 そうですね、いま話は進めてはいるところですね。具体的にはまだですが、近々国内のほかの都道府県でも開催ができればと思っています。

──アダルトVRの分野でここを強化してほしい点は?

吉田氏:
 触感がまだもの足りないという認識です。あとは実写ものが、動けたりなどインタラクティブ性が、まだまだ足りていないなと。そのあたりに関して、近々触ったり、覗きこんだりというのができるように、いろいろと挑戦的に取り組みを進めています。

──アダルトVR推進機構として、今後エキシビジョン以外の活動は?

吉田氏:
 機構としては、今後クリエイターさんのサポートに力を入れていきたいと思っています。クリエイター養成のセミナーなど、そういった方面を考えています。

──具体的に投資されて。

吉田氏:
 そうですね。クリエイター養成の環境整備をどんどん進めていきたいなと思っています。アダルトなのでいろいろしがらみが多かったりなど大変なことはありますが、うまく進めていきたいなと。

──どういったしがらみがあるのでしょう?

吉田氏:
 (笑)。最大のしがらみは、いろいろなところとなかなか思惑が一致しないところとかですかね......いろいろあります。

──今後、たとえばVR専門の秘宝館を作るなど、何かPRをする予定などは?

吉田氏:
 (質問者が東京大学からの記者だったので、)ぜひ東京大学でやりたいなと(笑)。大学内でまずやらせてください。今日のイベントでも学生さんが出展されていましたので、どんどんそうした裾野の広がりを今後期待できるのかなと。

ゲーム情報&攻略アプリの決定版「電ファミニコゲーマー」をダウンロード

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]アダルトVRエキスポ2016 潜入レポート生中継 - 会員登録が必要

http://live.nicovideo.jp/watch/lv273767589?po=news&ref=news

あわせて読みたい

「VR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "外見は悪いがモテる男性"の秘策

    PRESIDENT Online

  2. 2

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    ロードスターRF"原点回帰"の狙い

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ビル・ゲイツが選ぶ必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    "残業する人"を評価する日本企業

    非国民通信

  7. 7

    "カジノ解禁"富裕層を利する悪法

    メディアゴン

  8. 8

    VR開発者が明かす"厳しい現実"

    ニコニコニュース

  9. 9

    ヨーロッパで止まない"反EU"の風

    THE PAGE

  10. 10

    ハフポストに記事削除求めた理由

    クマムシ博士・堀川大樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。