記事

“貧困たたきやめよ”/東京・新宿 エキタスが緊急デモ

(写真)貧困バッシングは許さないとデモ行進する人たち=27日、東京都新宿区
(写真)貧困バッシングは許さないとデモ行進する人たち=27日、東京都新宿区

 貧困当事者へのバッシングは許さないと若者らが27日夜、東京都新宿区で「貧困叩(たた)きに抗議する新宿緊急デモ」を行いました。参加者は「生活苦しいヤツは声あげろ」と書かれたプラカードを手に持ち、ドラムのリズムにあわせて「貧困たたきを今すぐやめろ」とコール。小雨が降るなか、怒りの抗議をしました。

 今回のデモは、子どもの貧困をテーマにしたNHKの番組に出演した、母子家庭の女子高校生に対する、インターネット上や国会議員によるバッシングに抗議するために呼びかけられました。

 デモに参加していた、東京都三鷹市の塾講師の男性(26)は「日本には、いろんな形の貧困がある。たたいた人たちは、もっと貧困について学んでほしい」といいます。

 主催は、最低賃金を時給1500円にするよう求めて活動する若者グループ「AEQUITAS」(エキタス、ラテン語で「正義」「公正」の意味)です。

 デモ出発前の集会でエキタスのメンバーで大学3年生の栗原耕平さん、作家の雨宮処凛さんらがマイクで訴えました。栗原さんは「貧困を訴えた高校生を、国会議員が検証することもなくバッシングしたことに怒りを持っています。怒っている人がこれだけいると可視化していきましょう」と呼びかけました。

 NHKの番組で取り上げた女子高校生に対してインターネット上では、外食をしたり、スマートフォンを持っていることから「貧困ではない」などとする誹謗(ひぼう)、中傷があふれています。自民党の片山さつき参院議員もツイッターで「チケットやグッズ、ランチ節約すれば中古のパソコンは十分買えるでしょう」などと発信。これに対し、批判の声があがっています。

あわせて読みたい

「NHK貧困女子高生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    風俗通いリーク? 官邸の人格攻撃

    町村泰貴

  3. 3

    経産省若手提言はなぜ炎上したか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    正恩氏配布の菓子が激マズで悲鳴

    高英起

  5. 5

    退職勧奨を受けたら取るべき対応

    三浦義隆

  6. 6

    自民が維新を与党に入れないワケ

    文春オンライン

  7. 7

    "有名人の店"に破綻が多いワケ

    ヒロ

  8. 8

    国連報告者 菅長官への反論全文

    民進党

  9. 9

    ビル・ゲイツが挙げた必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    中国による日本人拘束の不可解さ

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。