記事

「経営者には“サイコパス”が多い」不都合な真実

1/2
オックスフォード大学教授 ケヴィン・ダットン
取材・構成=国際ジャーナリスト 大野和基 撮影=斎藤久美

「企業トップ」と「連続殺人鬼」……。一見、両極端の人格であるように見えるが、心理学的には深い共通点があった。



トップになるのに有利な“性格”とは


オックスフォード大学教授 ケヴィン・ダットン●1967年、ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学セント・エドマンズ・カレッジのファラデー科学・宗教研究所を経て、オックスフォード大学実験心理学部教授。著書に『サイコパス 秘められた能力』(NHK出版)

――「冷酷」「恐れを知らない」というようなサイコパス特有の性格は、生まれつきのものでしょうか。

【オックスフォード大学教授 ケヴィン・ダットン】

ある程度はそうだと思います。乳幼児期から、サイコパス気質である人と、そうでない人の脳を比べると、違いが実際に多く見つかっています。しかしそういう性格は必ずしも精神に刻み込まれたものではありません。後天的な理由で、冷酷な性格や恐れを知らない性格になったり、リスクを人よりも多く取るというサイコパス的な性格になる場合もあります。

――会社のCEOは、サイコパス度が高い職業調査でトップに選ばれました。CEOのサイコパス度が高いのは、サイコパス度の高い人が出世したからでしょうか。あるいは、肩書がその人のサイコパス度を高めたからでしょうか。

実際はその両方の要素が影響していると思います。権力のある地位につくと、すべての人がそうなるわけではありませんが、相手の気持ちを理解する力が下がることを示唆する証拠があります。

私の研究では、いかなる専門職でも、成功するには2つの要素が必要であることがわかっています。一つはその仕事をするのに必要な「スキル」で、もう一つはそのスキルを最適に運用できるようにする、いくつかの「人格」です。

ビジネスを例に取りましょう。財政上の洞察力、企業経営能力、あるいはMBAなどの「スキル」を持っていたとしても、それだけでは不十分です。「スキル」を実際に運用するための「人格」として、「必要なときにリスクを取る能力」や、「緊急時、重要な問題に集中する能力」「失敗のあと回復するメンタル面の強さ」が必要です。またときには従業員を解雇することも厭わないような「冷酷な性格」も必要です。これらの人格のうち、どれかが欠けていれば、CEOになれる可能性は低くなります。

ですから、サイコパス度がもっとも高い職業がCEOであることは驚くべきことではないと思います。もちろん、そうであるからといって、すべてのCEOがサイコパス的なわけではありません。トップになるにはサイコパス度が高い性格であることが有利で、それを適切な状況で使うことが必要である、ということです。

――CEOがサイコパス的であることは諸刃の剣であると思います。それが、その企業に与える影響についてどのようにお考えですか。

サイコパス度が高い人は、もしある従業員の能力が必要な水準に達していないと考えたら、冷酷に解雇の判断を下すことができます。経営リスクを伴う決断を下したり、それが失敗した場合でも精神的に回復する能力があるので、ビジネスの面はプラスになります。

しかし、その悪い面は、例えば自分が権力を持っているという理由だけで人を解雇したり、十分に計算せずにリスクを取ったりすることがあることです。それらは単なる「無謀な行動」です。失敗の後、精神的に回復する能力があっても、その失敗から学ぶことをしなければ、それはビジネスにはマイナスになります。サイコパス度が高いということは諸刃の剣で、その性格が間違って使われると、会社の状況が悪化します。

――サイコパス度が高い経営者の具体例があれば、教えていただくことは可能でしょうか。

現役の経営者の名前を挙げることはできますが、それをすると、私は頭がおかしくなったと思われるでしょう(笑)。なぜなら、私が「サイコパス度が高いことは必ずしも悪いことではない」といくら主張しても、一般社会では「サイコパス」という言葉にかなりネガティブなイメージがあるからです。

――では歴史上の人物ではいかがでしょうか。

例えばウィンストン・チャーチルは誰もが知っているイギリスの元首相ですが、彼は非常にサイコパス度が高い。それは誰にとっても驚くべきことではないでしょう。ビジネスでも同じですが、周囲の反対にもめげず、決断をしなければならない立場の人には、サイコパス的な性格が必要です。政治家にサイコパス度が高い人が多いことは簡単に理解できると思います。

周囲の人間がサイコパス的だったらどう行動すべきか

――自分の上司がサイコパス的であり、その悪い面が出ていたら、どのような態度で接する必要がありますか。また、どのようにすれば上司から評価され、仕事がスムーズに進むようになるでしょうか。

まず最初にやるべきことは、その上司がサイコパス的であることをはっきりと認識することです。彼らはあなたが間違っていなくても、あなたに罪悪感を覚えさせるのがうまい人です。

次にすべきことは、その上司があなたの同僚をどのように扱っているかを見て、自分に対する扱いと比較することです。自分が同僚よりも悪く扱われていることがわかった場合は、自分が弱い人間であると見られないようにすることが大事です。サイコパス的な上司は、部下の弱さに付け込み、いじめるからです。自己主張をはっきりすることも大事です。

あなたは弱い人間ではないということがわかると、その上司はあなたをいじめるのをあきらめて、別の人に移ります。

もしその上司がCEOのような、人を解雇する権力を持っている場合、残念なことですが、勝ち目はありません。まさに頭の上に「斧」が降りてきます。

――自分の会社の社長がサイコパス的であり、会社全体に悪い面(不正会計や無謀な投資)が出ていると感じた場合、どのようにすれば止めることができますか。

一つの方法は、理事会や取締役会など、そのCEOよりも権力がある組織に介入してもらうことです。金融危機などが生じる原因の一つは、まさにサイコパス的なトップの悪い面です。

――取引先の人間がサイコパス的であった場合、不利な取引を強いられることを避けるには、どうすればよいでしょうか。

それはそれほど難しいことではありません。まず、相手が自分を操ろうとしている、ということに気づくことが重要です。彼らは自分の目的を達成するために、嘘をつきます。一旦相手がサイコパス的であることに気づけば、相手の言うとおりにしなければいいのです。

――仕事で良い結果を出すための「最適なサイコパス度」というものは存在するものでしょうか。

それはどのような職業であるかによります。ビジネスについてはすでに話した通りです。

CEOと同様、サイコパス度が高いという調査結果が出た外科医を例に取りましょう。トップクラスの腕を持つ外科医は、自分が手術する患者の気持ちにはなりません。一旦、自分が手術する患者の気持ちに共感してしまったりしたら、手術の判断が鈍ってしまうからです。それは、非常に危険なことです。外科医は患者の命を預かっているので、瞬間の判断を間違えると患者が亡くなるからです。

弁護士も同じです。いくら法律や事実を覚える能力があっても、法廷で注目の的になるほど、自信にあふれた弁護士でないとうまくいきません。だから、サイコパス度が高い弁護士が成功するのです。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  3. 3

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  4. 4

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  5. 5

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

  6. 6

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  7. 7

    森友問題 財務省が"最も不誠実"

    福山哲郎

  8. 8

    籠池氏の"神ってる"発言を検証

    文春オンライン

  9. 9

    アンチトランプまさかの政権入り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。