記事

最近ネットから、好みの情報との出会いが少なくなってしまった

ふと思い出すと、2003年から2009年ぐらいまでかなぁ。時代背景的にはTwitterが本格化して、Facebookも日本で流行り始めるぐらいまでの期間。はてなブックマークや、RSSリーダー、アンテナとかブログアグリゲーションサイトなどを通じて、SIer出身の人のブログ記事をよく見かけていたのだが、最近すっかり見なくなった。

最近は、すっかり増田で見る、愚痴みたいな話ばかりになってしまった。

その分、得られる情報の質が下がったよなぁと悲しく思っている。

思い起こせば、沢山の人がインターネットでオープンに発信するのを辞めてしまったように見える。

Facebookのクローズドネットワークでは変わらず発言をされているのかもしれない。NewsPicksのpickで活躍している人もいるのだろう。

確かに、情報発信をしても叩かれたりして、そこに神経をすり減らすぐらいなら、そこそこ知人の集まりで好き勝手言ってる方が楽しいのもわかる。

更に言うと、ある種の「知り合いたい」業界人はその段階で飽和していると考えれば、それ以降に流入してくる人たちは出がらしのお茶みたいになっている可能性が高く、もはや情報発信をする価値を感じない、というのもあるのかもしれない。

ただ若い人たちは、毎年、この社会に流入してくるわけだし、技術の話のようなものは社会人になってから検索することも増えるだろう。

これから活躍する若い人との出会いや認知も結構重要だとは思うのだが、まあそういうモチベーションで情報発信をしていなかったのだろうから、仕方ないか。

宮川さんや伊藤直也さんも最近はRebuild.fmの人として認知されているような話も聞くわけですが、特に日本にいない宮川さんは、情報発信を止めてしまったら認知動線がほとんど無くなってしまうわけで、情報発信をし続けることって大事だなって思います。

大体ほとんどの人は同世代とつながってればいいやって思うのかな。僕はそうなってしまうのはとても怖いですけどね。

ちなみに、パソコン通信の時から薄々気づいていたけど、僕個人は、ブログとかパソコン通信とかダラダラ続けて、他によほど面白いことが見つからない限り、最後の方まで発信し続ける自信があったりするので、ブログは別にブームで始めたわけじゃなくて、都合よくツールとしてMovableTypeに出会ってからブログという形で情報発信してきたタイプなので、引き続き何かを書いていくとは思います。特に自分にとってのテーマなく、ダラダラ書くタイプなので、ネタさえあれば枯渇しないんですよね。

でも情報発信の仕方が、別にブログじゃなくてもいいってのはあるかもね。携帯メールはメールのお作法を壊して、必要なことだけを書くようになったけど、Facebookのコメントってそんな感じだし、NewsPicksのそれもそうなのかもしれない。それと同じく、一次情報の発信の仕方も、ブログのように起承転結的に書くのではなく、もっと気楽に書けるのが出てきてもいいかもですね。

さらに言えば一番大事なのって、言葉の流通手段だけの話であって、それが動画でもPodcastでもポエムでも良いんだろうな。自分が一番、誰かに伝えやすい方法さえあればなんでも良いって気はしますね。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  4. 4

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。