記事

2016年、各SNSのアップデートからみる「動画・ライブ配信」に注力する理由

1/2

日々のSNS運用で担当者さんの頭を悩ませるのが、頻繁なアップデート。今年に入ってからもたびたび新機能が発表されたことで一般ユーザーが喜ぶ一方、担当者さんの中には戦々恐々としている方もいると思います。

そこで今回、SNSのなかでも比較的仕様の変更頻度が高いFacebookとTwitter、Instagramにラボ編集部は注目し、仕様変更や新機能をピックアップしてみたところ、どのSNSでも「動画」というキーワードが浮かび上がってきました。

ここにきて、なぜ「動画」コンテンツなのか? 本記事では各運営陣の狙いや期待される効果を整理してみました。

    目次

  1. SNS別 2016年からの変更点
  2. キーワードは「動画」! プラットフォーマーの狙い
  3. Facebook動画から学ぶ、動画コンテンツの可能性
  4. まとめ

1. SNS別 2016年からの変更点


Facebookの注目の変更点

【2016年】Facebookの変更点
1月 投稿にリアクションが可能に
オーディエンスネットワークの拡大
2月 ライブ動画の配信が可能
ニュースフィードのアルゴリズムが変更
5月 360度動画・写真の投稿が可能に
6月 ライブ動画にコメントやリアクションが可能に

Twitterの注目の変更点

【2016年】Twitterの変更点
2月 GIF画像の検索がツイート画面から可能に
3月 「トレンド」にツイート件数を表示
5月 Periscopeによるライブ動画の保存が可能に
 6月 Periscopeがツイート画面に搭載
ツイートできる動画の秒数が30秒から140秒に拡大
7月 認証済みマーク(アカウントが正式なものと認める印)の

ルールを緩和

Instagramの注目の変更点

【2016年】Instagramの変更点
2月 アカウントの切り替えを簡単に
4月 投稿できる動画の秒数を15秒から60秒に拡大
6月 時系列だったフィードにアルゴリズムを導入
8月 24時間で消えるスライドショーInstagram Storiesが導入
検索画面からユーザー好みの動画を表示してくれる動画チャンネル「イベントチャンネル」の導入を発表(米国から)

どのSNSにも共通して、仕様変更のなかに「動画」に関するものが数多くありました。

2. キーワードは「動画」! プラットフォーマーの狙い

前項で紹介した通り、「動画」というのが今年に入ってからキーワードになっているようですが、

なぜ各プラットフォームで動画への動きが進んでいるのでしょうか。この項では各SNSの狙いをプラットフォーム関係者の発言から探っていきます。

Facebookの狙い


https://live.fb.com/about/

「動画の新黄金時代に入っている。今後5年を早送りしてみたら、ユーザーがFacebookで見るもの、毎日シェアするもののほとんどが動画だったとしても驚かないね」

参考:
https://www.buzzfeed.com/sakimizoroki/facebook-live-interview?utm_term=.agd8dDLlq#.jcGkvd4Ol

今年4月に「ライブ動画」機能の拡充を発表したCEOのザッカーバーグですが、発表前日BuzzFeedの電話取材に対して上記のように答えていました。

同社は従来のテキスト中心の投稿から、ライブ映像を含め動画コンテンツがいずれ拡大してくると予想。実際BuzzFeedやNew York Timesなど大手メディア企業と連携し、より多くの上質なライブ動画をフィードに流そうとしています。

Twitterの狙い


160102_twitter_07

「そもそものTwitterの成り立ちがテキストで、そこにストーリーがあるとリツイートされると思うのですが、ここにビデオを組み込むことでリツイートがさらに加速します。」

参考:http://japan.cnet.com/interview/35075657/3/

上記はTwitter Japan代表の笹本氏がTwitterにおける企業PRの特徴について、問われた時の回答なります。

最近ではテキストのコミュニケーションだけが人々の間で盛り上がるのはなく、同社は「ビデオ(=動画)」にも話題化するチャンスを見出しているようです。実際にリツイートや再生といったエンゲージメントも高く、動画ツイートの割合も今年始めから50%も増えてきているそうです。

Instagramの狙い

◆ラボ編集部訳

「ユーザー(=あなた)はフォローしている人のStoriesをフィードの上部で見れて、プロフィール写真の丸枠が表示されれば彼らがStoriesを更新したと分かるようになります。

これは私たちのサービスの中心に動画を据えていく上で、最新のステップとなります。人々はすでにより多くの動画を作りシェアしているため、私たちは動画作成をずっと簡単なものにして行くつもりです」

参考:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10103007623415361&set=a.612287952871.2204760.4&type=3

上記は、8月ザッカーバーグが24時間で消えるスライドショー「Instagram Stories」を発表した後、自身のFacebookに投稿した文章です。

別の取材でInstagram StoriesがSnapchatの要素を取り入れたと開発スタッフも公言していますが、ユーザーの間で広く受け入れられている動画コンテンツを取り入れたかった想いが伺えますね。

3. Facebook動画から学ぶ、動画コンテンツの可能性

最後に、動画コンテンツにはどういった効果があるのか、Facebookの動画投稿に関するデータを参考に考えてみます。

再生回数80億回突破! 再生回数・視聴時間の多さが魅力

12187719_10102457977071041_6621115032203767724_n

動画が自身のフィードに現れて、つい指を止めて見てしまうことは多々あると思いますが、オススメ動画機能(Suggested Videos)など動画視聴環境を整えてきたFacebookは、月間の動画再生回数が80億回、一日あたりの総視聴時間が1億時間超えるほどです。

また、少し古いですが2014年の海外調査によれば、Facebook上では1分間あたり、Youtube動画が323日(=7,752時間)相当見られているそうです。Youtubeという動画専門のプラットフォームがある一方、ユーザーは自分が見たい場所でも動画コンテンツを楽しんでいるように思えます。

そう考えると、「今後5年を早送りしてみたら、ユーザーがFacebookで見るもの、毎日シェアするもののほとんどが動画だったとしても驚かないね」とザッカーバーグが言っていたように、人々の心に浸透しやすい動画コンテンツが今後もニュースフィードを占めていくことは不思議ではありません。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  3. 3

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  4. 4

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  5. 5

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

  6. 6

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  7. 7

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  9. 9

    加計学園の新聞一面広告に驚き

    天木直人

  10. 10

    質問時間比率ばかり見るマスコミ

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。