記事

見えない貧困、見えない富裕を捉える感性

現代の貧困は「見えない貧困」である。
「可視化されない貧困」について、我々は想像力を働かせなければならない。

『おぼっちゃまくん』の「貧ぼっちゃま」は後ろ半分がまる裸のスーツを着ているが、あれはギャグ漫画であって、あんなに分かりやすい貧乏人はどこにもいない。

最近のホームレスになった若者の格好は、ホリエモンやひろゆきと大して変わらないし、飢え死にするわけにはいかないから、仕事は探しているだろうが、仕事にありつくには、スマホは必需品かもしれない。

若者ホームレスは、昔のようにボロをまとって、髪も髭も伸び放題で、汚れで顔が真っ黒というような恰好をして、「いざりでござい」と言ってくれない。
「ひろゆきでござい」と言われたら、金持ちと間違うかもしれない。

貧困層も富裕層も「可視化されない」時代になったという現実認識ができない者が、ネトウヨ体質の者には多い。
感性が鈍いからであり、時代遅れなのだ。

部屋の中に、いくら細々したグッズがあっても、家庭に入る年収が少なければ、進学もできないし、パソコンも買えない。
グッズやモノの入手のし方も、最近ではいろいろ方法があって、大してカネはかからない。
供給過多になってるから、デフレから脱出できないし、個人消費が伸びないのである。

ひろゆきと貧困若者の見た目の差がないという現実にいいかげん気づかねばならない。

貧困は社会のせいじゃなくて、自己責任だという考えが一般的になるほど、新自由主義はこの国に浸透したのかもしれないが、ならば中間層が崩壊した現代では、もはや結婚もできない、子供も産めない、少子化は進む、いずれ移民を増やすという流れは止められないだろう。

要は国のかたちに関する問題であって、貧困家庭の子供が「可哀想」という単純なレベルの話ではない。
ハングリー精神は高度経済成長の時代の産物であり、昔の根性論を振り回してもまったく意味がないのである。
わしより若い者が、なぜわしより感性が鈍いのか?
さっぱり分からん。

あわせて読みたい

「NHK貧困女子高生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。