記事

アマゾンが開発中の定額音楽配信は、スピーカーで標準価格を半分に抑えるかもしれない

amazon-echo-dot

Spotifyやアップルなど他社に遅れまいと、急いで定額音楽配信サービスを開発していると言われる米アマゾン。しかしながら、アマソンは月額10ドルの一般的な価格帯に加えて、さらに付加価値を加えたサービスを展開しようと計画しているようです。

Recodeの情報によれば、アマゾンは月額10ドルの無制限アクセス可能な定額配信と、月額4または5ドルの定額配信の2プランを開発していると伝えています。低価格のプランの大きな違い、それはアマゾンが開発販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」のみでアクセスが可能になるようです。またアマゾンの新サービスは、すでに提供されている、プライム会員のみが利用可能な定額配信「Prime Music」とは異なるサービスです。

関連記事
AmazonがPrime Musicと異なる定額制音楽配信サービスを今夏に開始か | All Digital Music

月額10ドルのプランは、SpotifyやApple Musicなどが提供する一般的な価格。反対に月額4-5ドルのプランは、かつてトライしたサービスは存在したものの、大きな成功を収めること無く終了したケースが殆どです。課題は5ドルと10ドルのプランで明確な機能の差別化が図れてこれなかったことが原因になっています。

あのSpotifyもかつては「Spotify Unlimited」という”4.99″ドル/ユーロの価格帯の有料プランを展開していた過去があります。現在Spotifyはフリープランと月額9.99ドル/ユーロの「Spotifyプレミアム」の2パターンのみを展開しています。

アマゾンのサービスでは、Amazon Echoでのアクセスを可能とする代わりに、スマートフォンからのアクセスは不可。機能は広告無しのフルアクセスと、一般的な有料配信と遜色ありません。


関連記事
アマゾンの2015年ホリデーシーズンで最も人気のオーディオ製品は「ターンテーブル」 | All Digital Music

多くのSpotifyやApple Musicユーザーの視聴スタイルはモバイルアプリ経由で、アップルはユーザー獲得を目指して、これまで禁じ手だったAndroidアプリの開発まで行っています。アマゾンの動きは、定額配信のトレンドにある意味反して、据え置きのスピーカーシステムに依存する形を示しています。

アマゾンの人工知能「Alexa」を搭載したAmazon Echoは、2014年に発売を始め、業界レポートでは2017年に販売台数が1000万台を越えると言われているスピーカーです。

またアマゾンはすでにプライム会員向けに定額音楽サービス「Prime Music」を提供してえいます。

ソース
Amazon wants to sell a cheaper music subscription service that will only work on its Echo player (Recode)

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  3. 3

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  5. 5

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  6. 6

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  7. 7

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  8. 8

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  9. 9

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。