記事

フードバンク 行政と連携して支援

暮らしに困っている人達に、企業や個人から寄贈された食品を、無償で提供する、フードバンクの活動が広がっています。もともとは、草の根の市民活動でしたが、生活困窮者自立支援制度が始まったことによって、自治体などと連携することで、需要が高まっている、と報じられています。

農林水産省によると、2014年2月時点では、39の団体がフードバンクの活動をしていました。その後、秋田県や長野県、岡山県などでも、新設されているということです。新設された団体の多くは、自治体などと連携しています。

生活困窮者自立支援制度は、生活保護制度の不正受給を防止するなどの生活保護法の改正と合わせて、格差が開く中で、生活が困窮している人を、市民活動と連携して支援する法律を、私が厚生労働大臣をしていた時に、その土台を作り、平成27年4月から支援制度が始まっています。生活困窮者自立支援制度で、設置が義務付けられた、自治体の支援窓口に、生活に困った人が相談に訪れます。

自治体としても、相談しても何もしてくれない、という印象をなくすためにも、まず食料を渡して相談を続けることで、スムーズに支援ができるメリットがあります。中には、給食がない夏休みと冬休みの間に、困窮世帯の子どもに食品やプレゼントを届けている、山梨県南アルプス市の例もあり、今年の夏休みには、約500人の子どもが対象、ということです。貧困な家庭が16.1%、貧困家庭の子どもが16.3%と6人に1人という現状の中で、このように市民活動と行政が連携をして、困っている人たちを助けることは、とても意義のあることだと思います。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  5. 5

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  6. 6

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  7. 7

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  9. 9

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。