記事

パイオニアとレジェンド マスコミに取り上げ続けてもらうためには勝つか育てることが必要

あの女子レスリング吉田選手が負けました。卓球の愛ちゃん以上の号泣でした。本当にパイオニアとして今の女子レスリングを引っ張ってきた彼女。ただ永遠には続きません。(負けた相手の元コーチが山本聖子選手というのも因果は巡る)

日本における女子レスリングという一つのブランドを作った彼女。主将というジンクスにやられた彼女。お疲れ様でした。ただ親友の澤選手の女子サッカーと比べてみましょう。ブランクなく下の選手が育っているわけですから、本当にこの文章にあるように彼女の功績はあまりにも偉大です。


また負けたことで、日本が金メダルを独占しなかったこと、アメリカの選手が取ったことで、世界の女子レスリングが継続できるチャンスを作りました。意図したものではないでしょうがやはりレジェンドなんでしょう。

今回、パイオニアからレジェンドになっていた人が何人かがメダル獲得に失敗しました。フェンシング太田選手、女子卓球の福原選手。ただしこの2人も下が育っています。 そして新たなパイオニアが、男子卓球、男子カヌー、競歩、女子バドミントンで出てきました。また惜しくもメダルは取れなかったけれどラグビー、女子バスケなども東京に期待が持てます。

水泳は入江はダメでもメダルを継続し、柔道、シンクロナイズドスイミングはメダルを復活させました。しかし女子マラソンはダメでしたし、女子バレー、テコンドー、アーチェリーはメダルの継続に失敗しました。マイナーなスポーツはまた世界選手権などで頑張らなければいけないでしょう。

オリンピックなんていらないと言っている東京都民の方がいますが、正直見ているだけで興奮できるこのスポーツの祭典。特に国を代表して戦うこの一種の戦争。(卓球の水谷選手が例えていました)本当気持ちが高揚します。こういう経験は健康においても重要なことです。感動は何より心の健康をつくる薬です。

マスコミにも取り上げる時間の制約があります。それを考えると下を育てて勝ち続けるしかないのです。そして我々は応援し続けることが必要です。日本という国を代表して戦っている選手に。そしてそれを見せてもらうことで日本に誇りが持てるように。(ナショナリズムと言われますかね)

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  5. 5

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  6. 6

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  7. 7

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  8. 8

    清水出家に見る芸能界の"特殊性"

    渡邉裕二

  9. 9

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

  10. 10

    西内まりや月9がワーストな理由

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。