記事

「勇者」登場期待論の無力感と欠落感

 今回の司法改革の動きが本格化する以前から、いわゆる刑事畑、人権畑とされる弁護士のなかには、強固な弁護士増員論者がいました。そういう弁護士たちの話は沢山聞きましたが、彼らが増員にこだわる理由として述べていたのは、大きく二つでした。その一つは、強烈な弁護士=正義という考えによるもの。「その国の人権レベルは弁護士の数に比例している」と言った人もいましたが、とにかく弁護士数の増加は、人権擁護を進めることにつながり、市民にとって望ましいものになるのだ、と頭から強調する、むしろそれを信じて疑わないといっていいものでした。

 そして、もう一つはこの分野に携わる弁護士の絶対的な少なさへの対策になるという考え方。要は母数が増えれば、それと比例してこの分野に参入する弁護士は増えるはずとの見方で、そのため前記対策として、増やすに越したことはない、という発想につながっているものでした。

 ただ、当時、特に後者の考え方に触れる度に、その増員への根拠性、つまり、それが現実的にそのヨミ通り、刑事・人権畑の弁護士を増やす効果があるのかどうか以前に気になったのは、その思考が教える無力感のようなものでした。こういう分野の弁護士が増えることへの期待感とは、要するに「勇者」の登場への期待感なのか、と。こうした分野に携わろうとする弁護士には、あたかも全体に占める動かし難い一定割合が存在し、その割合そのものは変えられないということを前提に、母数を増やしすしか、人材を獲得することは基本的にできない、といっているようにとれたからです。

 今、この前記二つの意見を見れば、増員政策について、ともに刑事・人権分野の弁護士の獲得に目を奪われながら、母数が増えることによる弁護士全体への影響が決定的に目に入っていない感を持ちます。ただ、それに加えて、こと後者に関しては、その刑事・人権分野の弁護士の獲得そのものについて、本当の意味でのどうすれば養成できるかとか、経済環境を含め何が一定割合に押し込めているのか、といった、制度的な裏打ちや、可能性について考えていくという思考方法が、不思議なくらい欠落していることに気付かされるのです。

 そこには、漠然とした「経済的自立論」の固定観念があったのかもしれません(「『経済的自立論』の本当の意味」)。弁護士の経済的基盤が確保されることで、おカネにならない案件を扱える。その基本的な形は変わらず、なんとかなっていく。いや、むしろ自分たちはそれでなんとかやってこられた、という「成功体験」が、彼らに前記した意見を言わせたのではないか、というとまでうかがわせます。その意味では、そのころにはやはりまだ、これから起こる弁護士増員がもたらす経済的影響に対して、決定的な楽観論が彼らの中に存在していたということなのかもしれません。

 最近、こうしたことを思い出させるような記事を目にしました。「【関西の議論】「『歯を食いしばれ!』弁護士が冤罪に加担しないために…スペシャリストが説く〝いばらの道〟」(産経WEST8月18日) 。 「足利事件」「東電OL殺害事件」などの冤罪事件に関与した神山啓史弁護士が、7月18日に京都で開かれた第69期司法修習生7月集会の全体会で話したことを中心にまとめられた記事です。

 裁判員制度をにらんだ「公判前整理手続」の導入や、証拠物一覧が交付されることになった今年5月の刑訴法改正が、風穴を開けた形にはなった検察側収集証拠の開示。記事によれば、神山弁護士は、こうしたなかでの開示請求の重要性を説きつつ、膨大な証拠を吟味する労力、知能が必要になってくるという弁護士側の覚悟の必要性を指摘します。

 しかし、現実問題として検察のマンパワーに対抗して、弁護士側にそれはできるのか。同じゲストスピーカーの前田恒彦・元検事からは、現実的な疑問が提示されます。「例えば従前の弁護活動とは比べものにならない時間と労力、報酬や諸費用を誰がどう負担するのか。被告に有利な証拠の開示を受けたのに、弁護人が見逃してしまう『弁護過誤』を引き起こすのではないか――」

 神山弁護士はこれを「まったくその通り」と同意したうえで、この少ないマンパワーでどう対抗するかという問題に関して、次のように語ったと記事は書いています。

 「神山弁護士は現在も再審請求が続く『名張毒ぶどう酒事件』の弁護団に加わった際、分厚いファイル50冊分の記録を読み込んだ経験を踏まえ一言『根性しかない』と語った。会場に苦笑が漏れる中、神山弁護士は『法曹資格を持ってしまったらしようがない。労力を負担したくないなら、そもそも資格を与えるべきではない。歯を食いしばれ、としか言えない』と続けた」

 この集会に出席していないので、この記事での発言の引用が正確なのかも、あるいは神山弁護士の言いたいニュアンスを正確に反映しているのかどうかについても裏を取っていないことは、まずお断りしなければなりません。あくまでこの記事に基づくことをお許し下さい。もちろん、神山弁護士の指摘は、経験に裏打ちされた重みがありますし、そこには彼の現実的視点があるのだと思います。

 しかし、あえていえば、そこにはやはり冒頭の意見同様の「勇者」登場に期待する「無力感」を感じてしまったのです。元検事から指摘された時間と労力、報酬や諸費用を誰がどう負担するのか、といった視点。そこには一切踏み込めない。労力を負担したくない人間には資格を与えるな、資格を与えられた以上、歯をくいしばってやれ、と言うしかないのだ、と。

 神山弁護士の発言は、「改革」によっても結局、弁護士側が犠牲的に負担せざるを得ないという現実を伝えているととれば、そこから「改革」への別の評価を導き出すこともできるかもしれません。しかし、少なくともこの記事は、同弁護士の言葉をそのまま受けて、「若手弁護士よ、いばらの道を行け」という言葉で締めくくってしまっています。

 「改革」が本当に「市民のため」になるものであるべき、と言い続けるのであれば、あるべきものを成り立たせる制度が正面から模索される議論が必要ではないのでしょうか。「勇者」の登場への期待には、それに対して後ろ向きととれるだけでなく、支えるものを考えない「改革」の欠陥を是認しているととれる決定的な欠落感があります。そして、何よりも「勇者よ来たれ」という掛け声だけで、本当に能力や知力がある人材が集まるのかということに、「改革」もそしてその掛け声を言う人間も、もっと自覚的であっていいと思ってしまうのです。

あわせて読みたい

「司法制度改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カジノ解禁を嫌がるパチスロ業界

    大西宏

  2. 2

    橋下氏"豊洲は行政的には大失敗"

    橋下徹

  3. 3

    山本太郎氏のひとり牛歩に疑問

    和田政宗

  4. 4

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  5. 5

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  6. 6

    リクルートOBがギャザリーに激怒

    永江一石

  7. 7

    Softbank孫社長、日本一の富豪に

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  9. 9

    吉本だらけのM-1 昭和に回帰?

    メディアゴン

  10. 10

    "逃げ恥"とドラえもんの共通点

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。