記事

「勉強しろ!」と言っていい親・悪い親

千葉大学教育学部附属小学校教諭 松尾英明=文

賢い親は、子供に勉強しろと言う前に自分を変える

前回(現役教諭「子供に『勉強しろ!』 と言うのは危ない」http://president.jp/articles/-/19930)は、夏休みにダラダラしている我が子を見て、つい言いたくなる「勉強しろ」は是か非かということについて書きました。

私の教諭経験から言えるのは、いわゆる「頭のいい子」の親は、「勉強しろ」とは言わないこと、また、賢い親ほど熱心に塾の講師や習い事の先生・コーチ選びをしっかりやり、間接的に我が子へ学ぶことの大切さを伝えていること(自分では言わない)でした。

今回は、その続き。子供に「勉強しろ」と命じるのは是か非かを問う前に、親である自分自身を振り返ってみましょう。

もし、子供にとって「大尊敬」レベルに達しているのなら、「勉強しろ」もOKです。ただ、「友だち親子」のような上下関係の薄い親子関係も多く見られる現代において、親でそこまでの絶大な尊敬をされているパターンは稀です。「厳格なる父」の存在も危ういです。そこで、子供にとって自分がどんな親であるかのモニタリングが必要です。

【我が子の気になる点を挙げてみよう】

ここで、我が子の夏休みの過ごし方を見て、「ここが気になる・直して欲しい」という点をいくつでもいいので挙げてください。できれば、紙に書くとよりいいです。最低ひとつは書いてください。

……書けましたか?

では、今挙げた項目を読み返してみてください。その中に、親である自分自身が抱えている課題はありませんか?

例えば、
「夜更かしをしている」とあれば、自分自身はどうか。
「ゲームをしすぎる」とあれば、いかがですか。
そして「進んで勉強をしない」とあれば、果たしてどうでしょうか。

「勉強」が宿題を指す場合、親なら「仕事」「やるべきこと」に置き換えても構いません。

実はこれは、拙著『やる気スイッチ押してみよう!』でも紹介している、他者の問題に対し、他者を変えるのではなく、自分自身を変えようという手法です(この本の中では、クラスで気になる子供の問題点を挙げるということを書いています)。

さて、「我が子のここが気になる点」について自分自身はどうかと考えたときの回答の傾向は、大きくふたつに分かれると思います。この結果が実は「子供にとって自分がどんな親か」を考える上での重要ポイントになるのです。

漠然と「勉強しろ」と言っても伝わらない

【ダラダラ親なら、まず自分に「勉強のススメ」】

ひとつ目は、「自分にもたくさん当てはまっている」という親です。恐らく、反省の念が湧くとともに、くすっと笑ってしまうと思います。

「さすが我が子、自分と同じだ」と。

子供の頃から、いや、もしかしたら今も、自分自身も結構ダラダラ過ごしていたのではないでしょうか。であれば、やるべきことはシンプルで、子供に求める前にまずは自分がやることです。

もし、親自身が勉強していないなら、「勉強しろ」は無駄なので、控えた方がよさそうです。

親の背中を見て育つのだから、「そうは言ってもね」と子供に思われるのがオチです。言えば言うほど、言うことを全く聞かない我が子のダラダラぶりが自分と重なって、ますます腹が立ちます(傍から見ると、コントみたいで結構楽しいです。)

【エリート親なら我が子へ指導せずに「支援」を】

もうひとつのタイプは、自分には「子供の課題が全く当てはまっていない」という親です。「なぜ、自分と違って我が子はこんなにダラしないのか」と思うパターンです。

幼い頃から自分自身も親に厳しく躾けられていたり、「できる」「いい子」と見られていたりする人が多いのではないでしょうか。仮に、このタイプでなおかつ押しの強い親の場合、子供が「できないお子さん」であれば、それは子供たちにとっては辛い状況です。子供たちからすれば「理解不能」「何でそうなの?」と責め立てられることになり、親子間の「共感」が得られません。親とすれば「わかっているけど、どうにもできない」という子供の気持ちに寄り添う感覚が必要です。

この、いわばエリート的な親御さんの場合、我が子に必要なのは指導ではなく、支援です。指導が「指す・導く」というある程度動ける相手に対しての行為に対し、支援は「支える・たすける・ひく」という1人で動くのが難しく、多くの助けが必要な相手への行為です。介護や軍事にも使われる用語です。

我が子は、自分と違い、放っておくと勉強しない類の人なのです。認めましょう。だから、「勉強しろ」というような曖昧な指導ではなく、具体的な援助が必要です。自律できないのだから、他律が必要です。具体的に何をすべきか、次項で見ていきましょう。

「早起きして勉強を」ではなく、「朝と夜、どっち勉強しやすい?」と選ばせる

【「いつ」「どこで」だけは「選択」させる】

ダラダラ親だろうがエリート親だろうが、放っておくと我が子が勉強しないという悩みについては共通です。その共通の悩みを解消するためのポイントは、「一緒にがんばろう」という姿勢や接し方です。

具体的には、夏休み中に「勉強する習慣」をつけてやるのです。「いつでも気が向いた時にやればいい」というのは、自律のできる子供向けの言葉です。放っておけば、夏休み明けまで全くやらず、始業式前日に親子共々地獄を見ることになります。だから、賢い親は上手に「主体的になる動機付け」をしています。

子供が主体的になれるかどうかのポイントは、実は「選択」です。受動的とは、言われるがままで、選択の余地がなくやる状態です。賢い親は、子供が「自分で選択している」と自覚するような方向に持っていくのが上手いのです。

それを繰り返しているうちに、「自分からやる子供」になっていきます。言い換えれば、「勉強」を選択するような環境を整えていくわけです。

手順はそれぞれの家のやり方があるかと思いますが、基本はまず、自然な家族の会話の中に勉強の話に持ってくることです。例えば、「夏休みの宿題って、何があるの?」と聞いてみましょう。これぐらいは教えてくれるはずです。心理学でいうところの「フット・イン・ザ・ドア」の手法です。ここから積み重ねていくのです。

親の希望は、「夏休み中に宿題を進める時間を確保して欲しい」といったことでしょう。でも、その言葉をそのまま伝えてはいけません。選択肢を示すのです。それも、選択肢が10個もあったら逆に選べないので、2択でいいのです。

「朝と夜なら、どっちがやりやすい?」例えば、これでもいいです。

「朝早く起きてやりなさい」「夕飯の前にやりなさい」とは、雲泥の差があります。

ここを皮切りに「いつ」「どこで」「誰と」「どうやって」「何を」を決めていきます。極端な話「いつ」だけ確保して実行できれば、半分成功したも同然ですが、より実行率を高めるために「どこで」までは決めておきます。

「リビングと部屋、どっちが集中する?」これぐらいでも構いません。場合によっては他の場所を希望するかもしれませんが、それもありです。

「お母さんも一緒に見ようか? 必要ない?」で、「一緒にがんばる意向」も伝えます。

また「1日何分やったら宿題が終わりそう?」「60分集中と30分2回ならどっちがいい?」など、必要に応じて子供に決めさせます。

こういった問いかけを重ねて「自分で決めた勉強時間と方法」を獲得させます。「自分で」が大切です。

自発的に勉強をする子の家のリビングにあるモノとは?

【学習環境を整えるのは親の役目】

賢い親は、学習環境を整えることにも力を注ぎます。

学習の場や用具を用意するのはもちろん、子供にとって興味のありそうな本や図鑑などをさりげなく与えています。テレビの横に地図帳や図鑑、辞書などがさりげなく置いてある家もあります。何かわからないことがあったら「調べる」ということが日常化しているわけです。

親がリビングでささっと調べものをすれば「勉強しろ」と命じる必要などありません。あえて言うなら「〇〇(図鑑や辞書)で調べてみれば?」です。子供が自発的に勉強する家の親は、旅行や野外での遊び、文化的施設に子供を連れていくという共通点があります。親子での体験活動が多いのが特徴です。

また、ご褒美も使い方によっては「あり」です。

大人でも、自分自身に「〇〇のプロジェクトを終えたら海外旅行」などのご褒美をあげてモチベーションアップしている人は少なくありません。

「60分勉強したらゲーム30分」というような方法でうまくいくケースもあります。ただ最初からご褒美をぶら下げるよりも、がんばった後にさりげなくケーキ、というような方が嬉しい上に、自発的なやる気をそがないかもしれません。これは、子供の性格に応じてうまく使ってみてください。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  2. 2

    米国の「正恩斬首」作戦は不可能

    PRESIDENT Online

  3. 3

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  4. 4

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  5. 5

    鳩山氏が民進OB会から入会拒否

    文春オンライン

  6. 6

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  7. 7

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  8. 8

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

  9. 9

    メールがSNSより優れている理由

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    今村前大臣の退職金は「82万円」

    川田龍平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。