記事

リオ五輪でNZ撃破の大金星「日本ラグビー」の4年後

松瀬 学=文と写真

強豪をしのぐ成績を携えての帰国

リオデジャネイロ五輪では日本勢の“メダルラッシュ”がつづいている。メダルにはあと一歩届かなかったけれど、男子セブンズ日本代表は世界を驚かせた。昨年のラグビーワールドカップ(RWC)の日本×南アフリカ戦に次ぐ、男子セブンズの王者ニュージーランドを破るというアップセット(番狂わせ)。

帰国したセブンズ日本代表

ラグビーの母国、英国のメディアはこう、評した。

「JAPAN ARE RUGBY GODS!(日本はラグビーの神)」

男子セブンズ日本代表はその後、ワールドセブンズシリーズ優勝経験のあるケニアも、優勝候補のフランスも倒した。3位決定戦で南アフリカに屈して4位に終わったが、リオで応援した日本ラグビー協会の坂本典幸専務理事は「躍進」と表現した。

「15人制が(昨年のRWCで)世界のトビラを開いてくれたところに(リオ五輪で)一歩踏み込めた。準決勝まで進んだことを大変誇りに思います」

セブンズの歴史をみれば、この成績がどれほどの価値をもつかがわかる。世界の強豪がそろうワールドセブンズシリーズの全戦に出場できるコアチーム(15チーム)に入るかどうかのチームだった日本男子が、リオの地で同シリーズ常連の格上を次々と撃破したのだから。ニュージーランドや豪州より上の成績を残したのだから。

それも、日本協会の5年間の強化があったからだろう。五輪とは、その国の競技団体の総合力の勝負となる。それまで、15人制を主体とする日本ラグビーにあって、セブンズは選手集めにも苦労していた。だが、日本協会が強化に本腰を入れ、所属企業から選手拘束の許可を得るなどして、セブンズに特化した練習環境をつくってきた。

当然、強化資金もアップし、スポンサー資金も集まるようなってきた。男子セブンズ日本代表は年間、約160日と、合宿&海外遠征も充実させてきた。なんといっても、五輪競技となって、日本ラグビー界の人々のセブンズへの理解が深まったのである。

今後の強化のカギは「専属化」?

セブンズ強化の流れはできた。もっとも効果的な強化の場は、復帰したワールドセブンズシリーズとなる。今後の課題は、これからの継続強化をどう確保できるのか。とくに日本代表候補選手のスペシャル化、15人制ラグビーとのすみ分けだろう。

ワールドセブンズシリーズと、15人制のトップリーグが重なることもあり、もはやセブンズ選手の15人制との掛け持ちは無理である。男子セブンズ日本代表の桑水流裕策主将(コカ・コーラ)は「難しい問題だと思いますが」と前置きし、こうつづけた。

「ほんとうにセブンズでオリンピックを目指したいと思う選手は、所属チームに許可をもらって、3年なら3年、4年なら4年の契約で、プロのようなセブンズのプレーヤーとなるのが、とてもいい強化につながるのではないかと思います」

これから、セブンズ選手の環境や待遇はどう改善されるのか。強化体制や仕組み、強化戦略は。もっといえば、普及や育成をどう考え、どう拡充していくのか。

坂本専務理事は「もう新しいカタチに変えていかないといけないでしょう」と言った。

「これからは、7人制の専属選手をつくっていかないと難しいと思います。現実的には、トップリーグなどの企業の力を借りないとできないのですが、7人制を専門として2020年を目指す選手に対して、協会が支援していくということになるでしょう」

おそらく企業スポンサーの選手支援のやり方も変わってくるだろう。セブンズのチーム力を上げるためには、セブンズの指導者養成プログラム、レフリーの育成も欠かせない。いずれにしろ、日本ラグビーは「変革」の時を迎えているのである。

世界のラグビーの勢力図を大相撲に例えるならば、日本ラグビーは十両から幕内に昇格し、定着したようなものだろう。つまり横綱、大関の強豪とも対戦できる。強化次第では、賜杯争いに加わりうるのだった。

日本では、2019年に15人制のワールドカップが開かれる。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。今後の4年間を漢字2文字で表現してもらうと、坂本専務理事は熟考し、こう漏らした。

「覚悟」

日本ラグビーの強化を推進し、大会を成功させる覚悟、セブンズで言えば、東京五輪でメダルを獲得する覚悟である。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    創価学会本部のありえない行為

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    "依存症"諸悪の根源はパチンコ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  4. 4

    橋下氏「譲位反対派には驚き」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「8時間労働教」という宗教

    自由人

  6. 6

    ガガ レイプ経験でのPTSDを告白

    BBCニュース

  7. 7

    中国反発 南シナ海に英戦闘機

    NewSphere

  8. 8

    大谷のMVP 満票ではなかった理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    コメダ珈琲 "700店超え"の秘訣

    PRESIDENT Online

  10. 10

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。