記事

オリンピックの薬物裁判、ドーピング問題の真実


photo by Bloomberg via Getty Images

これは、オリンピックから追放される一歩手前の場所で繰り広げられる物語だ。

あなたがオリンピック選手村の外にあるアッパーミドルクラスのビジネスホテルの会議室にいる以外は、夜間法廷を思い描いて欲しい。そこでは一人のアスリートが不正行為で非難を受け、コーチ、連盟の代表、国際オリンピック委員会(IOC)の職員、数人の弁護士、そして3人の判事がテーブルの周りに集まり、この特定のアスリートが面目を失い、全てのメダルと記録を剥奪され、本国に送還されるべきか否かについて議論を行っている。

スポーツ仲裁裁判所(Court of Arbitration for Sport=CAS)は、選手がオリンピックから追放される一歩手前の場所である。

第31回夏季オリンピックに出場する選手たちは、これまでに無いような厳しい監視下に置かれている。2週間にわたり、リオオリンピック当局は5000人分の尿と血液サンプルを収集する。選手たちは競技場の中であろうと外であろうと、昼夜を問わずいつでも検査の対象となる。各試合の終了後、ドーピングの取締官はメダリストに同行してバスルームに向かい、万が一、人口ペニス(whizzinator)などの任意の装置や隠された薬物反応の無い血液が見つかった場合は、選手たちにズボンを引き下ろし、袖をまくり上げることを要求する。次に、採収したA検体とB検体は、再認定されたリオ市の薬物検査機関に送られる。同機関では、科学者による200~300の禁止物質の検査が行われており、生体パスポートからの偏差は世界のエリート・アスリートたちのために保管される。

しかし、ドーピングはオリンピック選手が大会から追放されることになる多くの状況の中のほんの一面に過ぎない。より注目すべき罪の一例には、装具やユニフォームの改ざん、別人へのなりすまし、年齢詐称、無気力試合(2012年のロンドンオリンピックで行われた、中国、韓国、インドネシアチームのバドミントンの試合のようなもの)なども挙げられる。

これらの違反行為には全て共通点がある。彼らはスポーツ仲裁裁判所、広く知られている名前としてはCASの管轄下に置かれるのだ。

CASはスイスのローザンヌに本部を置く仲裁裁判所で、公判は非公開で行われる。CASは日々の生活の中で、例えばFCバルセロナの移籍禁止の支持やロシアの陸上競技選手の出場停止、あるいは、以前はテストステロン値の高い女性選手は、他の女性選手との競技を望んでも出場資格を剥奪され屈辱を与えられていたが、そのルールを破棄し、スポーツ界における性差流動性を支持する一撃を加えるなど、世界のスポーツ界の”最高裁判所”としての役割を果たしている。その訴訟事件一覧表は、スポーツ界の著名人たちの人名録だ。FIFA、UEFA、IOCなど全ての国際的なスポーツ連盟は、程度の差こそあれ、彼らの最も困難で議論を引き起こす問題を解決するためにCASを頼りにしている。

しかし、2年ごとにCASは何か特別なことを行っている。それはエリートによる"アドホック(専門家による特別な)"部門ー世界中から集まった、多くは元オリンピック選手であり、それぞれの分野における専門家である12人の弁護士、教授、法学者で構成されているーを結成し、高圧的なオリンピックの世界に法と秩序をもたらすことを課すことだ。

事の起こりはこうだ。薬物検査の陽性反応が検査機関から戻ってくる。負けたチームは、彼のスパイクが長すぎたとか、彼女のウェットスーツは浮力がありすぎるといった競技者に対する苦情を申し立てる。

違反に応じてIOCまたはCAS独自の対ドーピング部門(リオオリンピックで初めて大会現場に出張所を開設した)が調査を行い、選手の疑いを晴らすか罰を与える。結果に不満を持つ人は、誰でも1回CASのアドホック部門に依頼することができる。競技開催中は、そこで言われたことが絶対だ。

オリンピックのほとんどのことがそうであるように、スピードがアドホック部門にとっての最重要点だ。

「決定が下されるまで、オリンピックは中断してあなたのことを待ってはくれません」と、マーケット大学ロー・スクールでスポーツ法の教授を務めるマシュー・ミッテンは語った。彼はソチオリンピック開催中にアドホック部門の判事を務めた。ミッテンは「全てが信じられないくらいにあっという間なのです」と続けた。

3人の陪審員は、それぞれのアドホック部門の訴訟に割り当てられる。いくつかの大国や競争相手を疑う人は、規則に抵触する可能性があるため大会に自らの弁護士を連れてくる。リオオリンピックはロンドンオリンピックと同様に、迅速な法的支援を必要としている選手を守るために地元の弁護士が無料奉仕で団結をしている。

5回のオリンピック出場経験を持ち、現在は第一巡回控訴裁判所の一員であり、ロンドンオリンピック中はアドホック部門の共同議長を務めたファン・トルエラは、公聴会は米国連邦裁判所に持ち込まれる訴訟に驚くほど似ており、オリンピックの事例の寿命だけは年ではなく時間で測定されると語った。

公聴会は夜遅くー 一般的にはその日の競技終了後ーから始まり、夜更けにまで至る。ソチオリンピックでは、ミッテンは空気力学的効果を得るためにスキーパンツを減量したとされる3人のフランス人スキー選手の事例を手掛けた。公聴会は真夜中に開始された。金、銀、銅メダル(全てフランスが獲得した)が閉会式の前に授与できるように、陪審員は明け方までこの問題に取り組んだ。

「ホテルには美味しいカフェラテとカプチーノがありました」とミッテンは回想した。そして、「わたしたちにはそれが必要でした」と続けた。

不正行為の他に、アドホック部門は多くの"選考"事例を聴取する。ーオリンピック候補から外され見捨てられた選手は、アドホック部門に自身の国の代表となり大会で競う方法を見つけて欲しいと望む。

カナダの元連邦判事でソチでも判事を務めたロバート・デカリーは、あるオーストリア人スキー選手がオリンピック代表チームに加わるべきだったかどうかの決定を求められたことを回想する。デカリーはソチでこの訴えを処理し、アスリートはオーストリアでロシアへ向かう最終便への搭乗を待っていた。彼は彼女に不利な裁定を下した。

「選手の運命を決めるときはいつも緊張が高まります」とデカリーは語った。そして続けて「ましてや、選手がオリンピックに参加する機会を拒絶する場合はなおさらです」とコメントした。

CASの公聴会は極めて個人的だ。ロサンゼルスのスポーツ弁護士で異なる5つのオリンピックでアドホック部門の判事を務めたマイディ・オリヴォーは、彼女が運命を決定する選手たちのことを考えると、心が痛むと語った。

「選手たちは競争心が強く、恐らく勝つためにできる限りのことをやっています」とオリヴォーは語る。

シドニーオリンピックの後、オリヴォーは金メダルを獲得したルーマニアの体操選手で、ドーピング検査で禁止されている興奮剤プソイドエフェドリンの陽性反応が出たアンドレーア・ラドゥカンの事例を決定するよう求められた。ラドゥカンは当時16歳であった。

「麻薬常用者というのは、あなたが思い描いているようなものではありません」とオリヴォーは語る。その後「同僚の一人が私に言いました。もし彼女のことを、200ポンドの重量挙げ選手として想像した場合には、それは役立つかもしれないと」と続けた。

陪審員は、その興奮剤がラドゥカンに競争上の優位性を与えていないことを理解していたが、彼女に不利な裁定を下し、彼女は個人総合の金メダルを剥奪された。

「ストレスの多い手続きです」とオリヴォーは語る。そして「適切な決定が、いつでも潔白を証明するわけではありません」と続けた。

アドホック部門が決定に達した時点で、選手の運命が決まる。CASはスイスを拠点とするため、その決定はスイスの連邦裁判所に上訴することができる。しかし、その手続きの展開は遅く、オリンピック競技に留まることを望む選手の助けになるには遅すぎるし、スイスの裁判所がアドホック部門の判決を覆したことはこれまでに一度もない。

不正行為で有罪となった選手たちは、メダルとオリンピックの出場資格を剥奪される。また、それらの資格は大会中の入国ビザとしての役割も果たすことから、資格を剥奪された選手は、主催国から出国しなくてはならない。

リオオリンピック開会式の10日前に、アドホック部門はぺぺビーチの向かいにあるウィンザー・オセアニコ・ホテルで公式に業務を開始した。間もなく最初の事例がジワジワとやって来るだろう(開催前の掲載記事)。権利を侵害された選手が、ドアのところに並ぶ。あるものは本国に送還され、あるものは無実を証明される。12人の陪審員は夜遅くまで事例に取り組み、そして夜明けがやってきて、会議室の扉が開く。そして良くも悪くも、何人かのオリンピック選手の人生が永遠に変えられることになるのだ。

あわせて読みたい

「リオ五輪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  2. 2

    米国の「正恩斬首」作戦は不可能

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  4. 4

    鳩山氏が民進OB会から入会拒否

    文春オンライン

  5. 5

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  6. 6

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  7. 7

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  8. 8

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

  9. 9

    メールがSNSより優れている理由

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    結婚69年 夫婦は手を繋ぎ天国へ

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。