記事

Kindle読み放題は出版社の福音となるか?

1/2
文=山崎潤一郎

Amazonが月額980円で電子書籍が読み放題になるサービスを開始した。定額サービスにより出版社の収益はUPすると筆者は予想するが……。

Kindle電子書籍の読み放題サービスが始まった

8月3日、Amazonの定額制電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が始まった。開始当初は、月額980円(税込)で和書12万タイトル以上、雑誌240タイトル以上、洋書120万タイトル以上の読み放題を実現。参加する出版社も、講談社、小学館などの大手を筆頭に、多数の版元が名を連ねている(図)。

Kindle Unlimitedに読み放題コンテンツを提供している出版社一覧(クリックすると全体を表示)

サービスの利用登録も簡単だ。クレジットカードにひも付いた既存のAmazonアカウントがあれば、サイトやアプリからKindle Unlimited会員として簡単に登録できる。最初の1カ月は無料で利用可能だ。お試し期間という位置づけなのだろう。

Kindle Unlimitedに対応した電子書籍は、従来のKindle本と同様に、Kindle端末、Fireタブレット、スマホやPCなど各OSの専用アプリで読むことができる。1契約で複数の端末から利用できる点も従来通りだ。

Amazon.co.jpのサイトの「Kindle本」の項目を開くと「Kindle Unlimited読み放題」の項目が追加されており、利用可能な電子書籍のラインナップを確認することができる。Kindle Unlimitedに対応した電子書籍は、サムネイルの上部に「kindleunlimited」のロゴが記載されており、単品販売のKindle本と区別している。

Kindle Unlimitedも従来のKindle本同様に、専用のKindle端末だけでなく、iPhoneやiPad、Android端末や、パソコンに無料アプリをインストールして読むことができる。

「月額980円で本が読み放題」という、読書家にとってはパラダイスにも思えるKindle Unlimitedだが、現状のラインナップを見る限りでは、まだまだ発展途上といった印象はぬぐえない。実際に利用してみると、新刊を見つけ出すのは難しい。出版社としても、刊行から一定期間を経たタイトルを登録し、まずは様子見……というところであろう。

Kindle Unlimitedで出版社の収益は拡大するか?

これまでも電子版コミックや雑誌の読み放題サービスは存在したが、単行本も含めた総合的な読み放題サービスを、Amazonのようなメジャーな、しかも日本の電子出版流通において大きな力を保持するプラットフォームが開始したのは大きな変化といえる。一方、これまで電子書籍で一定の収益を上げていた出版社や著者からすると、今回の読み放題が自分たちの今後にどのような影響をもたらすのか、期待と不安が入り交じった心境ではないだろうか。

音楽制作業を営み、iTunes Storeなどの音楽配信サービスに楽曲を提供して一定の収益を上げている筆者は、昨年の今頃、Apple Musicなど定額制聴き放題サービスの開始を受けて、未知なるビジネスモデルに対峙する必要に迫られ同様の心境でいた。あれから1年。定額制聴き放題が収益にもたらす傾向が見え始めたので、その経験を踏まえて、Kindle Unlimitedが出版社などの権利者の収益にあたえる影響を予測してみたい。

筆者の会社における、iTunes StoreとApple Musicの売上推移(2015年7月~2016年2月)。ダウンロード販売の実績(iTunes Store、緑)に大きな落ち込みは見られないが、ストーミング再生の売上(Apple Music、青)が確実に伸びており、増収傾向にあることが分かる。

結論から言おう。マクロな視点で見た場合、多くの電子書籍タイトルを抱える出版社は、Kindle Unlimitedへの参加により、収益が拡大する可能性がある。現時点ではこの結論に明確な根拠があるわけではないが、音楽の定額制における弊社の楽曲の再生回数の傾向を見ていると、ロングテールの尻尾の部分に埋もれ、従来のダウンロードでは見向きもされなかった楽曲が少ないながらも再生され、収益源になり始めている。

弊社の場合、合計で2000曲弱しか配信していないのだが、たったそれだけでも今年に入ってからのストリーミングの再生回数は上昇傾向にある。大手で、数十万曲、数百万曲を提供しているレーベルであれば、トータルの再生回数は、かなりの数字になっているはずだ。

このようにロングテールの尻尾からも収益が得られるようになったことに加え、もう1つ注目したい動きがある。音楽の場合、ストリーミング再生が増加した分、従来型のダウンロード販売が大きく減少したかと言えば、それはなく、横ばいでほぼ変わらなかった。つまり、定額制ストリーミングの収益が上積みされたというわけだ。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  2. 2

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  3. 3

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  4. 4

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  5. 5

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    マック赤坂氏ら泡まつ候補の訴え

    AbemaTIMES

  7. 7

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

  8. 8

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  9. 9

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 若者に媚びたら最期

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。