記事

安保法反対の若者、SEALDs今日解散

安全保障関連法は憲法違反で戦争につながる、また憲法改正への反対の運動を、新しい形でしてきた学生たちの団体「SEALDs」が、今日、解散します。

SEALDs(シールズ)は、「自由と民主主義のための学生緊急行動」の英訳の略称で、安部政権を批判する首都圏の大学生などが、昨年結成したものです。

安保関連法案の審議中は、毎週金曜日に、国会前でデモを主催し、「民主主義って何だ」と問いかけるなど、ラップ調のリズムで、自分たちが疑問に思っていることなどを訴える、新しいスタイルを生み出し、デモなどの抗議行動のイメージを変え、若い人たちを中心に、他の団体や年齢層にも共感を呼んできました。

首都圏だけでなく、関西や東北でも、同様の団体が生まれ、高校生の団体もできて、政治と特に若い人に距離感をぐっと縮めるなど、多くの功績があったと思います。

SEALDsは、自分たちが参加したいと思えるデモをめざして、デザインを工夫したチラシやプラカード、リズミカルな訴え方、SNSを駆使した発信などをして、これまでの動員型のデモを大きく変えました。

この夏の参院選でも、SEALDsの若者たちや、学者の会、ママの会、9条を守ろうとする人たちの会などが連携して、野党統一候補作りなどに尽力しました。

もともと、緊急行動としてスタートしていることもあり、参院選後に解散する考えを、メンバーが昨年から公表していて、終戦の日の今日、解散となりました。

政治参加のハードルを下げた行動を、高く評価したいと思います。

これによって、訴えたいことがあれば、また行動すればよい、と思えるようになったことは、民主主義が危うい最近の状況の中で、明るい灯だと思います。

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  5. 5

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    自民党勝利の現実を見ない知識人

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。