記事

夏休みの宿題 SMAPの5人の構成員は挨拶文を書き直しなさい

改めて、SMAPは解散してよかったと思う。5人の構成員はジャニーズ事務所に引き続き所属するという(もっとも、先のことは分からないのだが)。とはいえ、いったんSMAPからは解き放たれた。「ジャニーズ事務所を辞めたら干されるの法則」というのもあるが、所属するからには互いにメリットがあるということなのだろう。ジャニーズ事務所がピンになった彼らをどうプロデュースするのか、今から楽しみである。ソロ活動はすでに多いのだけど。

それはそうと、私は怒っている。SMAP解散については、私は賛成でむしろ喜んでいるのだが・・・。彼らの挨拶文に対してである。急に決まったこととはいえ、もっと言い方、書き方があったのではないか。これでは解散宣言ではなく、謝罪文である。SMAP解散というタイトルがなければ、何かの不祥事で謝罪しているかのようだ。タイトルを「反社会勢力との付き合いについて」「不倫報道について」などとしても、成立してしまいそうだ。どこかのメディアが登場するキーワードや、謝罪をしたかどうかなどの分析を行っていたのだが・・・。ぱっと見では、誰が誰に対して謝っているのかが分からない。

もっとも、この「誰が誰に謝っているか分からない」という文章こそ、SMAP解散の重大さ、根深さを物語っている。国民的アイドル、戦後最高のアイドルと言われる彼らに対するファンの期待は、もはや呪縛と紙一重だ。ジャニーズ事務所との関係もあることだろう。なんせ、ドル箱を失うのだから。5人は残るとはいえ、SMAPで活動していた頃と同じかそれ以上の売上を立てることができるかどうかは未知数である。

バンド臨終図巻
バンド臨終図巻 [単行本]
速水健朗河
出書房新社
2010-04-22



美しい解散など、ありえない。傑作と言われているこの本にあるように、グループの解散とはそれぞれに不幸なのだ。

とはいえ、国民的アイドル、戦後最高のアイドルなら、もっと言葉を選ぶべきではなかったか。グループの解散、アイドルの引退というのは、笑顔だけで終わるわけがない。事情も常に複雑だ。とはいえ、この解散、引退メッセージというのは、ファンに対する誠意であり、グループの力の見せ所である。

最近では、民間人ですら「退職ポエム」というものに力を入れているものだ。何度、退職、異動ポエムエントリーを読んだことか。国民的アイドル、戦後最高のアイドルがこれか。しかも、文面は、悪文の好事例そのものである。

今後、記者会見なども行われることだろう。事務所やスピーチライターが絡むかどうかは分からないが、謝罪などもういい。別に歴史に残る挨拶でなくても構わない。自分たちの言葉で謝罪以外のことを語って欲しい。私のようにSMAPが解散することで5人が少なくとも今よりは解き放たれることを喜んでいる人もいるのだから。

ここにきて、メンバー間の人間関係についての報道が相次いでいる。情報が制限されている中、変な勘ぐりはどうかと思う。ファンはますます疑心暗鬼になってしまう。「夜空ノムコウ」風に言うなら「あれから僕たちは何かを信じてこれたかなあ」という感じだ。特に香取慎吾が悪者視されていて、キャラがかぶる者として胸が傷んだ。思わず、昨日は友人たちと深酒をして、帰り道で「しんごー、しんごー」と近所の公園で叫んでしまったほどである。

疑惑を払拭するためにも、そして中年5人組の中でも相対的な若さを見せつける意味ではも、ここは香取慎吾に心のこもった言葉を期待したい。

というわけで、ファンに届く声で、もう1度、手紙を書いてほしい。SMAPの構成員への夏休みの宿題だ。

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  4. 4

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  5. 5

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  6. 6

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  7. 7

    未だプレ金失敗を認めない経産省

    キャリコネニュース

  8. 8

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  9. 9

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。