記事

Apple Musicの音楽キュレーション、ファッションデザイナーのポール・スミスがプレイリストを公開

paulsmith_applemusic

ファッションデザイナーのポール・スミスが、定額制音楽配信「Apple Music」で音楽キュレーターを務め、プレイリストを公開しています。

70歳になったイギリス人デザイナーはApple Musicで、プレイリストに加えて、ポール・スミス行きつけのレコードストア「Rough Trade」などノッティングヒルやコヴェントガーデンのオフィスで撮影されたショートムービーも公開しています。

生まれ育ったノッティンガムから世界へ飛び立っていた旅を象徴する「ともに世界中を旅したお気に入りソング」、“4つの何かを身につけると幸せになれる”という言い伝えにちなんで4パートで構成される「サムシングオールド、サムシングニュー」、クールなイメージでイマジネーションの源泉とも言えるジャズのプレイリスト「ポール・スミスとジャズ」の3つです。

Apple Musicはこれまでアレキサンダー・ワンやクレア・ワイト・ケラーをキュレーターに招いて、ファッションデザイナーのインスピレーションとなった曲や、クリエイティブなキャリアを象徴する曲で構成するプレイリストを公開してきました。

関連記事
Apple Music初のファッション・キュレーターにアレキサンザー・ワンが登場

ファッションとテクノロジーの融合と言えば、「ウェアラブル」や「3Dプリンティング」など、洋服やアクセサリーを取り巻く最新のデザイン技術に注目が行きがちです。しかし、ファッションデザイナー視点の「音楽キュレーション」は、普段見ることのできないファッションデザイナーのアイデアの根源を垣間見ることができる手軽な手法としては、これまで存在しませんでした。ファッションショーで欠かすことの出来ない音楽は、デザイナーのメッセージを伝えるために、今後はリアルなショーだけでなく、動画やSNS、さらにはVRなどのプラットフォームでも重要になっていくと考えた場合、ファッション好きな音楽ファンに届けられるApple Musicのアプローチは、定額制音楽配信のテクノロジーを通じて、「ファッション」デザイナーのアイデアが人と共有でき、クリエイティブの世界に誰もが近づいて見ることができる現代のコミュニケーションとしての第一歩かもしれません。

ソース
Paul Smith for Apple Music

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。